2004年10月28日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2004年10月28日(木) 本格版 172号 第5問

示現塾 2004年10月28日(木) 本格版 172号

第5問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM13-46

 ディレクトリにファイルのアクセス権を設定できる OS がある。このアクセス権の設定方法について,情報システム部門の担当者から次のような説明を受けた。

〔設定方法〕
(1) アクセス権には作成,読取り,更新の 3 種類がある。
(2) この 3 種類のアクセス権は,それぞれが 1 ビットを使ってアクセスの許可,不許可を設定できる。ディレクトリには,合計 3 ビットの情報として設定する。
(3) この 3 ビットを 8 進数で表現し,0 ~ 7 の数字で設定する。

この説明の後で設定の試行を行った。次の試行結果から考えて,正しい記述はどれか。

〔試行結果〕
(a) 0 を設定したら,一切のアクセスができなくなってしまった。
(b) 3 を設定したら,読取りと更新はできたが,作成ができなかった。
(c) 7 を設定したら,すべてのアクセスができるようになった。

ア 2 を設定すると,読取りと作成ができる。
イ 4 を設定すると,作成だけができる。
ウ 5 を設定すると,更新だけができる。
エ 6 を設定すると,読取りだけができる。

Posted by g@kko at 2004/10/28 02:05 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年10月28日(木) 本格版 172号 第4問

示現塾 2004年10月28日(木) 本格版 172号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SW15-69

 DBMSが,3 層スキーマアーキテクチャを採用する目的として,適切なものはどれか。

ア 関係演算によって元の表から新たな表を導出し,それが実在しているように見せる。

イ 対話的に使われる SQL 文を,アプリケーションプログラムからも使えるようにする。

ウ データの物理的な格納構造を変更しても,アプリケーションプログラムに影響が及ばないようにする。

エ プログラム言語を限定して,アプリケーションプログラムと DBMS を緊密に結合する。

Posted by g@kko at 2004/10/28 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年10月28日(木) 本格版 172号 第3問

示現塾 2004年10月28日(木) 本格版 172号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-1/技術レベル-I/出題頻度-高/出典:SD15-11

 Java の特徴に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア Java アプレットは,ダウンロードしてきたサーバ以外のマシンとも通信できる。

イ Java コンパイラがソースコードをバイトコードに変換し,Java 仮想マシンがバイトコードを実行する。

ウ Java で開発したプログラムを異なるアーキテクチャのマシンで実行するため には,再コンパイルが必要である。

エ Java で開発したプログラムを実行するためには,ブラウザが必要である。

Posted by g@kko at 2004/10/28 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年10月28日(木) 本格版 172号 第2問

示現塾 2004年10月28日(木) 本格版 172号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-1-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW16-19

 すべての命令が5サイクルで完了するように設計されたコンピュータがある。パイプライン制御の下で,20命令を実行するには何サイクル必要となるか。ここで,すべての命令は途中で停止することなく実行できるものとする。

ア 20    
イ 21    
ウ 24    
エ 25

Posted by g@kko at 2004/10/28 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: