2004年11月07日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2004年11月07日(日) 本格版 182号 第5問

示現塾 2004年11月07日(日) 本格版 182号

第5問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SD15-27

 出張先のホテルからインターネットを介して社内システムにリモートアクセスする場合に,認証を強化する方法はどれか。

ア INS の閉域接続サービスを利用する。   
イ コールバックで接続する。
ウ 発信者番号通知機能を用いて接続する。  
エ ワンタイムパスワードを利用する。

Posted by g@kko at 2004/11/07 02:05 | 個別記事表示 | コメントを見る (2) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月07日(日) 本格版 182号 第4問

示現塾 2004年11月07日(日) 本格版 182号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SM13-36

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-03-12-1.htm

 次の二つのエンティティ間には受講という多対多の関係が生じている。これを1対多,多対1の関係とするために追加すべきエンティティの属性として,適切なものはどれか。ここで,下線部は主キーを表す。

ア 学籍番号,科目番号       
イ 学籍番号,科目名
ウ 学籍番号,氏名,科目番号   
エ 氏名,科目名

Posted by g@kko at 2004/11/07 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月07日(日) 本格版 182号 第3問

示現塾 2004年11月07日(日) 本格版 182号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-I /出題頻度-中/出典:SW16-53

 ソフトウェアの要求定義や設計仕様として記述する可能性があるものを,次の三つに分類して考える。それぞれの分類をDFD に記述するかどうかについて,適切に示しているものはどれか。

〔分類〕
a ソフトウェアが正常に機能しているときの処理(正常処理)
b 例外処理や異常処理
c ある処理の後,どこの箇所へ飛び越すなどといった制御手順

   a       b        c
   -------- ----------- -----------
ア  記述する  記述しない  記述しない
イ  記述する  記述しない  記述する
ウ  記述する  記述する   記述しない
エ  記述する  記述する   記述する

Posted by g@kko at 2004/11/07 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年11月07日(日) 本格版 182号 第2問

示現塾 2004年11月07日(日) 本格版 182号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW16-18

 メモリアクセスの信頼性を高めるための方式で,自動訂正が可能なものはどれか。

ア CRC    
イ ECC    
ウ チェックサム    
エ パリティ

Posted by g@kko at 2004/11/07 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: