2004年11月10日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2004年11月10日(水) 本格版 185号 第5問

示現塾 2004年11月10日(水) 本格版 185号

第5問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-1-1/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:SS13-32

 売掛金管理システムのユーザ部門におけるアクセスコントロールに関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 売掛金の金額訂正は,入力担当者の訂正入力で済むようにする。
イ 売掛金の金額訂正や入金予定日の変更は,管理者による承認が必要となるようにする。
ウ 金額の訂正を伴わない入金予定日の変更は,入力担当者の権限で行えるようにする。
エ 訂正内容については,機密情報保護の観点から管理者でなければ照会できないようにする。

Posted by g@kko at 2004/11/10 02:05 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月10日(水) 本格版 185号 第4問

示現塾 2004年11月10日(水) 本格版 185号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SW13-73

 正規化の目的に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア 各種のデータモデルにおいて,データの重複を排除し,データベースのアクセス効率を高める。

イ 属性間の依存関係を関数従属性や多値従属性でとらえ,その従属関係を最小化することによって,物理的 I/O 回数を最小にする。

ウ 第 3 正規形まで正規化を行うことによって,だれが作業しても同じ関係表が得られ,データベース設計における属人性が排除できる。

エ データの重複を排除し,データベース操作に伴う重複更新や矛盾の発生を防ぐ。

Posted by g@kko at 2004/11/10 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月10日(水) 本格版 185号 第3問

示現塾 2004年11月10日(水) 本格版 185号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SS15-10

 オブジェクト指向における汎化の説明として,適切なものはどれか。
 
ア あるクラスを基に,これを幾つかの性質を付加することによって,新しいクラスを定義する。
イ 幾つかのクラスに共通する性質だけをもつクラスを定義する。
ウ オブジェクトのデータ構造から所有の関係を見つける。
エ 同一名称のメソッドをもつオブジェクトを抽象化してクラスを再定義する。

Posted by g@kko at 2004/11/10 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年11月10日(水) 本格版 185号 第2問

示現塾 2004年11月10日(水) 本格版 185号

 表に示す仕様の磁気ディスク装置に 1 レコードが 1,000 バイトのデータを格納する。ブロック化因数を 2,6,8 とした場合に必要となるシリンダ数に関する記述として,適切なものはどれか。ここで,レコード件数は 1 万件以上あるものとする。

ア ブロック化因数 2 のときの方が,ブロック化因数 6 のときより必要シリンダ数は少ない。
イ ブロック化因数 6 のときの方が,ブロック化因数 8 のときより必要シリンダ数は少ない。
ウ ブロック化因数 6 のときが,必要シリンダ数は最大である。
エ ブロック化因数 8 のときが,必要シリンダ数は最小である。

Posted by g@kko at 2004/11/10 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: