2004年11月13日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2004年11月13日(土) 本格版 188号 第5問

示現塾 2004年11月13日(土) 本格版 188号

第5問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:NW14-46

 暗号方式に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア AES は公開かぎ暗号方式,RSA は共通かぎ暗号方式の代表例である。
イ 共通かぎ暗号方式では,暗号化かぎと復号かぎは同じである。
ウ 公開かぎ暗号方式では,暗号化かぎを秘密にして,復号かぎを公開する。
エ ディジタル署名に利用するには,公開かぎ暗号方式よりも共通かぎ暗号方式の方がよい。

Posted by g@kko at 2004/11/13 02:05 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, データベース技術 ]

示現塾 2004年11月13日(土) 本格版 188号 第4問

示現塾 2004年11月13日(土) 本格版 188号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW13-72

 次の関係"注文"の属性に(1)~(7)の関数従属性があるとき,主キー属性の組として正しいものはどれか。ここで,(A,B)という記述は,A と B の属性の組を表す。また,A → C という記述は,C が A に関数従属していることを示す。

関係"注文"
 (注文番号,注文日,顧客番号,顧客名,商品番号,商品名,数量,金額)

関数従属性
 (1) 注文番号 → 注文日       (2) 注文番号 → 顧客番号
 (3) 注文番号 → 顧客名      (4) 顧客番号 → 顧客名
 (5) (注文番号,商品番号) → 数量 (6) (注文番号,商品番号) → 金額
 (7) 商品番号 → 商品名

ア (注文番号)
イ (注文番号,顧客番号)
ウ (注文番号,顧客番号,商品番号)
エ (注文番号,商品番号)

Posted by g@kko at 2004/11/13 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (1) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月13日(土) 本格版 188号 第3問

示現塾 2004年11月13日(土) 本格版 188号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-I/出題頻度-低/出典:SW14-50

 モジュールの独立性を高めるには,モジュール結合度を弱くする必要がある。モジュール間の情報の受渡しに関する記述のうち,モジュール結合度が最も弱いものはどれか。

ア 共通域に定義したデータを,関係するモジュールが参照する。
イ 制御パラメタを引数として渡し,モジュールの実行順序を制御する。
ウ データ項目だけをモジュール間の引数として渡す。
エ 必要なデータだけを外部宣言して共有する。

Posted by g@kko at 2004/11/13 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年11月13日(土) 本格版 188号 第2問

示現塾 2004年11月13日(土) 本格版 188号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-1-4/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SM13-01

 RAID には RAID1 ~5 の複数のタイプがある。これらのタイプは何に基づいて区別されるか。

ア コンピュータ本体とのインタフェースの違い
イ 装置の記憶容量
ウ データと冗長ビットの記録方法と記録位置の組合せ
エ 保証する信頼性のMTBFの値

Posted by g@kko at 2004/11/13 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: