2004年11月15日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2004年11月15日(月) 本格版 190号 第5問

示現塾 2004年11月15日(月) 本格版 190号

第5問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-1-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SW14-76

 公開かぎ暗号方式に関する記述として,適切なものはどれか。

ア DES や FEAL がある。
イ RSA や楕円曲線暗号がある。
ウ 暗号化かぎと復号かぎが同一である。
エ 共通かぎの配送が必要である。

Posted by g@kko at 2004/11/15 02:05 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月15日(月) 本格版 190号 第4問

示現塾 2004年11月15日(月) 本格版 190号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM16-37

 データベースに格納するに当たり,帳票データを正規化する。正規化に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 異音同義語の統一など個々のデータ項目の整備は,正規化の後に行う。
イ 検索のキーとなっていないデータ項目を,正規化の過程でキーにすることはない。
ウ 帳票の出力順を規定するデータ項目は,正規化において必ずエンティティのキーとなる。
エ データ項目に繰返し部分がある場合,その部分の分離を行う。

Posted by g@kko at 2004/11/15 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月15日(月) 本格版 190号 第3問

示現塾 2004年11月15日(月) 本格版 190号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:CM15-27

 コードにチェックディジットを付加する目的はどれか。

ア コードの入力誤りや読取り誤りを検出する。
イ コードの入力時間を短縮する。
ウ 入力されたコードの重複を検出する。
エ 入力されたコードの文字種を検査する。

Posted by g@kko at 2004/11/15 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年11月15日(月) 本格版 190号 第2問

示現塾 2004年11月15日(月) 本格版 190号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-1-4/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM14-01

 サーバ上にあるイメージデータをクライアントからの要求で読み出して送り出すシステムがある。イメージデータを読み出すスピードに対する要求の優先度が高く,データの損失や誤りに対する要求の優先度が低いとき,ディスクシステムの構成として,適切なものはどれか。

ア RAID0 (パリティなしのストライプセット)
イ RAID1 (ディスクのミラー化)
ウ RAID2 (ECCを用いたストライプセット)
エ 単一のディスク

Posted by g@kko at 2004/11/15 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: