2004年11月21日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2004年11月21日(日) 本格版 196号 第5問

示現塾 2004年11月21日(日) 本格版 196号

第5問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-1-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SM14-41

 暗号技術には,共通かぎ暗号方式と公開かぎ暗号方式があり,近年この両者の特徴を組み合わせたセッションかぎ方式が活用されている。セッションかぎ方式に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 共通かぎと公開かぎで,二重に暗号化するので,改ざんが難しい。
イ 共通かぎを公開かぎで暗号化するので,高速な処理には向かない。
ウ 公開かぎ暗号方式を使って,データ暗号化のための共通かぎを暗号化して通信相手に送付する。
エ 公開かぎと共通かぎの両方が必要となり,その数は片方のかぎ数の2乗倍必要となる。

Posted by g@kko at 2004/11/21 02:05 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月21日(日) 本格版 196号 第4問

示現塾 2004年11月21日(日) 本格版 196号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM14-37

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-21-4.htm

 "社員"表と"部門"表に対し,次の SQL 文を実行したときの結果はどれか。

SELECT COUNT(*) FROM 社員,部門
    WHERE 社員.所属 = 部門.部門名 AND 部門.フロア = 2

ア 1     
イ 2     
ウ 3     
エ 4

Posted by g@kko at 2004/11/21 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月21日(日) 本格版 196号 第3問

示現塾 2004年11月21日(日) 本格版 196号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-6/技術レベル-I/出題頻度-高/出典:SW15-51

 ブラックボックステストに関する記述として,適切なものはどれか。

ア テストデータの作成基準として,テストケースの網羅率(カバレージ)を使用する。
イ 被テストプログラムに冗長なコードがあっても検出できない。
ウ プログラムの内部構造に着目し,必要な部分が実行されたかどうかを検証する。
エ 分岐命令やモジュールの数が増えるに従って,テストデータが大きく増える。

Posted by g@kko at 2004/11/21 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, コンピュータシステム ]

H15AM01: 示現塾 2004年11月21日(日) 本格版 196号 第2問

示現塾 2004年11月21日(日) 本格版 196号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-1-5/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW15-22(DB15-01)

 汎用コンピュータのチャネル制御方式を用いた補助記憶装置とのデータ転送において,確認信号を待たずに次々とデータを送ることによって,高速化を図るものはどれか。

ア シリアル方式            
イ ストリーミング方式
ウ パラレル方式            
エ ハンドシェーク方式

Posted by g@kko at 2004/11/21 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: