2004年11月26日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, セキュリティと標準化 ]

示現塾 2004年11月26日(金) 本格版 201号 第5問

示現塾 2004年11月26日(金) 本格版 201号

第5問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:AU15-13

 コンピュータセキュリティ対策に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア 一時記憶領域に残っている機密データは,ジョブ終了時に確実に消去する。

イ 金利計算処理などで,端数を特定口座に振り込む,いわゆるサラミ技術に対しては,データにチェックディジットを付加する。

ウ 端末から入力された数値データの改ざんに対しては,仮想記憶領域のページ又はセグメント単位に割り付けられた記憶保護キーによって,保護のレベルを変える。

エ ユーティリティプログラムを使用したデータ改ざんに対しては,そのユーティリティプログラムのバックアップをとっておき,元のプログラムと比較する。

Posted by g@kko at 2004/11/26 02:05 | 個別記事表示 | コメントを見る (1) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM33: 示現塾 2004年11月26日(金) 本格版 201号 第4問

示現塾 2004年11月26日(金) 本格版 201号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-2/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:DB15-33

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-26-4.htm

 "注文"表と"商品"表の二つに対して,四つのビューを定義した。このうち更新可能なビューはどれか。

ア CREATE VIEW 顧客V (顧客番号,顧客名)
        AS SELECT DISTINCT 顧客番号,顧客名 FROM 注文

イ CREATE VIEW 商品V (商品番号,商品名)
        AS SELECT 商品番号,商品名 FROM 商品

ウ CREATE VIEW 注文V (注文番号,注文日,顧客番号,合計金額)
        AS SELECT 注文番号,注文日,顧客番号,SUM(金額) FROM 注文
              GROUP BY 注文番号,注文日,顧客番号

エ CREATE VIEW 注文明細V (注文番号,商品番号,数量,単価,金額)
        AS SELECT 注文番号,注文.商品番号,数量,単価,金額
              FROM 注文,商品 WHERE 注文.商品番号 = 商品.商品番号

Posted by g@kko at 2004/11/26 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月26日(金) 本格版 201号 第3問

示現塾 2004年11月26日(金) 本格版 201号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-7/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:CM13-31

 図やチャートの使い方に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 記憶装置の容量と速さの関係を示すために,フローチャートを用いる。
イ 緊急時の電話連絡の順序を示すために,ガントチャートを用いる。
ウ システム開発プロジェクトの進捗悪化の原因を把握するために,特性要因図を用いる。
エ 文房具購入の一連の手続を示すために,連関図を用いる。

Posted by g@kko at 2004/11/26 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年11月26日(金) 本格版 201号 第2問

示現塾 2004年11月26日(金) 本格版 201号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-1-5/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:AU13-01

 SCSI に関する記述として,適切なものはどれか。

ア 端末とモデムとの接続用に開発されたインタフェースであり,JIS X 5101で規格化されている。

イ ハードディスク用インタフェースとして開発したものを,そのほかの入出力機器まで使用できるように拡張した規格である。

ウ バス幅が32又は64ビットで,プロセッサと独立した自動コンフイギュレーション機能をもち,パソコン用の高速I/O バスの主流になっている。

エ ボードコンピュータやワークステーションに多く使用されている。IEEE1014で規格化され,32ビットの標準バスとなっている。

Posted by g@kko at 2004/11/26 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: