2004年11月27日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化, 誤答管理 ]

示現塾 2004年11月27日(土) 本格版 202号 第5問

示現塾 2004年11月27日(土) 本格版 202号

第5問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-78

 セキュリティ対策の"予防"機能に関する記述として,適切なものはどれか。

ア アクセスログをチェックし,不正なアクセスがないかどうかを監視する。
イ コンティンジェンシープランを策定し,訓練を実施する。
ウ 重要ファイルのバックアップ処理を定期的に行う。
エ セキュリティに関する社内教育を実施し,個人の意識を高める。

Posted by g@kko at 2004/11/27 02:05 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月27日(土) 本格版 202号 第4問

示現塾 2004年11月27日(土) 本格版 202号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-71

 埋込み SQL において,問合せによって得られた導出表を 1 行ずつ親プログラムに引き渡す操作がある。この操作と関係の深い字句はどれか。

ア CURSOR
イ ORDER BY
ウ UNION
エ UNIQUE

Posted by g@kko at 2004/11/27 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月27日(土) 本格版 202号 第3問

示現塾 2004年11月27日(土) 本格版 202号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-7/技術レベル-I/出題頻度-高/出典:NW15-17

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-27-3.htm

 ソフトウェアの開発規模と開発工数の関係をグラフで表現したとき,最も適切なものはどれか。

Posted by g@kko at 2004/11/27 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年11月27日(土) 本格版 202号 第2問

示現塾 2004年11月27日(土) 本格版 202号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-1-5/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SD15-01

USB2.0 に関する記述として,適切なものはどれか。


ア 音声や映像などの転送に適したブロードキャスト転送方式を採用している。

イ 赤外線を使ってデータを送ることができる通信規格で,最大速度が4Mビット/秒である。

ウ データ転送速度は,ハイスピードモード,フルスピードモード及びロースピードモードの3種類がある。

エ モデムなどの周辺機器とパソコン間の接続に用い,最大速度が115.2kビット/秒のインタフェース規格である。

Posted by g@kko at 2004/11/27 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: