2004年11月30日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2004年11月30日(火) 本格版 205号 第3問

示現塾 2004年11月30日(火) 本格版 205号

第5問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SS15-30

 運用中のプログラムを改変し,特定の条件のときに実行される不正な命令を隠しておく手口に対して有効な対策はどれか。


ア 一時記憶領域にあるプログラムは,ジョブの終了時に確実に消去する。

イ 実行用プログラムのバックアップコピーのハッシュ値と実際に使用しているプログラムのハッシュ値を定期的に突き合わせて,一致していることを確認する。

ウ 全レコードの総合計欄の値が,各レコードのフィールド値を合計した値と一致していることを確認する。

エ データの各フィールドにチェックディジットを付加する。

Posted by g@kko at 2004/11/30 02:05 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, データベース技術 ]

H13AM41: 示現塾 2004年11月30日(火) 本格版 205号 第4問

示現塾 2004年11月30日(火) 本格版 205号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB13-41

 ストアドプロシージャに関する記述として,適切なものはどれか。

ア SQL 文の実行順序を制御する文を含めることはできない。
イ SQL 文をクライアントにダウンロードして実行する。
ウ 最適化された共通アクセス方法をアプリケーションに提供できる。
エ 複数のSQL文を含んでいてはならない。

Posted by g@kko at 2004/11/30 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月30日(火) 本格版 205号 第3問

示現塾 2004年11月30日(火) 本格版 205号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-7/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SW13-58

 システム開発においては,全体の期間を幾つかの開発工程に分割し,それぞれの始めと終わりを明確にすることが有効であり,その中である意思決定をする時点をマイルストーンという。マイルストーンとして,最も適切なものはどれか。

ア 基本設計書の草案の作成が終了する時点
イ モジュールのコーディングが 50% 終了する時点
ウ モジュールの仕様書が承認される時点
エ 要求項目のインタビューが終了する時点

Posted by g@kko at 2004/11/30 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年11月30日(火) 本格版 205号 第2問

示現塾 2004年11月30日(火) 本格版 205号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-1-6/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-23

 スーパコンピュータに関する記述として,適切なものはどれか。


ア 処理装置内の演算器で一度に扱えるビット数を非常に大きくして,文字列処理の性能向上を図っている。

イ 大容量のハードディスク装置と仮想記憶技術を用いることによって,非常に大きなメモリ空間を実現し,性能向上を図っている。

ウ 特定の応用分野に特化したハードウェア回路を個別に用意し,目的に応じて組み合わせることによって,性能向上を図っている。

エ ベクトル命令を備えたプロセッサを数個~十数個,又はマイクロプロセッサを数百~数千個結合することによって,性能向上を図っている。

Posted by g@kko at 2004/11/30 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: