2004年12月08日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2004年12月08日(水) 本格版 213号 第5問

示現塾 2004年12月08日(水)本格版 213号

第5問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-1-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:AU15-17

 情報システムにかかわるコンティンジェンシープランの立案に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア 緊急事態の発生に備えて,予防策策定手順と発生時行動手順を立案する。

イ 耐震設備と,無停電電源装置を備えたコンピュータセンタに関しては,センタ内でのコンピュータの障害対策を中心に立案する。

ウ 発生頻度と発生時の損失額を想定し,費用対効果を考慮に入れて立案する。

エ 部門ごとに構築された分散システムにおいては,不測の事態の影響範囲を部門内に限定して立案する。

Posted by g@kko at 2004/12/08 02:05 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月08日(水) 本格版 213号 第4問

示現塾 2004年12月08日(水)本格版 213号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-73

 トランザクション処理におけるソフトウェア障害に備えて,データベースの回復処理に必要な情報を確保する方法として,適切なものはどれか。

ア 更新前の内容を,チェックポイントを設けてジャーナルファイルに記録する。
イ 設定したチェックポイントで,更新後の内容を直接ダンプファイルに記録する。
ウ 設定したチェックポイントで,データベース全体のダンプファイルを取得する。
エ データベース更新時に,更新前の内容をジャーナルファイルに記録する。

Posted by g@kko at 2004/12/08 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, システムの開発と運用 ]

H13AM15: 示現塾 2004年12月08日(水) 本格版 213号 第3問

示現塾 2004年12月08日(水)本格版 213号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-1/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:DB13-15

 データ型に関する記述のうち,抽象データ型の記述として適切なものはどれか。


ア 同じ構造をもつデータを1列に並べたものとして定義し,可変長データとして扱うことができる。

イ データ型の定義の中にそのデータ型に関する操作を記述し,データへのアクセスはそこに記述された操作だけを用いて行う。

ウ 同一の型のデータを指定された個数だけ並べたものとして定義し,各データへのアクセスはインデックスを用いて行う。

エ 名前のついた変数の組で表され,構造をもった対象を扱うときに用いられる。

Posted by g@kko at 2004/12/08 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月08日(水) 本格版 213号 第2問

示現塾 2004年12月08日(水)本格版 213号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:CM14-04

 三つのジョブA ~C を,次のスケジューリング方式に基づいて同時に開始する。このとき,ジョブB が終了するまでの経過時間は,およそ何分か。

〔ジョブ〕
 単独で実行したときの処理時間は,ジョブA は5分,ジョブB は10分,ジョブC は15分である。処理時間の内訳はすべてCPU 時間である。

〔スケジューリング方式〕
(1)待ち行列に並んだ順に実行する。
(2)一定時間(これをタイムクウォンタムと呼ぶ)内に処理が終了しなければ,処理を中断させて,待ち行列の最後尾へ回す。
(3)タイムクウォンタムは,ジョブの処理時間に比べて十分に小さい値とし,ジョブの切替え時間は無視できる。

ア 15    
イ 20    
ウ 25    
エ 30

Posted by g@kko at 2004/12/08 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: