2004年12月12日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17受験記 ]

12/12現在の進捗

【去年の復習】
 新版 データベース技術(アイテック)@会社昼休み用
  1回目 第9章「DBMSの選定と導入」まで完了

 H16春の反省
  午前を着手(進捗:4/11 敗戦記掲載)

【問題集】
 データベース予想問題集(アイテック)@自宅学習用
  1回目 午前 第2部 「データベースシステムの開発と管理」まで完了

 合格精選400題 データベース試験問題集@会社昼休み用
  前回の書き込みを消しゴムで消す
  新版 データベース技術が完了したら着手予定。

Posted by g@kko at 2004/12/12 23:22 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/試験について ]

テクニカルエンジニア(データベース)とは?

 情報処理技術者試験は,昭和44(1969)年に通商産業省(現 経済産業省)が実施する国家試験として創設されました。

【関係法令】
情報処理の促進に関する法律

 情報処理技術者試験の詳細は ⇒ (JITEC / Wikipedia

その1試験区分である,テクニカルエンジニア(データベース)試験(英語表記:Database Systems Engineer Examination)は,平成6年の試験制度改定により新区分「データベーススペシャリスト」ができ,平成13年に名称が変更され,「テクニカルエンジニア(データベース)」となりました。この試験はJITECの出題範囲によると

対象者像
 情報システム基盤(業務システム共有のシステム資源)の構築・運用において中心的役割を果たすとともに,個別の情報システム開発プロジェクトにおいて,固有技術の専門家として開発・導入を支援する者。具体的には,データベースを固有技術とする。

役割と業務
 情報資源及びデータベースを計画・設計・構築・運用・管理する業務に従事し,次の役割を果たす。
 ①データ管理者として,情報システム全体のデータ資源を管理する。
 ②データベース管理者として,基幹データベースの構築と維持を行う。
 ③個別システム開発の各工程(計画・分析・設計・運用・保守)において,データベース関連の技術支援を行う。

と,なっています。

標準カリキュラム

Posted by g@kko at 2004/12/12 17:51 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/試験について ]

出題数の変更,出題範囲の一部見直し

平成16年 11月30日掲載
情報処理推進機構:情報処理技術者試験センター:新着情報:出題数の変更、出題範囲の一部見直し、ソフトウェア開発技術者の年2回実施について

午前試験における情報セキュリティ分野の出題比率を高めることにしました。

ということで,午前5問追加の55問,時間が10分延長です。

Posted by g@kko at 2004/12/12 17:50 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/試験について ]

午後の出題範囲

1 データベースシステムの設計・構築に関すること
 データベースシステムの要求分析,概念データモデルの設計,コード設計,物理データベースの設計・作成,データ操作の設計,分散データベースの設計,性能見積りなど

2 データベースシステムの運用・保守に関すること
 データベースの運用・保守・管理,運用管理体制(データベース管理者・データ管理者),チューニング,再編成,再構成,バックアップ,リカバリ,データ移行,セキュリティ管理など

3 データベース技術に関すること
 リポジトリ,データ中心アプローチ,関係モデル,関係代数,正規化,データベース管理,システム,SQL など

Posted by g@kko at 2004/12/12 16:55 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/試験について ]

午前の出題範囲

コンピュータシステム(技術レベルⅡ)

1 ハードウェア
 1-1 情報素子に関すること
  半導体素子,集積回路の種類・特徴など

 1-2 プロセッサアーキテクチャに関すること
  命令とアドレッシング,プロセッサの性能・構造・方式・特徴など
 1-3 メモリアーキテクチャに関すること
  メモリキャッシュ,メモリの容量,メモリの構成・特徴など
 1-4 補助記憶に関すること
  記憶媒体,補助記憶装置の種類・特徴など
 1-5 入出力アーキテクチャと装置に関すること
  入出力インタフェース,周辺装置・通信装置(ルータ,モデム,DSU ほか)
  の種類・特徴など
 1-6 コンピュータの種類と特徴に関すること
  コンピュータ(パソコン,ワークステーションほか)の構成・種類・特徴など
 1-7 エンベデッドシステムに関すること
  構成部品と実装,論理設計,論理回路,制御理論,信号理論など

2 基本ソフトウェア
 2-1 オペレーティングシステムに関すること
  仮想記憶,多重プログラミング,記憶管理,OS の機能・種類・特徴,
  エンベデッドOS,エンベデッドシステム設計,デバイスドライバ
など
 2-2 ファイル管理に関すること
  ファイル編成,アクセス手法,排他制御,リカバリ処理,検索手法など

3 システムの構成と方式
 3-1 システムの構成技術に関すること
  クライアントサーバシステム,システムの構成方式・処理形態
  (デュプレックス構成,デュアル構成,グリッドコンピューティング,
  ユビキタスコンピューティング,SAN,NAS ほか)
など
 3-2 システムの性能に関すること
  システムの性能計算・性能設計・性能指標・性能評価,待ち行列理論,
  キャパシティ管理(コスト,資源管理,性能管理ほか)
など
 3-3 システムの信頼性・経済性に関すること
  システムの信頼性計算・信頼性設計・信頼性指標・信頼性評価・経済性,
  稼働率,故障率,バスタブ曲線
など

4 システム応用
 4-1 ネットワーク応用に関すること
  Web,インターネット,イントラネット,エクストラネット,通信サービス
  モバイル通信,衛星通信システム,プロトコル(TCP/IP,UDP,
  IPv6ほか),LAN の構成・種類・特徴
など
 4-2 データベース応用に関すること
  データウェアハウス,データマイニング,データマート,SQL の利用など
 4-3 データ資源管理に関すること
  IRDS,メタデータ,リポジトリなど
 4-4 マルチメディアシステムに関すること
  AI,パターン処理,AR/VR/CG,エージェント,メディア応用など

システムの開発と運用(技術レベルⅡ)
1 システムの開発
 1-1 プログラム言語に関すること
  プログラム構造,データ型,言語処理系,構文解析,プログラム言語
  (C,COBOL,Java,SQL,HTML ほか)の種類・特徴など
 1-2 ソフトウェアパッケージに関すること
  表計算ソフト,グループウェア,ミドルウェアなど
 1-3 開発環境に関すること
  開発ツール,EUC・EUD など
 1-4 開発手法に関すること
  プロセスモデル,ソフトウェア開発手法など
 1-5 要求分析・設計手法に関すること
  DFD,E-R 図,UML,オブジェクト指向設計,プロセス中心設計,
  データ中心設計,モジュール設計,入出力設計,
  ヒューマンインタフェース設計など
 1-6 プログラミング,テスト,レビューに関すること
  プログラミング手法,テスト手法,レビュー手法,テスト設計・管理手法など
 1-7 開発管理に関すること
  プロジェクト計画,見積手法,品質管理,工程管理,日程管理,
  コスト管理(アーンドバリューほか)
,構成管理,要員計画・管理,
  ドキュメント管理,開発メンバの役割と構成,プレゼンテーション技法,
  コミュニケーション技法
,システムの可監査性など
 1-8 外部環境の活用に関すること
  アウトソーシング,システムインテグレーションなど

2 システムの運用と保守
 2-1 システムの運用に関すること
  システムの障害管理,移行,オペレーション,運用ツール,資源管理,
  コスト管理,ユーザ管理,設備・施設など
 2-2 システムの保守に関すること
  保守の形態,保守契約,ソフトウェア保守など

データベース(重点分野:技術レベルⅢ)
1 データベース技術
 1-1 データベースのモデルに関すること
  データベースモデル,分析,正規化,操作など
 1-2 データベースの言語に関すること
  SQL など
 1-3 データベースの制御に関すること
  データベースの排他制御・リカバリ,トランザクション管理,
  分散データベース,DBMS の機能・特徴など

セキュリティと標準化(技術レベルⅡ)
1 セキュリティ
 1-1 セキュリティに関すること
  暗号化,認証,アクセス管理,セキュリティ管理,安全対策,
  コンピュータウイルス,プライバシ保護,セキュリティポリシ,
  個人情報保護,ネットワークセキュリティ,セキュリティ関連法規
など
 1-2 リスク管理に関すること
  リスクの分析・対策・種類,内部統制など
 1-3 ガイドラインに関すること
  情報システム安全対策基準,ソフトウェア管理ガイドライン,
  コンピュータウイルス対策基準,コンピュータ不正アクセス対策基準,
  情報セキュリティ監査制度
など

2 標準化
 2-1 開発と取引の標準化に関すること
  ISO 9000,SLCP-JCF98 など
 2-2 情報システム基盤の標準化に関すること
  OSI,IEEE,EDIFACT,OMG,CORBA,RFC,ISMS,
  ISO/IEC 15408
など
 2-3 データの標準化に関すること
  各種コード(文字コード,バーコード,2 次元コードほか)
  データフォーマット,データの圧縮など
 2-4 標準化組織に関すること
  内外の標準化組織など


赤文字が今回の変更(補足)範囲。

Posted by g@kko at 2004/12/12 16:50 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17受験記 ]

出題数の変更、出題範囲の一部見直し

平成16年 11月30日掲載
情報処理推進機構:情報処理技術者試験センター:新着情報:出題数の変更、出題範囲の一部見直し、ソフトウェア開発技術者の年2回実施について

午前試験における情報セキュリティ分野の出題比率を高めることにしました。

ということで,午前5問追加の55問,時間が10分延長です。

セキュリティについては,技術レベルⅡなんで
セキュアドを持ってる拙は,特に対策はしないツモリです。

Posted by g@kko at 2004/12/12 11:26 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2004年12月12日(日) 本格版 217号 第5問

示現塾 2004年12月12日(日)本格版 217号

第5問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:AU15-18

 個人情報の保護制度の現状に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア OECD 理事会勧告の8原則は,プライバシー保護と個人データの国際流通についてのガイドラインであり,民主主義の原則やリスク評価の原則がある。

イ “行政機関の保有する電子計算機処理に係る個人情報の保護に関する法律”の適用範囲は,国の行政機関に限られているので,民間部門が独自に収集した情報には適用されない。

ウ 信用情報機関における個人情報の保護については,総務省が信販業界に,警察庁が貸金業界に通達を出し,個人信用情報利用のあり方を行政指導している。

エ 地方自治体が制定している個人情報の保護条例は,民間企業の保有する電子計算機処理にかかわる個人情報保護を目的に,その行政区域内の民間部門の活動を規制する。

Posted by g@kko at 2004/12/12 02:05 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM20: 示現塾 2004年12月12日(日) 本格版 217号 第4問

示現塾 2004年12月12日(日)本格版 217号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB16-20

 データベースのバックアップ処理には,フルバックアップ方式と差分バックアップ方式がある。差分バックアップ方式に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア 差分バックアップ方式での復旧は,フルバックアップで修復した後に,差分を加えて行う。

イ 差分バックアップ方式では,障害時の回復にも差分だけ処理すればよいので,フルバックアップ方式に比べて復旧時間が短い。

ウ 差分バックアップ方式は,フルバックアップ方式と交互に運用することはできない。

エ 差分バックアップ方式は,フルバックアップ方式に比べ,バックアップの処理時間が長い。

Posted by g@kko at 2004/12/12 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年12月12日(日) 本格版 217号 第3問

示現塾 2004年12月12日(日)本格版 217号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW13-44

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-12-3.htm

 図はコンパイラにおける処理の流れを表している。a ~ d に入る用語の組合せとして,適切なものはどれか。

Posted by g@kko at 2004/12/12 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月12日(日) 本格版 217号 第2問

示現塾 2004年12月12日(日)本格版 217号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW13-26

 リアルタイムOS のプリエンプションの記述として,適切なものはどれか。


ア 一定時間ごとに実行中のタスクを中断して,別の実行可能なタスクを実行する。

イ 実行中のタスクが終了又は待ち状態になった場合,別の実行可能なタスクを実行する。

ウ 実行中のタスクよりも優先順位の高いタスクが実行可能状態になった場合,実行中のタスクを中断してその優先順位の高いタスクを実行する。

エ 優先順位の高いタスクが優先順位の低いタスクの終了を待っている場合,優先順位の低いタスクの優先順位を一時的に高くして実行する。

Posted by g@kko at 2004/12/12 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: