2004年12月22日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/雑談 ]

恒例行事

なぜか,忘年会が多い。。。
部で1回,
課で1回,
プロジェクトで1回,
仕事納めで1回

途中,オーソライズ祝いで1回。。。

当然のことながら
その日の夜は勉強できず

翌日の業務にも支障が・・・・ (飲み過ぎなだけ とも言う)

今日は嫁の会社は忘年会。
勉強が捗る予定だったんだが・・・

昨日の酔っ払って帰ってきてコタツで寝ていてたらしく・・・ (記憶がない)
体調不良。鼻水が止まらず集中力なし。 何やってんだか・・・おいら。

Posted by g@kko at 2004/12/22 22:29 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17受験記 ]

道具を選ぶ。

実戦(試験)においては,道具を選ぶべきだ。

試験は長い。

筆圧の弱い自分にとって,午前のマークシートすら苦痛だ。
よって私は,シャープペンシルの芯は「B」を選択している。

試験案内の持ち物の準備では
・鉛筆 又は シャープペンシル(HB、黒色)
と,なっているが今までの経験上,全く問題ない。

 また,午後の試験は限られた時間の中,多くの文字を書く必要があるため,長時間,必死で文字を書いても疲れない道具が必要となる。

私は秋の試験からPentelのERGoNoMiXをチョイスした。

選んだ理由たいしたことはない。文房具屋でイチバンしっくりきたからだ。

消しゴムは大きいヤツと小さヤツを準備。
全体を消したいときは「大」で,局所的に消したいときは「小」を使う。
また,2つあるため落としても安心。

もちろん,シャープペンシルも2本で冗長化し,バックアップとして鉛筆と鉛筆削りも用意する。

これで安心だ。

Posted by g@kko at 2004/12/22 16:52 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, セキュリティと標準化 ]

示現塾 2004年12月22日(水) 本格版 227号 第4問

示現塾 2004年12月22日(水) 本格版 227号

第4問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-2-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:CM15-36

 SLCP-JCF98(Software Life Cycle Processes Japan Common Frame 98)策定の目的はどれか。


ア 取得者と供給者の二者間取引におけるシステムの使用開始から終了までの使用条件を定めること

イ 取得者と供給者の二者間取引に共通の物差しを用いて取引を明確化すること

ウ 取得者と供給者の二者間取引の契約条件をパターン化すること

エ 取得者と供給者の二者間取引のトラブルを回避するためのガイドラインを定めること

Posted by g@kko at 2004/12/22 16:24 | 個別記事表示 | コメントを見る (1) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月22日(水) 本格版 227号 第3問

示現塾 2004年12月22日(水) 本格版 227号

第3問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM13-23

 元のデータベース(オリジナルDB)と同じ内容のデータベース(コピーDB)をあらかじめ用意しておき,オリジナルDBが更新されると,独立のプロセスが,指定された一定時間後にその内容をコピーDBに反映させる手法はどれか。

ア 2相コミットメント       
イ イメージコピー
ウ ミラーリング         
エ レプリケーション

Posted by g@kko at 2004/12/22 16:21 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年12月22日(水) 本格版 227号 第2問

示現塾 2004年12月22日(水) 本格版 227号

第2問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-4/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW16-51

 システム開発を基本計画,外部設計,内部設計,プログラム設計の順で進めようとしている。外部設計で決定すべき項目はどれか。

ア 運用テスト計画        
イ 画面遷移 
ウ 機能分割・構造化       
エ 結合テスト計画

Posted by g@kko at 2004/12/22 16:19 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム, 誤答管理 ]

示現塾 2004年12月22日(水) 本格版 227号 第1問

示現塾 2004年12月22日(水) 本格版 227号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:SW13-28

 システム障害の原因となるメモリリークに関する記述として,適切なものはどれか。


ア 高速化のためにメモリ上に常駐化させていたプログラムの一部が,勝手にぺージアウトされてしまう。

イ 自プロセスが獲得したメモリの領域外に書き込んでしまい,ほかのプロセスの領域を破壊してしまう。

ウ 多数のプロセスが開始・終了を繰り返すうちに,数多くの未使用領域が断片的に発生し,メモリの使用効率が低下する。

エ プロセスの獲得したメモリが,不要になった後も解放されず,システムで使用できるメモリが徐々に減少する。

Posted by g@kko at 2004/12/22 16:15 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: