2004年12月25日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17受験記 ]

電卓

平成14年度秋期試験から電卓使用禁止に。

平素も自力で計算しない生活。
電卓たたくか,Windowsの電卓で。。
ちょっと複雑な計算はExcelで。。。

H14春以前の問題を電卓ナシでやってると,すっかり計算力が落ちていることに気付く。

四則演算なのに(愕然

無線工学なんてとんでもない。
今,工担基礎とか受けたら受かりそうも無いかも。

午前の試験では,ケタの違う計算結果が3つあったりする。
位さえ間違えなければ。なんてことはザラかもしれない。

計算は合っていても,補助単位を見落としていたりってことも。

Posted by g@kko at 2004/12/25 14:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15, セキュリティと標準化 ]

H16AM49: 示現塾 2004年12月25日(土) 本格版 230号 第4問

示現塾 2004年12月25日(土) 本格版 230号

第4問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-2-2/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:DB16-49

 分散システム環境で,異なったオブジェクト間でも,メッセージの交換を可能にした共通仕様はどれか。

ア CORBA    
イ EDIFACT    
ウ JPEG    
エ SET

Posted by g@kko at 2004/12/25 08:16 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月25日(土) 本格版 230号 第3問

示現塾 2004年12月25日(土) 本格版 230号

第3問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SD15-04

 関係データベースを利用しているシステムの性能を改善したい。問題点とその解決策に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア SQL 文を実行したところ,インデックスを利用できないアクセスパスによる全件検索が発生したので,データベースの再編成を行った。

イ アクセスの集中によって I/O 待ち時間が増加したので,データベースを複数のディスクに分割した。

ウ ある特定の行だけにアクセスが集中していることが分かったので,インデックスの再設定を行った。

エ 長期間の運用で,更新,追加によってオーバフロー領域に配置されるデータが多くなってきたので,インデックスを追加した。

Posted by g@kko at 2004/12/25 08:12 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年12月25日(土) 本格版 230号 第2問

示現塾 2004年12月25日(土) 本格版 230号

第2問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-4/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:NW15-13

 ソフトウェアの再利用技術に関する記述のうち,リバースエンジニアリングの説明として適切なものはどれか。


ア 既存のプログラムから,そのプログラムの仕様を導き出す技術である。

イ 既存のプログラムから導き出された仕様を修正して,新規プログラムを開発する技術である。

ウ 既存のプログラムを部品化し,それらの部品を組み立てて,新規プログラムを開発する技術である。

エ クラスライブラリにある既存のクラスを再利用しながら,新規プログラムを開発する技術である。

Posted by g@kko at 2004/12/25 08:08 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月25日(土) 本格版 230号 第1問

示現塾 2004年12月25日(土) 本格版 230号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SM14-04

 可変長メモリ管理方式において,メモリの獲得と解放を繰り返すうちに小さな空き領域が数多く発生する現象はどれか。

ア ガーベジコレクション
イ スラッシング
ウ セグメンテーション
エ フラグメンテーション

Posted by g@kko at 2004/12/25 08:05 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: