2004年12月26日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17受験記 ]

12/26 現在の進捗

【去年の復習】
 新版 データベース技術(アイテック)@会社昼休み用
  1回目 完了(誤答箇所の見直し 完了)

 H16春の反省
  午前を着手(進捗:6/11 敗戦記掲載 先週から変わらず)

【問題集】
 データベース予想問題集(アイテック)@自宅学習用
  1回目 午後Ⅰ(問4-5) 完了

 合格精選400題 データベース試験問題集@会社昼休み用
  着手見送り

 H14~16の午前の過去問を会社で行う予定。


 結局,「徹底解説データベース本試験問題(ITEC)」を買ってしまった。。。H16の午後問題の解説が欲しかったのと,H14の午後Ⅰの問1,4が予想問題集に載っていなかったことかな。
予想問題集と半分程度,重複しているんだから負けてくれてもいいのにィ。>ITEC

予想問題集の午後Ⅰ 問4-1~5はボロボロでした。
特に問4-4(H11午後Ⅰ問4)は悲惨だった。

苦手なジャンルが明確になりました。
ここまで出来ないとは・・・(前回の試験で“選択しない問題”として整理していたんで ^^;)

Posted by g@kko at 2004/12/26 23:59 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/筆者のこと ]

略歴など

生 年:1975年(昭和50年) 兎年
星 座:山羊座
血液型:A型
生息地:福岡県

工業高校の情報系の課を卒業。
就職し通信系の職種に就く。

通信系の仕事を7年。
通信系部門の情報システム要員として3年。現在に至る。


もともと情報系で趣味でマシン語(Z80)なんてやってて
情報系の専門学校で趣味の世界に没頭かなと。。。思ってたら
なぜか,畑違いの通信系に就職。dB(デシベル)って何?って状態。

苦労の末(?),通信系の国家資格をいろいろGet。
そんな時に,システム系要員としてコンバート。

現在,部門システムの全面リプレースプロジェクトの真っ最中。

Posted by g@kko at 2004/12/26 21:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2004年12月26日(日) 本格版 231号 第4問

示現塾 2004年12月26日(日) 本格版 231号

第4問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-2-2/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:AU14-21

 分散オブジェクト環境に関連する CORBA の説明として,適切なものはどれか。


ア Web ベースの環境で,実行時にサーバからダウンロードし,クライアント上の仮想マシンで動作するので,特定の機種に依存しない。

イ オブジェクト指向プログラム言語で,ネットワーク上のクライアントの仮想マシンで動作するので,特定の機種に依存しない。

ウ ネットワーク上に分散配置されたさまざまなコンピュータアプリケーションを互いに連携させ処理を行わせる標準仕様である。

エ 分散コンポーネントオブジェクトモデルであり,これをサポートしている分散環境では,OS 間でオブジェクトの相互利用が可能である。

Posted by g@kko at 2004/12/26 11:28 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM21: 示現塾 2004年12月26日(日) 本格版 231号 第3問

示現塾 2004年12月26日(日) 本格版 231号

第3問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-21

 概念データモデルの説明として,最も適切なものはどれか。

ア 階層モデル,ネットワークモデル,関係モデルがある。
イ 業務プロセスを抽象化して表現したものである。
ウ 集中型DBMSを導入するか,分散型DBMSを導入するかによって内容が変わる。
エ 対象世界の情報要件を表現したものである。

Posted by g@kko at 2004/12/26 11:24 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年12月26日(日) 本格版 231号 第2問

示現塾 2004年12月26日(日) 本格版 231号

第2問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-4/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:SW15-23

 コンカレント開発に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア コデザインでは,ハードウェア,ソフトウェア両方の設計完了後に,相互のインタフェース設計を行う。

イ コベリフィケーションでは,ハードウェアは実機が必要であるが,ソフトウェアは開発途中であってもよい。

ウ コベリフィケーションを行うには,ハードウェアとソフトウェアの両方が完成している必要がある。

エ ハードウェアとソフトウェアの機能分担やインタフェースを開発の早期に確認するために,コデザインを行う。

Posted by g@kko at 2004/12/26 11:20 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, コンピュータシステム ]

H15AM03: 示現塾 2004年12月26日(日) 本格版 231号 第1問

示現塾 2004年12月26日(日) 本格版 231号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB15-03

 仮想記憶方式に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア LRU アルゴリズムは,使用後の経過時間が最長のページを置換対象とするページ置換アルゴリズムである。

イ アドレス変換をインデックス方式で行う場合は,主記憶に存在する全ページ分のページテーブルが必要になる。

ウ ページフォールトが発生した場合は,ガーベジコレクションが必要である。

エ ページングが繰り返されるうちに多数の小さな空きメモリ領域が発生することを,フラグメンテーションという。

Posted by g@kko at 2004/12/26 11:09 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: