2004年12月29日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2004年12月29日(水) 本格版 234号 第5問

示現塾 2004年12月29日(水) 本格版 234号

第5問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-2-3/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:SD13-31

 従来の標準バーコードでは実現できなかった,小さなスペースに多くのデータを入れることを可能にしたコードはどれか。

ア 2 次元コード    
イ CODE128     
ウ ITF      
エ JAN

Posted by g@kko at 2004/12/29 13:13 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術, 誤答管理 ]

H16AM27: 示現塾 2004年12月29日(水) 本格版 234号 第4問

示現塾 2004年12月29日(水) 本格版 234号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB16-27

 関係データベース上に実装するエンティティの主キーが複合キーであり,複合キーを構成している属性数が多すぎるので,少なくして扱いやすくしたい。この場合の対応として,適切なものはどれか。


ア 複合キーを構成している属性のうち,エンティティの性格を最もよく表している属性を主キーとし,残りの属性は非キー属性に替え,外部キーとして指定する。

イ 複合キーを構成している属性のうち,エンティティの性格を最もよく表している属性を主キーとし,残りの属性は非キー属性に替え,代替キーとして指定する。

ウ 複合キーを連番などの意味のない代用キーに置き替え,複合キーを構成している属性はすべて非キー属性に替え,外部キーとして指定する。

エ 複合キーを連番などの意味のない代用キーに置き替え,複合キーを構成している属性はすべて非キー属性に替え,代替キーとして指定する。

Posted by g@kko at 2004/12/29 13:10 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年12月29日(水) 本格版 234号 第2問

示現塾 2004年12月29日(水) 本格版 234号

第2問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SD15-14

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-29-2.htm

アプリケーション開発の成果物であるジョブ,プログラム,画面,帳票,コピー句を管理するためのリポジトリ構造を次のように定義した。このリポジトリ構造を表現したE-R図の(3)に入るものはどれか。

(A) ジョブは複数のプログラムから構成される。
(B) 一つの画面には一つのプログラムが対応する。
(C) 一つの帳票を出力するのに,複数のプログラムを必要とする場合がある。
(D) 一つのプログラムが,複数の帳票出力で使用される場合がある。
(E) 一つのジョブで,複数の帳票を出力する場合がある。
(F) コピー句はプログラムの入出力定義であり,複数のプログラムで共用される。
(G) 一つのプログラムで複数のコピー句を使用する場合がある。

ア 画面      
イ コピー句      
ウ ジョブ      
エ 帳票

Posted by g@kko at 2004/12/29 13:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月29日(水) 本格版 234号 第1問

示現塾 2004年12月29日(水) 本格版 234号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SW14-24

 ぺージング方式の仮想記憶システムにおいて,ぺージ置換えの発生頻度が高くなりシステムの処理能力が急激に低下することがある。このような現象を何と呼ぶか。

ア スラッシング           
イ スワップアウト
ウ フラグメンテーション       
エ ページアウト

Posted by g@kko at 2004/12/29 12:58 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: