2004年12月30日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17受験記 ]

H16午前問題

起き抜けにコタツでごろごろしながらH16の午前問題をやった。
途中で邪魔が入った割にはまぁまぁでは?

誤答は
問12 IPv4とIPv6の共存環境
問17 Javaコンパイラによる翻訳
問29 E-R図とカーディナリティ ・・・ ポカミス
問36 DBMSにおけるWALプロトコルベースの処理手順 ・・・ ポカミス
問38 TPモニタ配下におけるデータベースへのアクセス
問48 JIS Q 15001に関する記述 ・・・ ポカミス

っつーか,試験の時より悪いのは何故?

Posted by g@kko at 2004/12/30 16:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2004年12月30日(木) 本格版 235号 第5問

示現塾 2004年12月30日(木) 本格版 235号

第5問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-2-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-80

 Unicode の説明として,適切なものはどれか。

ア ANSI(米国標準規格協会)で定めた,7ビットの文字コード体系である。

イ JIS(日本エ業規格)で定めた文字コード体系であり,英数字とカタカナを扱う8ビットのコードと,全角文字を扱う16ビットのコードがある。

ウ 拡張 UNIX コードとも呼ばれ,全角文字と半角カタカナ文字を2バイト又は3バイトで表現する。

エ 多国籍文字を扱うために,日本語や中国語などの形の似た文字を同一コードに割り当てて2バイトの文字コードで表現する。

Posted by g@kko at 2004/12/30 09:53 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM44: 示現塾 2004年12月30日(木) 本格版 235号 第4問

示現塾 2004年12月30日(木) 本格版 235号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-44

 DBMSの整合性制約のうち,データの追加,更新及び削除を行うとき,関連するデータ間で不一致が発生しないようにする制約はどれか。

ア 形式制約   
イ 更新制約   
ウ 参照制約   
エ 存在制約

Posted by g@kko at 2004/12/30 09:51 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年12月30日(木) 本格版 235号 第2問

第2問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SS14-09

 オブジェクト指向でシステムを開発する場合,カプセル化の効果として適切なものはどれか。

ア オブジェクトの内部データ構造やメソッドの実装を変更しても,その影響をほかのオブジェクトに及ぼしにくい。

イ 親クラスの属性を子クラスが利用できるので,親クラスの属性を子クラスの属性の定義に利用できる。

ウ 既存の型に加えてユーザ定義型を追加できるので,問題領域に合わせてプログラムの仕様を拡張できる。

エ 同一メッセージを送っても,受け手のオブジェクトによって,それぞれが異なる動作をするので,メッセージを受け取るオブジェクトの種類が増えても,メッセージを送るオブジェクトには影響がない。

Posted by g@kko at 2004/12/30 09:49 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月30日(木) 本格版 235号 第1問

示現塾 2004年12月30日(木) 本格版 235号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:NW14-03

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-30-1.htm

 仮想記憶システムにおいて,ページ置換えアルゴリズムとして FIFO を採用して,仮想ページ参照列 1,4,2,4,1,3 を 3 ページ枠の実記憶に割り当てて処理を行った。仮想ページ参照列をすべて参照した直後の実記憶の状態を示す図はどれか。ここで,図は仮想ページ参照列中の最初の 1,4,2 を実記憶に割り当てた時点の仮想ページ割当ての各ステップを表している。

Posted by g@kko at 2004/12/30 09:44 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: