2005年01月17日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17受験記 ]

試験申込完了♪

情報処理技術者 テクニカルエンジニア(データベース)試験 申込完了♪

キアイを入れなおさないとネ。

と,言いながら。。。今日は会社の呑み会。。。

Posted by g@kko at 2005/01/17 10:14 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2005年01月17日(月) 本格版 253号 第5問

春の情報処理技術者試験日まで、あと90日

示現塾 2005年01月17日(月) 本格版 253号

第5問 セキュリティと標準化(AU向け)
分野-6-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:SS15-25

 シングルサインオンに関する記述のうち,適切なものはどれか。
 

ア クッキーを使ったシングルサインオンでは,サーバごとの認証情報を含んだクッキーをクライアントで生成し,サーバ上で保存・管理する。

イ クッキーを使ったシングルサインオンでは,認証対象の各サーバをそれぞれ異なるインターネットドメインにする必要がある。

ウ リバースプロキシを使ったシングルサインオンでは,認証対象の各Webサーバをそれぞれ異なるインターネットドメインにする必要がある。

エ リバースプロキシを使ったシングルサインオンでは,ユーザ認証においてパスワードの代わりにディジタル証明書を用いることができる。

Posted by g@kko at 2005/01/17 07:18 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, H15午前, データベース技術 ]

H15AM25: 示現塾 2005年01月17日(月) 本格版 253号 第4問

示現塾 2005年01月17日(月) 本格版 253号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-25

 関数従属に関する記述のうち,適切なものはどれか。ここで,A, B, Cはある関係の属性の集合とする。

ア BがAに関数従属し,CがAに関数従属すれば,CはBに関数従属する。
イ BがAの部分集合であり,CがAに関数従属すれば,CはBに関数従属する。
ウ BがAの部分集合であれば,AはBに関数従属する。
エ BとCの和集合がAに関数従属すれば,BとCはそれぞれがAに関数従属する。

Posted by g@kko at 2005/01/17 07:14 | 個別記事表示 | コメントを見る (1) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, システムの開発と運用 ]

H14AM18: 示現塾 2005年01月17日(月) 本格版 253号 第2問

春の情報処理技術者試験日まで、あと90日

示現塾 2005年01月17日(月) 本格版 253号

第2問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-6/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:DB14-18

 内部設計書のデザインレビューを実施する目的として,適切なものはどれか。

ア 外部設計書との一貫性の検証と要求定義の確認
イ 設計記述規約の遵守性の評価と設計記述に関する標準化の見直し
ウ テストデータ仕様の確定とテストケースの網羅性の評価
エ 要求定義の内容に関する妥当性の評価と外部設計指針の見直し

Posted by g@kko at 2005/01/17 07:07 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年01月17日(月) 本格版 253号 第1問

春の情報処理技術者試験日まで、あと90日

示現塾 2005年01月17日(月) 本格版 253号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SW15-31

 3 層クライアントサーバアーキテクチャを導入する場合,その効果が最も期待できるシステムはどれか。

ア アプリケーションのサービスやクラス数が少ないシステム
イ アプリケーションの修正や追加が頻繁なシステム
ウ すべてのアプリケーションが単一の言語で作成されているシステム
エ トランザクション数が比較的少ないシステム

Posted by g@kko at 2005/01/17 06:51 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: