2005年01月31日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16 ]

H16午後I 問3

H16午後I 問3

696 :はぁはぁ :05/01/31 23:48:15
設3-1
社員の人事異動および役職変更があった場合。
設3-2
社員(*社員コード,社員氏名)
社員人事履歴(*社員コード,*開始年月日,組織コード,役職コード,終了年月日)

公式では、他の問題は合ってた。この二つが微妙な線なので
判定おながいします。



ツッコミを。

設問3(1)
 人事異動及び役職変更があってどうなるのか具体性に欠ける。
 要求される文字数に合わせた装飾が必要

設問3(2)
 社員人事履歴が冗長。
 通常人事系の暦は個別(テーブル別)に設定する。

Posted by g@kko at 2005/01/31 23:54 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15 ]

H15午後I 問3

H15午後I 問3(ITEC 2005予想問題集 午後I 問3-1)

678 :はぁはぁ :05/01/31 18:40:28
H15pm1-1-1

注文
(*店舗番号,*注文番号,卓番号,人数)

注文受付
(*店舗番号,*注文番号,*受付年月日時分秒,注文区分,受付従業員番号,ハンディ端末番号)

注文受付明細
(*店舗番号,*注文番号,*受付年月日時分秒,*料理番号,数量)

普通に分解していったら上記のようなテーブル構造になった。
いろんなとこの解答例を見て回ったんだけど、どこも違った。
ご意見を・・・



「H15pm1-1-1」となってるがH15午後Ⅰ問3設問1(2)の話

元のテーブル
注文
 (店舗番号,注文番号,受付年月日時分秒,注文区分,卓番号,人数,受付従業員番号,ハンディ端末番号,料理番号,数量)

問題文から
 {店舗番号,卓番号}→(卓単位)
 {店舗番号,注文番号}→(注文)×n回
 1回の注文(新規/追加)で料理番号の重複はない
 同一時刻に同一客からの複数注文はない

まず,注文伝票のボディ部を分離する。
 注文明細
  (店舗番号注文番号受付年月日時分秒料理番号,数量)

注文に残るのは
 (店舗番号注文番号受付年月日時分秒,注文区分,卓番号,人数,受付従業員番号,ハンディ端末番号)

・追加注文時に卓番号,人数を送信している点と
・客に渡すレシートには「新規注文時の人数と卓番号」を印刷している点を
考慮すると,このままの形が解答となる。

ちなみに常識の範疇としては
 ・同一グループで遅れてくる客がいる:人数は注文毎にカウント
 ・なんらかの都合で隣の卓に客が移る(移す)可能性がある:注文毎に卓番号の記録
といったことが考えられる。

Posted by g@kko at 2005/01/31 19:49 | 個別記事表示 | コメントを見る (6) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2005年01月31日(月) 本格版 267号 第5問

示現塾 2005年01月31日(月) 本格版 267号

第5問 セキュリティと標準化(AU向け)
分野-6-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:SS15-31

 ISO 17799では,情報セキュリティは三つの事項を維持するものとして特徴付けられている。それらのうち二つは機密性と完全性である。残りの一つはどれか。
 
ア 安全性    
イ 可用性    
ウ 効率性    
エ 信頼性

Posted by g@kko at 2005/01/31 07:17 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM43: 示現塾 2005年01月31日(月) 本格版 267号 第4問

示現塾 2005年01月31日(月) 本格版 267号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-2/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB16-43

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-31-4.htm

 関係データベースの“注文”表と“注文明細”表が,次のように定義されている。“注文”表の行を削除すると,対応する“注文明細”表の行が,自動的に削除されるようにしたい。この場合,SQL文に指定する語句として,適切なものはどれか。ここで,表定義中の実線の下線は主キーを,破線の下線は外部キーを表す。

ア CASCADE     
イ INTERSECT     
ウ RESTRICT     
エ SET NULL

Posted by g@kko at 2005/01/31 07:07 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用, 誤答管理 ]

示現塾 2005年01月31日(月) 本格版 267号 第2問

示現塾 2005年01月31日(月) 本格版 267号

第2問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-7/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW13-57

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-31-2.htm

 ファンクションポイント法の長所,短所を示すものはどれか。

Posted by g@kko at 2005/01/31 06:55 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年01月31日(月) 本格版 267号 第1問

示現塾 2005年01月31日(月) 本格版 267号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SS15-19

 伝送速度が128kビット/秒の回線を用いて,128×10^3バイトのデータを転送するために必要な時間はおよそ何秒か。ここで,1件の電文の長さは128バイトであり,100バイトのデータを含む。電文の送信間隔(電文の末尾から次の電文の始まりまで)は,平均1ミリ秒とする。

注:10^3とは、10の3乗の意味である。

ア 2.6      
イ 8      
ウ 10      
エ 12

Posted by g@kko at 2005/01/31 06:42 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: