2005年02月01日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14 ]

H14午後I 問4

H14午後I 問4

708 :はぁはぁ :05/02/01 18:23:20
H14-1 1-2
物品
(*物品番号,物品名,購入部署コード,購入者コード,購入年月日)
物品構成
(*物品番号,*子番号,物品構成品名,単位,購入単価,現在使用部署コード,現在代表使用者コード,現在設置場所コード)
物品使用履歴
(*物品番号,*子番号,*変更年月日,使用部署コード,代表使用者コード,設置場所コード)

では駄目ですか?


709 :はぁはぁ :05/02/01 18:25:26
また問題番号を間違えた _| ̄|..............................〇
14年pm1の問4設1-2



H14午後Ⅰ問4設問1(2)

 ITEC解答例では使用履歴は横持ちのままだが,履歴を分割するのも解答例のひとつと考える。(示現塾解答例では分割している)
 
 この問題の場合,分割する際に「現在使用部署コード,現在代表使用者コード,現在設置場所コード」も履歴に含めるべきと考える。
 また,この問題に限った事ではないが,列名の書き忘れには十分留意すること。
(708は,「変更理由」が漏れている)

Posted by g@kko at 2005/02/01 19:17 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2005年02月01日(火) 本格版 268号 第5問

示現塾 2005年02月01日(火) 本格版 268号

第5問 セキュリティと標準化(AU向け)
分野-6-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:SS14-31

 個人情報保護に関するコンプライアンスプログラムの説明のうち,適切なものはどれか。


ア 個人情報保護に取り組むに当たって,経営活動に対して適用される体系的なマネジメントシステム

イ 個人情報保護のために,暗号化や個人認証などを行うアクセス制御プログラム

ウ 個人情報を処理するサービスが停止したときに,そのサービスを代替手段で継続し,停止したシステムを復旧するための計画

エ 独立した立場の第三者が,個人情報に関係する情報システムを総合的に点検及び評価し,組織体の長に助言・勧告するとともにフォローアップする一連の活動

Posted by g@kko at 2005/02/01 07:28 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM45: 示現塾 2005年02月01日(火) 本格版 268号 第4問

示現塾 2005年02月01日(火) 本格版 268号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-21/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB16-45

 DBMSの表において,指定した列にNULL値の入力は許すが,既に入力されている値の入力は禁止するSQLの制約はどれか。

ア CHECK             
イ PRIMARY KEY
ウ REFERENCES          
エ UNIQUE

Posted by g@kko at 2005/02/01 07:26 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2005年02月01日(火) 本格版 268号 第2問

示現塾 2005年02月01日(火) 本格版 268号

第2問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-7/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:CM13-26

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-02-01-2.htm

 ある業務システムをサブシステムごとにファンクションポイント(FP)法で見積もった結果を表1に示す。また,開発言語ごとの1FP当たりの開発所要工数を表2に示す。 このシステムをCOBOLで開発する場合,C言語で開発する場合に比べて何時間短縮できるか。

ア 9        
イ 1,250       
ウ 1,500       
エ 2,750

Posted by g@kko at 2005/02/01 07:23 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年02月01日(火) 本格版 268号 第1問

示現塾 2005年02月01日(火) 本格版 268号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM15-09

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-02-01-1.htm

 10Mビット/秒の転送速度をもつLANを用いて,サーバからクライアントの磁気ディスク装置ヘデータを転送するシステムがある。表は,同時に転送するクライアント数を変化させたときのサーバの送信速度とクライアントの受信速度の測定結果である。この結果から,サーバの送信速度は,クライアント数が2以上になると300kバイト/秒より増加しなくなる現象が読み取れる。この原因として,最も可能性が高いものはどれか。ここで,いずれの測定においても,サーバ及び各クライアントのCPU能力とメモリ容量には十分な余裕があった。

ア LAN自体のデータ転送能力不足
イ クライアントのLAN接続インタフェース機構の能力不足
ウ クライアントの磁気ディスク装置の能力不足
エ サーバのLAN接続インタフェース機構の能力不足

Posted by g@kko at 2005/02/01 07:16 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17受験記 ]

H14午前問題2回目

誤答:2/50(4%)

今まで間違ったことの無かった問題を2問間違う。。。
何故だ。。。

こたつが暖か過ぎて眠気と戦っていました・・・これか!!原因は。

Posted by g@kko at 2005/02/01 01:00 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: