2005年02月16日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/ちょいメモ ]

午後I 基礎理論対策(BCNF)

午後I データベースの基礎理論対策
ボイスコッド正規形編

関係
 R(X,Y,A,B,C)
 候補キー:X,Y (それぞれ候補キー)

設問
 関係Rはボイスコッド正規形である。その理由を述べよ。

設問の主旨
 X→(Y,A,B,C)または,Y→(X,A,B,C)を適切に説明すること。

設問の解答例
 候補キーXに候補キーY及び非キー属性{A,B,C}が完全関数従属し,推移関数従属もないため。
 (XとYは逆でも可)



マウスカーソルをのせると文字が出ます。

Posted by g@kko at 2005/02/16 12:47 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, H14午前, データベース技術 ]

H14AM33: 示現塾 2005年02月16日(水) 本格版 283号 第4問

示現塾 2005年02月16日(水) 本格版 283号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-低/出典:DB14-33

 DBMS において,デッドロックを検出するために使われるデータ構造はどれか。

ア 資源割当て表
イ 時刻印順管理表
ウ トランザクションの優先順管理表
エ 待ちグラフ

Posted by g@kko at 2005/02/16 07:34 | 個別記事表示 | コメントを見る (4) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2005年02月16日(水) 本格版 283号 第2問

示現塾 2005年02月16日(水) 本格版 283号

第2問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SD15-22

 業務システムに小規模な変更を行った後,システムを本稼働に移行するときの対応のうち,最も適切なものはどれか。


ア 運用方法に変更がなければ,開発部門のテスト終了後,運用部門の責任者の判断で本稼働に移行する。

イ 開発部門と運用部門の合同テスト終了後,開発部門の責任者の判断で本稼働に移行する。

ウ 開発部門のテスト終了後,さらに運用部門による受入れテストを実施してから,本稼働に移行する。

エ 開発部門のテスト終了後,すぐに運用部門が旧プログラムを新プログラムへ置き換えて,本稼働に移行する。

Posted by g@kko at 2005/02/16 07:32 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年02月16日(水) 本格版 283号 第1問

示現塾 2005年02月16日(水) 本格版 283号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SW14-37

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-02-16-1.htm

 図に示す二つの装置からなる並列システムの稼働率は幾らか。ここで,どちらか一つの装置が稼働していればシステムとして稼働しているとみなし,装置 A,B とも,MTBF(平均故障間隔)は 576 時間,MTTR(平均修復時間)は 24 時間とする。

ア 0.9216      
イ 0.96      
ウ 0.9872      
エ 0.9984

Posted by g@kko at 2005/02/16 07:29 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: