2005年02月23日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, データベース技術 ]

H13AM42: 示現塾 2005年02月23日(水) 本格版 290号 第4問

示現塾 2005年02月23日(水) 本格版 290号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB13-42

 オンライントランザクションの原子性(atomicity)の説明として,適切なものはどれか。


ア データの物理的格納場所やアプリケーションプログラムの存在場所を意識することなくトランザクション処理が行える。

イ トランザクションが完了したときの状態は、処理済みか未処理のどちらかしかない。

ウ トランザクション処理においてデータベースの一貫性が保てる。

エ 複数のトランザクションを同時処理した場合でも,個々のトランザクション処理の結果は正しい。

Posted by g@kko at 2005/02/23 07:28 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2005年02月23日(水) 本格版 290号 第2問

示現塾 2005年02月23日(水) 本格版 290号

第2問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-2-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SD13-22

 サーバに格納されているデータのバックアップに関する記述のうち,最も適切なものはどれか。


ア 掲示板情報や売上データなど,ある期間を過ぎて利用価値が下がったものは,現在のディスクから消去したとき,バックアップしておいた分も消去する。

イ システムの運用開始日にすべてのバックアップを行い,それ以降は,作業時間を短縮するために差分バックアップだけで十分である。

ウ 重要なデータについては,媒体を取り違えないよう常に同一の媒体に上書きでバックアップを行い,保管場所を固定する。

エ 複数のファイルに分散して格納されているデータのバックアップは,データ更新のタイミングなどデータ間の関係を考えて,スケジューリングをする。

Posted by g@kko at 2005/02/23 07:25 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年02月23日(水) 本格版 290号 第1問

示現塾 2005年02月23日(水) 本格版 290号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:NW14-08

 システムの信頼性評価指標に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 二つのシステムの稼働率が等しければ,それらの MTBF も等しい。
イ 二つのシステムの稼働率が等しければ,それらの MTTR も等しい。
ウ 二つのシステムの故障率が等しければ,それらの MTBF も等しい。
エ 二つのシステムの故障率が等しければ,それらの MTTR も等しい。

Posted by g@kko at 2005/02/23 07:22 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: