2005年03月05日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17受験記 ]

アイテック模試午後I 完了

アイテック模試午後I @自宅受験終了しました♪

公開模擬テスト@公開会場受験がまだ実施されていませんので,問題の詳細は書きません。
制限時間90分,時間いっぱい使いました。
壁掛け時計のない部屋で,ケイタイのアラームで時間計測したので時間配分をミスりました(汗;

問題の選択は予定通り。

一通り解いて(保留含め)12分残。あの設問に拘りすぎた(反省)
見直しで時間いっぱいまで。

これは模擬試験というより模倣試験だ。。。っつーか,ネタは限られているということか。

所用のため,午後IIは明日実施っす。

Posted by g@kko at 2005/03/05 15:06 | 個別記事表示 | コメントを見る (2) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17受験記 ]

アイテック模試午前完了

アイテック模試午前@自宅受験終了しました♪

公開模擬テスト@公開会場受験がまだ実施されていませんので,問題の詳細は書きません。
制限時間100分,55問。(出題数の変更を反映してあります)

一通り解いて45分残。をぉっ1問/1分で解いてますな。
見直しをしながら,マークシートにマークして35分残。

ところで,オリジナル問題って引用し難い。。。
公式試験問題は公開されているし,多くの法人・個人が引用しているんだけど,出版社オリジナルは著作権が。。。
 参照:「高度情報処理技術者試験の論文集 寄稿時の御願い
要約っすか。。。DBではやりにくいっすね。

Posted by g@kko at 2005/03/05 12:00 | 個別記事表示 | コメントを見る (6) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM41: 示現塾 2005年03月05日(土) 本格版 300号 第3問

示現塾 2005年03月05日(土) 本格版 300号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB16-41

 DBMSの記憶管理に関する記述のうち,最も適切なものはどれか。

ア 関係データベースの参照制約を実現する処理の高速化に連結リストを用いることが多い。

イ 関係データベースの一つの表は,ぺージと呼ばれるデータベースの格納単位に収まるよう管理される。

ウ クラスタリングとは,磁気ディスク装置へのアクセス効率向上を目的としたデータ格納手法である。

エ バッファ管理では,通常FIFO(First In First Out)と呼ばれる手法によって,主記憶上のデータ領域を管理する。

Posted by g@kko at 2005/03/05 08:45 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2005年03月05日(土) 本格版 300号 第2問

示現塾 2005年03月05日(土) 本格版 300号

第2問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:CM13-30

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-03-05-2.htm

 システムを毎日8:00から24:00まで稼働させるために,要員を次の3種類の勤務時間で1名ずつ配置している。このシステムを,年間365日稼働させるために必要となる要員の総数は,最少で何人か。ここで,年間の休日は120日,年次有給休暇日数は20日とする。また,休暇・病欠などで要員の確保が不可能にならないように調整できるものとする。

Posted by g@kko at 2005/03/05 08:37 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, コンピュータシステム ]

示現塾 2005年03月05日(土) 本格版 300号 第1問

示現塾 2005年03月05日(土) 本格版 300号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-3/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SW15-50

 フールプルーフに該当するものはどれか。

ア 更新の対象となるものをコピーして保存する。
イ 入力したデータの取消し操作が行えるようにする。
ウ メニュー画面上の不適切な項目は,選択できないようにする。
エ ユーザの操作内容をログとして保存する。

Posted by g@kko at 2005/03/05 08:33 | 個別記事表示 | コメントを見る (1) |
この記事をLicWikiに埋め込む: