2005年03月08日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/試験について ]

平成17年度春期試験の応募者数速報

平成17年度春期試験の応募者数速報が発表されました。

テクニカルエンジニア(データベース)試験 (DB)は

応募者数: 22,624
前年同期応募者数: 23,613
増減数: -989

だそうです。

応募者数に去年の受験率と受験者の合格率をかけると。。。

 22,624 × 54.3% × 8.5% = 1,044 人

去年の合格者数: 1,085 人より 41人減。。。。

>>4 も必読!

Posted by g@kko at 2005/03/08 23:11 | 個別記事表示 | コメントを見る (3) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2005年03月08日(火) 本格版 303号 第2問

示現塾 2005年03月08日(火) 本格版 303号

第2問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-2-2/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SM16-28

 ツールレス保守に該当するものはどれか。

ア 異常が発生した場合,現場から離れた保守センタから障害状況の調査をする。
イ 故障の前兆となる現象を事前にとらえて,対象となる部品を取り替える。
ウ サーバマシン内部の基板などをモジュール化し,そのモジュールの取付けをレバー式にする。
エ 電源やハードディスクなどを二重化し,故障時は縮退運転して故障装置を交換する。

Posted by g@kko at 2005/03/08 06:54 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年03月08日(火) 本格版 303号 第1問

示現塾 2005年03月08日(火) 本格版 303号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM14-12

 オンライントランザクション処理システムの信頼性を高める手段として,適切なものはどれか。

ア ディスクアレイ装置を採用する。
イ データベースアクセスのチューニングを行う。
ウ 伝送遅延時間の短い通信回線を選択する。
エ トランザクション処理を並行処理化する。

Posted by g@kko at 2005/03/08 06:51 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む: