( すべて |  1  |  2  |  3 ) 次へ

2005年04月10日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, コンピュータシステム, 誤答管理 ]

H14AM15: 示現塾 2005年04月10日(日) 本格版 336号 第1問

示現塾 2005年04月10日(日) 本格版 336号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-4-4/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:SM14-15(DB14-15)

 演繹推論の説明として,適切なものはどれか。

ア 与えられた事例から,一般的法則を導き出す推論方法である。
イ 与えられた事例の類似性によって,未知の事実を推定する推論方法である。
ウ 幾つかの前提や公理などと推論規則から結論を導き出す推論方法である。
エ 過去に経験した事例から類似の問題を探して適用し,結論を導き出す推論方法である。

Posted by g@kko at 2005/04/10 09:35 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年04月05日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, コンピュータシステム ]

H14AM14: 示現塾 2005年04月05日(火) 本格版 331号 第1問

示現塾 2005年04月05日(火) 本格版 331号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-4-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB14-14

 データベースのメタデータに関する説明として,適切なものはどれか。

ア 集合をメンバ(インスタンス)として扱う"べき集合"のこと
イ 属性がもつことのできる値の範囲のこと
ウ データ管理者が管理し,DBMS には登録しない情報のこと
エ データ自身に関する情報のこと

Posted by g@kko at 2005/04/05 06:39 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年03月01日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM41: 示現塾 2005年03月01日(火) 本格版 296号 第4問

示現塾 2005年03月01日(火) 本格版 296号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-41

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-03-01-4.htm

 関係データベースの表において,重複を許すある列カラム Z の値による検索効率を向上させるために適切なインデックスを付与する。ア~エ は,列Z のデータ値が等しい行の数を示したものである。ア~エ のうち,列Z にインデックスを付与することによって,1 行当たりの平均の検索効率が最も向上するものはどれか。

Posted by g@kko at 2005/03/01 07:34 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月22日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM38: 示現塾 2005年02月22日(火) 本格版 289号 第4問

示現塾 2005年02月22日(火) 本格版 289号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-38

 トランザクションの ACID 特性のうち,独立性(isolation)について述べたものはどれか。

ア すべての処理が実行されるか,まったく実行されないかのいずれかである。
イ 正常終了したとき,更新結果はデータベースから消失しない。
ウ 中間結果は,ほかのトランザクションの処理内容に何の影響も与えない。
エ データベースの整合性制約を保つ。

Posted by g@kko at 2005/02/22 08:49 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月21日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM35: 示現塾 2005年02月21日(月) 本格版 288号 第4問

示現塾 2005年02月21日(月) 本格版 288号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-35

 システム障害発生時には,データベースの整合性を保ち,かつ最新のデータベース状態に復旧する必要性がある。このために,DBMSがトランザクションのコミット処理完了とみなすタイミングとして,適切なものはどれか。

ア すべての更新データの実更新完了時点
イ チェックポイント処理完了時点
ウ ログバッファへの書込み完了時点
エ ログファイルへの書出し完了時点

Posted by g@kko at 2005/02/21 06:53 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月19日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM40: 示現塾 2005年02月19日(土) 本格版 286号 第4問

示現塾 2005年02月19日(土) 本格版 286号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-40

 二つのトランザクション T1 と T2 を並列に実行した結果が,T1 の完了後にT2を実行した結果,又は T2 の完了後に T1 を実行した結果と等しい場合,このトランザクションスケジュールの性質を何と呼ぶか。

ア 一貫性    
イ 原子性    
ウ 耐久性    
エ 直列可能性

Posted by g@kko at 2005/02/19 09:36 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月18日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM39: 示現塾 2005年02月18日(金) 本格版 285号 第4問

示現塾 2005年02月18日(金) 本格版 285号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-39

 トランザクション管理に関する記述として,正しいものはどれか。


ア 2相ロック方式は,分散型データベースのための制御方式であり,集中型のデータベースでは使用されない。

イ ダーティーリードを許すなど,トランザクション相互の干渉を多くするようにトランザクションの実行を制御すると,トランザクション処理のスループットは低くなる。

ウ 同時実行制御の目的は,データベースの一貫性を保ちながら複数のトランザクションを並行に処理し,単位時間当たりに実行されるトランザクション数を最大にすることである。

エ ロックの粒度とは,資源をロックする期間のことであり,ロックの粒度が細いほど,トランザクションの並行実行性は高くなる。

Posted by g@kko at 2005/02/18 12:58 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月16日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, H14午前, データベース技術 ]

H14AM33: 示現塾 2005年02月16日(水) 本格版 283号 第4問

示現塾 2005年02月16日(水) 本格版 283号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-低/出典:DB14-33

 DBMS において,デッドロックを検出するために使われるデータ構造はどれか。

ア 資源割当て表
イ 時刻印順管理表
ウ トランザクションの優先順管理表
エ 待ちグラフ

Posted by g@kko at 2005/02/16 07:34 | 個別記事表示 | コメントを見る (4) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月13日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM32:示現塾 2005年02月13日(日) 本格版 280号 第4問

示現塾 2005年02月13日(日) 本格版 280号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-32

2相ロックプロトコルを用いたトランザクションの同時実行制御に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア すべてのトランザクションが直列に制御され,デッドロックが発生することはない。
イ トランザクションのコミット順序は,実行時の時刻順となるように制御される。
ウ トランザクションは,自分が獲得したロックをすべて解除した後にだけ,コミット操作を実行できる。
エ トランザクションは,必要なロック獲得命令をすべて実行した後にだけ,ロック解除命令を実行できる。

Posted by g@kko at 2005/02/13 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月12日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, コンピュータシステム ]

H14AM07: 示現塾 2005年02月12日(土) 本格版 279号 第1問

示現塾 2005年02月12日(土) 本格版 279号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB14-07

 多数のクライアントが,LAN に接続された 1 台のプリンタを共同利用するときの印刷要求から印刷完了までの所要時間を,待ち行列理論を適用して見積もる場合について考える。プリンタの運用方法や利用状況に関する記述のうち,M/M/1待ち行列モデルの条件に適合するものはどれか。


ア 一部のクライアントは,プリンタの空き具合を見ながら印刷要求をする。

イ 印刷の緊急性や印刷量の多少にかかわらず,先着順に印刷する。

ウ 印刷待ちの文章データがプリンタのバッファサイズを越えるときは,一時的に受付を中断する。

エ 一つの印刷要求にかかる時間は,印刷の準備に要する一定時間と,実際に印刷するときの印刷量に比例する時間の合計である。

Posted by g@kko at 2005/02/12 10:13 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
( すべて |  1  |  2  |  3 ) 次へ