前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17 ) 次へ

2004年12月21日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月21日(火) 本格版 226号 第1問

示現塾 2004年12月21日(火) 本格版 226号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW15-30

 リアルタイムOS が行う多重割込みの処理方法として,適切なものはどれか。


ア 現在実行している割込み処理よりも,優先度の高い割込みをマスクする。

イ 現在実行している割込み処理よりも,優先度の低い割込みをマスクする。

ウ 現在実行している割込み処理を中断して,後から発生した割込み処理を優先する。

エ 現在実行している割込み処理を優先して,後から発生した割込み処理を待たせる。

Posted by g@kko at 2004/12/21 08:41 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月20日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月20日(月) 本格版 225号 第1問

示現塾 2004年12月20日(月) 本格版 225号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM15-01

 割込みの優先レベルが最も高いものはどれか。

ア 0による除算
イ 記憶保護エラー
ウ 電源異常
エ 入出力割込み

Posted by g@kko at 2004/12/20 06:51 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月19日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月19日(日) 本格版 224号 第1問

示現塾 2004年12月19日(日) 本格版 224号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW15-17

 内部割込みの要因として,適切なものはどれか。

ア 演算結果がオーバフローした。
イ 指定した DMA 転送が完了した。
ウ 電源電圧が低下して,NMI 入力が有効になった。
エ 未定義の割込みベクトルをもつ割込み入力があった。

Posted by g@kko at 2004/12/19 09:31 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月18日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月18日(土) 本格版 223号 第2問

示現塾 2004年12月18日(土) 本格版 223号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-18

 割込みに関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア CPU は割込みを受け付けると実行中のプログラムを中断し,プログラムの再開に必要な情報をハードディスクの特定の領域に格納する。

イ アプリケーションプログラムは,常に割込みの発生を感知する必要がある。

ウ 入出力装置からの動作完了の通知は,内部割込みに分類される。

エ 複数の割込みの発生に備え,個々の割込み原因には優先順位が付けられる。

Posted by g@kko at 2004/12/18 11:59 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月17日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月17日(金) 本格版 222号 第2問

示現塾 2004年12月17日(金) 本格版 222号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SW13-37

 あるオンラインシステムにおいて,1 件のトランザクションを処理するのに必要なCPU の命令実行数は 80,000 ステップであり,1 ステップ当たり平均 1 マイクロ秒で処理される。このシステムをアップグレードして,毎秒 30 件のトランザクションを処理できるようにするためには,CPU の処理性能を最低何倍にする必要があるか。ここで,CPU の使用率の限界はいずれの場合も 80 %とし,処理性能は CPU だけで決まり I/O には依存しないものとする。

ア 2.0
イ 2.4
ウ 3.0
エ 12.0

Posted by g@kko at 2004/12/17 21:19 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月16日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月16日(木) 本格版 221号 第2問

示現塾 2004年12月16日(木)本格版 221号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW15-26

 スレッドとは,プロセス内部に含まれている論理的な並列処理の単位である。スレッドごとに用意されるものはどれか。

ア アドレス空間            
イ 開いているファイル識別子
ウ プロセス間の通信ポート       
エ レジスタ群の退避域

Posted by g@kko at 2004/12/16 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月15日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, コンピュータシステム ]

H14AM04: 示現塾 2004年12月15日(水) 本格版 220号 第2問

示現塾 2004年12月15日(水)本格版 220号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB14-04

 プロセスとスレッドに関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア プロセスとスレッドは1対1に対応する。
イ プロセスの中でスレッドが実行される。
ウ プロセスはスレッドによって実行が管理されている。
エ プロセスはユーザ空間で実行され,スレッドはカーネル空間で実行される。

Posted by g@kko at 2004/12/15 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月14日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月14日(火) 本格版 219号 第2問

示現塾 2004年12月14日(火)本格版 219号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW15-27

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-14-2.htm

 タスクが実行状態(RUN),実行可能状態(READY),待ち状態(WAIT)の三つの状態で管理されるリアルタイム OS において,タスク A,B,C がプリエンプティブなスケジューリングによって,図に示すとおりに状態遷移した。各タスクの関数のうち、適切なものはどれか。ここで、優先度の関係は,“高い>低い”で示す。

ア タスクA > タスクB > タスクC
イ タスクB > タスクA > タスクC
ウ タスクB > タスクC > タスクA
エ タスクC > タスクB > タスクA

Posted by g@kko at 2004/12/14 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月13日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, H15午前, コンピュータシステム ]

H15AM05: 示現塾 2004年12月13日(月) 本格版 218号 第2問

示現塾 2004年12月13日(月)本格版 218号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB15-05

 OS のプロセス制御におけるプリエンプティブ方式に関する記述として,適切なものはどれか。

ア 各プロセスがシステム資源を自主管理できるので,マルチプログラミングに向いている。
イ ノンプリエンプティブ方式に比べて,コンテキスト切替えのためのオーバヘッドが小さい。
ウ ノンプリエンプティブ方式に比べて,特定のプロセスがプロセッサを独占することが多い。
エ プリエンプティブ方式を実現するには,OSがプロセスを強制的に切り替えて実行する機構が必要になる。

Posted by g@kko at 2004/12/13 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (1) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月12日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月12日(日) 本格版 217号 第2問

示現塾 2004年12月12日(日)本格版 217号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW13-26

 リアルタイムOS のプリエンプションの記述として,適切なものはどれか。


ア 一定時間ごとに実行中のタスクを中断して,別の実行可能なタスクを実行する。

イ 実行中のタスクが終了又は待ち状態になった場合,別の実行可能なタスクを実行する。

ウ 実行中のタスクよりも優先順位の高いタスクが実行可能状態になった場合,実行中のタスクを中断してその優先順位の高いタスクを実行する。

エ 優先順位の高いタスクが優先順位の低いタスクの終了を待っている場合,優先順位の低いタスクの優先順位を一時的に高くして実行する。

Posted by g@kko at 2004/12/12 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17 ) 次へ