前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17 ) 次へ

2004年12月11日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月11日(土) 本格版 216号 第2問

示現塾 2004年12月11日(土)本格版 216号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM14-03

 二つのタスクが共用する二つの資源を排他的に使用するとき,デッドロックが発生する可能性がある。このデッドロックの発生を防ぐ方法として,適切なものはどれか。

ア 一方のタスクの優先順位を高くする。
イ 資源獲得の順序を両方のタスクで同じにする。
ウ 資源獲得の順序を両方のタスクで逆にする。
エ 両方のタスクの優先順位を同じにする。

Posted by g@kko at 2004/12/11 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月10日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム, 誤答管理 ]

示現塾 2004年12月10日(金) 本格版 215号 第2問

示現塾 2004年12月10日(金)本格版 215号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-28

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-10-2.htm

 資源 X,Y,Z を占有して処理を行うプロセス A~D がある。各プロセスは処理の進行に伴い,表中の数値の順に資源を占有し,実行終了時に三つの資源を一括して解放する。プロセス A とデッドロックを起こす可能性のあるプロセスはどれか。

ア プロセス B,C              
イ プロセス B,C,D
ウ プロセス B だけ             
エ プロセス C だけ

Posted by g@kko at 2004/12/10 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月09日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, コンピュータシステム ]

H13AM04: 示現塾 2004年12月09日(木) 本格版 214号 第2問

示現塾 2004年12月09日(木)本格版 214号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB13-04

 各タスクを,待ち行列の先頭から順に一定時間(これをタイムクォンタムと呼ぶ)ずつ処理し,タイムクォンタム終了後ごとに待ち行列の最後列につなぐ方式の多重プログラミングシステムがある。タイムクォンタムの設定値を変化させたときのシステムの振る舞いについて,適切な記述はどれか。ここで,タスクの処理終了時間とは,タスクの処理開始から完了までの所要時間を意味する。


ア 設定値を減少させると,I/O バウンドのタスク処理終了時間は,CPU バウンドのタスクの処理終了時間よりも相対的に長くなる。

イ 設定値を減少させると,I/O バウンドのタスク処理終了時間は,CPU バウンドのタスクの処理終了時間よりも相対的に短くなる。

ウ 設定値を減少させると,オーバヘッドが増加するので,すべてのタスクの処理終了時間が同じように長くなる。

エ 設定値を増加させると,オーバヘッドが増加するので,すべてのタスクの処理終了時間が同じように長くなる。

Posted by g@kko at 2004/12/09 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月08日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月08日(水) 本格版 213号 第2問

示現塾 2004年12月08日(水)本格版 213号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:CM14-04

 三つのジョブA ~C を,次のスケジューリング方式に基づいて同時に開始する。このとき,ジョブB が終了するまでの経過時間は,およそ何分か。

〔ジョブ〕
 単独で実行したときの処理時間は,ジョブA は5分,ジョブB は10分,ジョブC は15分である。処理時間の内訳はすべてCPU 時間である。

〔スケジューリング方式〕
(1)待ち行列に並んだ順に実行する。
(2)一定時間(これをタイムクウォンタムと呼ぶ)内に処理が終了しなければ,処理を中断させて,待ち行列の最後尾へ回す。
(3)タイムクウォンタムは,ジョブの処理時間に比べて十分に小さい値とし,ジョブの切替え時間は無視できる。

ア 15    
イ 20    
ウ 25    
エ 30

Posted by g@kko at 2004/12/08 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月07日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月07日(火) 本格版 212号 第2問

示現塾 2004年12月07日(火)本格版 212号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:CM15-04

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-07-2.htm

 表に示すタスクA~Dの集合に対して,ラウンドロビン方式のCPUスケジューリングを適用する。タイムクウォンタムを1秒から2秒に変更すると,タスクBのターンアラウンドタイムはどうなるか。ここで,タスクが到着した時には,CPU待ち行列の先頭に置かれるものとする。OSのオーバヘッドは考慮しないものとする。また,表の処理時間は各タスクを単独で実行したときのものであり,各タスクともすべてCPU処理だけである。

Posted by g@kko at 2004/12/07 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月06日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月06日(月) 本格版 211号 第2問

示現塾 2004年12月06日(月)本格版 211号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-27

 ラウンドロビン方式のタスクスケジューリングに関する記述として,適切なものはどれか。


ア CPU 資源を一定時間ごとに各タスクの優先順位に従って割り当てる。

イ 一定時間ごとにタイマ割込みを発生させ,実行可能の待ち行列の先頭のタスクに強制的に切り替える。

ウ 何らかの割込み事象が発生したときに,直ちにタスクが起動される必要のあるリアルタイムシステムに適する。

エ マルチユーザを対象としたOS には適さない。

Posted by g@kko at 2004/12/06 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月05日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月05日(日) 本格版 210号 第2問

示現塾 2004年12月05日(日)本格版 210号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:NW13-04

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-05-2.htm

 リアルタイムシステムにおいて,優先順位の高い順に A,B,C の三つのタスクがある。タスク A が,タスク C の占有している資源 S の解放を待っている状態で,タスク B が実行可能になったとき,優先順位の高いタスク A よりも優先順位の低いタスク B が先に実行される。このタスク A と B の間で実行時に優先順位の逆転が発生することを回避する方法として,適切なものはどれか。

ア タスク A の優先順位を一時的にタスク C と同じにする。
イ タスク B の優先順位を一時的にタスク A と同じにする。
ウ タスク B の優先順位を一時的にタスク C と同じにする。
エ タスク C の優先順位を一時的にタスク A と同じにする。

Posted by g@kko at 2004/12/05 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月04日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月04日(土) 本格版 209号 第2問

示現塾 2004年12月04日(土)本格版 209号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:NW15-03

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-04-2.htm

 三つのタスクA~Cの優先度と,各タスクを単独で実行した場合のCPUと入出力装置(I/O)の動作順序と処理時間は,表のとおりである。A~Cが同時に実行可能状態になって3ミリ秒経過後から10ミリ秒経過後までの7ミリ秒間のスケジューリングの状況を表したものはどれか。ここで,I/Oは競合せず,実行中のタスクよりも優先度の高いタスクが実行可能になるとCPUの使用権が奪われるものとする。解答群の中の“待ち”は,タスクが実行可能状態にあり,CPUの割当て待ちであることを意味する。

Posted by g@kko at 2004/12/04 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月03日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月03日(金) 本格版 208号 第2問

示現塾 2004年12月03日(金)本格版 208号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SW14-29

 タスクが実行状態,実行可能状態,待ち状態のいずれかの状態をとるとき,実行状態のタスクがプリエンプションによってほかのタスクに実行を中断され,再び実行状態となるまでの状態の変化として適切なものはどれか。

ア 実行状態 → 実行可能状態 → 実行状態
イ 実行状態 → 実行可能状態 → 待ち状態 → 実行状態
ウ 実行状態 → 待ち状態 → 実行可能状態 → 実行状態
エ 実行状態 → 待ち状態 → 実行状態

Posted by g@kko at 2004/12/03 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月02日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月02日(木) 本格版 207号 第2問

示現塾 2004年12月02日(木)本格版 207号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SM15-20

 ジョブスケジューリングに関する記述として,適切なものはどれか。


ア FCFS(First Come First Service)方式は,ジョブの到着順に処理を行うもので,長大なジョブがあってもスループットが高い。

イ SPT(Shortest Processing Time First)方式は,処理時間の短いジョブの順に処理を行うので,対話型処理の平均応答時間を最小にできる。

ウ デッドラインスケジューリング方式は,目標の時間帯内に処理を完了することを目的に処理の優先順位を決定するので,タイマ割込みのオーバヘッドが影響し,時間の制約の厳しいリアルタイム処理には向いていない。

エ 優先度順方式は,バッチ処理の優先度を高く設定し,リアルタイム処理の優先度を低くして運用するのが一般的である。

Posted by g@kko at 2004/12/02 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17 ) 次へ