前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17 ) 次へ

2004年12月01日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, コンピュータシステム ]

H15AM04: 示現塾 2004年12月01日(水) 本格版 206号 第2問

示現塾 2004年12月01日(水)本格版 206号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB15-04

 OS のスケジューリング方式に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 処理時間順方式では,既に消費したCPU 時間の長いジョブに高い優先度を与える。
イ 到着順方式では,ラウンドロビン方式に比べて特に処理時間の短いジョブの応答時間が短くなる。
ウ 優先度順方式では,一部のジョブの応答時間が極端に長くなることがある。
エ ラウンドロビン方式では,ジョブに割り当てるCPU 時間(タイムクウォンタム)を短くするほど,到着順方式に近づく。

Posted by g@kko at 2004/12/01 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月30日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年11月30日(火) 本格版 205号 第2問

示現塾 2004年11月30日(火) 本格版 205号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-1-6/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-23

 スーパコンピュータに関する記述として,適切なものはどれか。


ア 処理装置内の演算器で一度に扱えるビット数を非常に大きくして,文字列処理の性能向上を図っている。

イ 大容量のハードディスク装置と仮想記憶技術を用いることによって,非常に大きなメモリ空間を実現し,性能向上を図っている。

ウ 特定の応用分野に特化したハードウェア回路を個別に用意し,目的に応じて組み合わせることによって,性能向上を図っている。

エ ベクトル命令を備えたプロセッサを数個~十数個,又はマイクロプロセッサを数百~数千個結合することによって,性能向上を図っている。

Posted by g@kko at 2004/11/30 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月29日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, コンピュータシステム ]

H15AM02: 示現塾 2004年11月29日(月) 本格版 204号 第2問

示現塾 2004年11月29日(月) 本格版 204号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-1-6/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB15-02

 フォンノイマン ボトルネック(プログラムの命令を順番に CPU に取り込んで実行する方式のコンピュータの性能向上を妨げる要因)はどれか。

ア 主記憶容量
イ 内部装置(プロセッサと主記憶)と入出力装置との間のデータ転送能力
ウ プロセッサと主記憶との間のデータ転送能力
エ プロセッサの性能

Posted by g@kko at 2004/11/29 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月28日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年11月28日(日) 本格版 203号 第3問

示現塾 2004年11月28日(日) 本格版 203号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-7/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:AU14-09

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-28-3.htm

 ソフトウェア信頼度成長モデルの一つであるゴンペルツ曲線モデルはどれか。

Posted by g@kko at 2004/11/28 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, コンピュータシステム ]

H16AM02: 示現塾 2004年11月28日(日) 本格版 203号 第2問

示現塾 2004年11月28日(日) 本格版 203号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-1-5/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:SW16-20(DB16-02)

大量の画像データの高速転送を可能にする専用インタフェースはどれか。

ア AGP
イ ATA
ウ ISA
エ PCI

Posted by g@kko at 2004/11/28 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月27日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年11月27日(土) 本格版 202号 第2問

示現塾 2004年11月27日(土) 本格版 202号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-1-5/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SD15-01

USB2.0 に関する記述として,適切なものはどれか。


ア 音声や映像などの転送に適したブロードキャスト転送方式を採用している。

イ 赤外線を使ってデータを送ることができる通信規格で,最大速度が4Mビット/秒である。

ウ データ転送速度は,ハイスピードモード,フルスピードモード及びロースピードモードの3種類がある。

エ モデムなどの周辺機器とパソコン間の接続に用い,最大速度が115.2kビット/秒のインタフェース規格である。

Posted by g@kko at 2004/11/27 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月26日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年11月26日(金) 本格版 201号 第2問

示現塾 2004年11月26日(金) 本格版 201号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-1-5/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:AU13-01

 SCSI に関する記述として,適切なものはどれか。

ア 端末とモデムとの接続用に開発されたインタフェースであり,JIS X 5101で規格化されている。

イ ハードディスク用インタフェースとして開発したものを,そのほかの入出力機器まで使用できるように拡張した規格である。

ウ バス幅が32又は64ビットで,プロセッサと独立した自動コンフイギュレーション機能をもち,パソコン用の高速I/O バスの主流になっている。

エ ボードコンピュータやワークステーションに多く使用されている。IEEE1014で規格化され,32ビットの標準バスとなっている。

Posted by g@kko at 2004/11/26 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月25日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム, 誤答管理 ]

示現塾 2004年11月25日(木) 本格版 200号 第2問

示現塾 2004年11月25日(木) 本格版 200号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-1-5/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:SW16-21

 PCIのユニバーサルカードの規格の内容として,適切なものはどれか。

ア 5Vと3.3Vの両方のバスに対応したカード
イ 64ビットと32ビットの両方のデータ幅に対応したカード
ウ 66MHzと33MHzの両方の転送速度に対応したカード
エ ロープロファイルPCIと標準PCIの両方の大きさに対応したカード

Posted by g@kko at 2004/11/25 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月24日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年11月24日(水) 本格版 199号 第2問

示現塾 2004年11月24日(水) 本格版 199号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-1-5/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-22

 アドレスバス幅 32 ビット,データバス幅が 32/64 ビットで,パソコンの標準的なバスの規格になっているものはどれか。

ア ATA
イ CardBus
ウ ISA
エ PCI

Posted by g@kko at 2004/11/24 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月23日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年11月23日(火) 本格版 198号 第2問

示現塾 2004年11月23日(火) 本格版 198号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-1-5/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SS15-01

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-23-2.htm

 入出力制御方式に関する a ~ c の記述と用語の適切な組み合わせはどれか。

a  プロセッサのレジスタを経由して,主記憶と入出力装置の間でデータ転送を行う方式である。
b  プロセッサを介さずに,システムバスなどに接続されたデータ転送専用のハードウェアによって,主記憶と入出力の間で直接転送を行う方式である。
c  bの一方式であり,入出力専用のハードウェアがデータ転送制御のためのプログラムを主記憶から自立的に読み出して入出力装置を制御することによって,並行処理の度合いを高めることができる。

Posted by g@kko at 2004/11/23 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月22日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, コンピュータシステム ]

H16AM01: 示現塾 2004年11月22日(月) 本格版 197号 第2問

示現塾 2004年11月22日(月) 本格版 197号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-1-5/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW16-23(DB16-01)

 ある画像を600dpiのスキャナで入力し,画素数を変えずに200dpiのプリンタで出力した。このときの入力画像と印刷結果の面積比はどれか。

ア 1:3     
イ 1:9     
ウ 3:1     
エ 9:1

Posted by g@kko at 2004/11/22 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17 ) 次へ