前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17 ) 次へ

2005年03月01日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年03月01日(火) 本格版 296号 第1問

示現塾 2005年03月01日(火) 本格版 296号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:NW15-08

 ホストコンピュータと,それを使用するための 2台の端末を接続したシステムがある。ホストコンピュータの故障率をa,端末の故障率をbとするとき,このシステムが故障によって使えなくなる確率はどれか。
ここで,端末は1台以上が稼働していればよく,通信回線などほかの部分の故障は発生しないものとする。

ア 1-(1-a)(1-b^2)     
イ 1-(1-a)(1-b)^2
ウ (1-a)(1-b^2)       
エ (1-a)(1-b)^2

注:b^2 は、bの2乗の意味

Posted by g@kko at 2005/03/01 07:25 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月28日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年02月28日(月) 本格版 295号 第1問

示現塾 2005年02月28日(月) 本格版 295号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-3/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SS13-04

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-02-28-1.htm

 図のような信頼度の回線でシステムを構築している。東京-札幌間で通信を行う業務量が増加してきたので,同区間の信頼性を高めるために,う回回線を設けることにした。東京-札幌間の信頼度を 0.90 以上にするためには,う回回線の信頼度は最低限幾ら必要か。

ア 0.27       
イ 0.37      
ウ 0.63     
エ 0.73

Posted by g@kko at 2005/02/28 07:09 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月27日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年02月27日(日) 本格版 294号 第1問

示現塾 2005年02月27日(日) 本格版 294号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM14-10

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-02-27-1.htm

 東京から福岡までの回線構成を図1から図2のように変更した場合,東京,福岡間の回線構成における信頼性の向上分(差)を示す数値として,最も近いものはどれか。ここで,隣接するノード間の回線の信頼性は,すべて0.95とする。

ア 0.0429      
イ 0.0451     
ウ 0.0498     
エ 0.0926

Posted by g@kko at 2005/02/27 11:26 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月26日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年02月26日(土) 本格版 293号 第1問

示現塾 2005年02月26日(土) 本格版 293号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:AU14-05

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-02-26-1.htm

 図のような,アベイラビリティPのシステムで構成された多重化システム全体のアベイラビリティを表す式はどれか。ここで,並列の部分は,どちらか一方が稼働していればよいものとする。

Posted by g@kko at 2005/02/26 08:10 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月25日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年02月25日(金) 本格版 292号 第1問

示現塾 2005年02月25日(金) 本格版 292号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:NW13-08

 信頼度が 0.9 の部品がある。この部品を並列に接続し,少なくとも 1 個の部品が動作すれば所定の機能が達成できるようにして信頼度を高めたい。全体の信頼度を 0.9999 以上とするためには,少なくとも何個の部品が必要になるか。

ア 2    
イ 3    
ウ 4    
エ 5

Posted by g@kko at 2005/02/25 07:20 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月24日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年02月24日(木) 本格版 291号 第1問

示現塾 2005年02月24日(木) 本格版 291号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-3/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SM14-13

 システムを運用管理の立場から評価する場合,可用性(Availability)評価の対象となるものはどれか。

ア オンラインシステムの応答時間が短い。
イ オンラインシステムの障害復旧が早い。
ウ オンライン端末の操作が簡単である。
エ 他人のデータを本人の許可なく参照することができない。

Posted by g@kko at 2005/02/24 07:31 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月23日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年02月23日(水) 本格版 290号 第1問

示現塾 2005年02月23日(水) 本格版 290号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:NW14-08

 システムの信頼性評価指標に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 二つのシステムの稼働率が等しければ,それらの MTBF も等しい。
イ 二つのシステムの稼働率が等しければ,それらの MTTR も等しい。
ウ 二つのシステムの故障率が等しければ,それらの MTBF も等しい。
エ 二つのシステムの故障率が等しければ,それらの MTTR も等しい。

Posted by g@kko at 2005/02/23 07:22 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月22日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年02月22日(火) 本格版 289号 第1問

示現塾 2005年02月22日(火) 本格版 289号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-3/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SM14-09

MTBF を長くするよりも,MTTR を短くするのに役立つものはどれか。

ア エラーログ取得機能         
イ 記憶装置のビット誤り訂正機能
ウ 命令再試行機能           
エ 予防保守

Posted by g@kko at 2005/02/22 08:42 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月21日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年02月21日(月) 本格版 288号 第1問

示現塾 2005年02月21日(月) 本格版 288号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:NW15-09

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-02-21-1.htm

 コンピュータの信頼性を示すRASの尺度の組合せとして,適切なものはどれか。

Posted by g@kko at 2005/02/21 06:46 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月20日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年02月20日(日) 本格版 287号 第1問

示現塾 2005年02月20日(日) 本格版 287号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM15-11

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-02-20-1.htm

Posted by g@kko at 2005/02/20 10:45 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17 ) 次へ