前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17 ) 次へ

2005年02月19日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年02月19日(土) 本格版 286号 第1問

示現塾 2005年02月19日(土) 本格版 286号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SS15-14

 システムの信頼性を表すMTBF の説明として,適切なものはどれか。
 
ア ある期間内に発生したシステム障害の平均時間を示す。
イ ある期間内に発生したシステムダウンの平均時間を示す。
ウ 故障が発生した時から修復完了までの1故障当たりの平均復旧時間を示す。
エ 故障が復旧してから,次の故障が発生するまでの平均時間を示す。

Posted by g@kko at 2005/02/19 09:30 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月18日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, コンピュータシステム ]

H13AM11: 示現塾 2005年02月18日(金) 本格版 285号 第1問

示現塾 2005年02月18日(金) 本格版 285号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB13-11

 平均故障間隔がx時間, 平均修理時間がy時間のシステムがある。使用条件が変わったので, 平均故障間隔, 平均修理時間が共に従来の 1.5倍になった。新しい使用条件での稼働率にとして, 正しいものはどれか。

ア x,yの値によって変化するが, 従来の稼働率よりは大きい値になる。
イ 従来の稼働率と同じ値である。
ウ 従来の稼働率の 1.5 倍になる。
エ 従来の稼働率の 2/3 倍になる。

Posted by g@kko at 2005/02/18 12:55 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月17日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年02月17日(木) 本格版 284号 第1問

示現塾 2005年02月17日(木) 本格版 284号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SW15-37

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-02-17-1.htm
 に示すシステム構成で,全体の稼働率を表す計算式はどれか。ここで,このシステムが正常に稼働するためには,ディスク装置は 2 台とも正常でなければならず,各サイトの端末は,それぞれ少なくとも 1 台が正常でなければならない。

 

Posted by g@kko at 2005/02/17 07:33 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月16日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年02月16日(水) 本格版 283号 第1問

示現塾 2005年02月16日(水) 本格版 283号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SW14-37

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-02-16-1.htm

 図に示す二つの装置からなる並列システムの稼働率は幾らか。ここで,どちらか一つの装置が稼働していればシステムとして稼働しているとみなし,装置 A,B とも,MTBF(平均故障間隔)は 576 時間,MTTR(平均修復時間)は 24 時間とする。

ア 0.9216      
イ 0.96      
ウ 0.9872      
エ 0.9984

Posted by g@kko at 2005/02/16 07:29 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月15日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年02月15日(火) 本格版 282号 第1問

示現塾 2005年02月15日(火) 本格版 282号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:SD15-03

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-02-15-1.htm

 図は,待ち行列のM/M/Sモデルにおいて,平均サービス時間を単位として正規化した平均待ち時間を表すグラフである。Sは窓口の数を,ρは窓口の利用率を表す。
窓口が一つのときの平均待ち時間は4.0であった。客の到着率が2倍に増えたので,同じサービス能力をもつ窓口を一つ増やして二つの窓口でサービスするとき,平均待ち時間はおよそ幾らになるか。

ア 0.3       
イ 1.8        
ウ 2.0        
エ 4.0

Posted by g@kko at 2005/02/15 06:50 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月14日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年02月14日(月) 本格版 281号 第1問

示現塾 2005年02月14日(月) 本格版 281号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM13-07

 社内に100台のコンピュータが稼働しており,1日(8時間とする)に3台の割合で故障する。修理の待ち行列がM/M/1の待ち行列に従う場合,故障してから修理が完了するまでの平均時間を8時間とするには,平均修理時間を何時間にすればよいか。

ア 1    
イ 2     
ウ 3    
エ 4

Posted by g@kko at 2005/02/14 06:45 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月13日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年02月13日(日) 本格版 280号 第1問

示現塾 2005年02月13日(日) 本格版 280号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:NW15-05

 自動支払機が1台ずつ設置してあった二つの支店を統合し,統合後の支店には自動支払機を1台設置する。統合後の自動支払機の平均待ち時間を求める式はどれか。ここで,待ち時間はM/M/1の待ち行列モデルに従い,平均待ち時間にはサービス時間を含まないものとする。

〔条件〕
(1) 平均サービス時間:Ts
(2) 統合前のシステムの利用率:両支店ともρ
(3) 統合後の利用者数は,統合前の2支店の利用者数の合計値

ρ ρ  
ア ――― × Ts     イ ――― × Ts
   1-ρ 1-2ρ


2ρ 2ρ
ウ ――― × Ts エ ――― × Ts
   1-ρ 1-2ρ

Posted by g@kko at 2005/02/13 02:01 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月12日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, コンピュータシステム ]

H14AM07: 示現塾 2005年02月12日(土) 本格版 279号 第1問

示現塾 2005年02月12日(土) 本格版 279号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB14-07

 多数のクライアントが,LAN に接続された 1 台のプリンタを共同利用するときの印刷要求から印刷完了までの所要時間を,待ち行列理論を適用して見積もる場合について考える。プリンタの運用方法や利用状況に関する記述のうち,M/M/1待ち行列モデルの条件に適合するものはどれか。


ア 一部のクライアントは,プリンタの空き具合を見ながら印刷要求をする。

イ 印刷の緊急性や印刷量の多少にかかわらず,先着順に印刷する。

ウ 印刷待ちの文章データがプリンタのバッファサイズを越えるときは,一時的に受付を中断する。

エ 一つの印刷要求にかかる時間は,印刷の準備に要する一定時間と,実際に印刷するときの印刷量に比例する時間の合計である。

Posted by g@kko at 2005/02/12 10:13 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月11日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年02月11日(金) 本格版 278号 第1問

示現塾 2005年02月11日(金) 本格版 278号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW15-34

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-02-11-1.htm

 オンラインリアルタイムシステムにおける CPU の利用率と平均応答時間の関係を表したグラフはどれか。ここで,トランザクションの発生はポアソン分布とし,その処理時間は指数分布とする。

Posted by g@kko at 2005/02/11 07:45 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月10日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年02月10日(木) 本格版 277号 第1問

示現塾 2005年02月10日(木) 本格版 277号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SM13-09

 コールセンタの1日の受付時間は平均8時間である。その受付窓口の1日の平均取扱数は128件で,1件のサービス処理に平均1分30秒かかる。この受付窓口の利用率は何%か。

ア 0.4     
イ 25     
ウ 40     
エ 80

Posted by g@kko at 2005/02/10 07:18 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17 ) 次へ