前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17 ) 次へ

2005年01月30日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年01月30日(日) 本格版 266号 第1問

示現塾 2005年01月30日(日) 本格版 266号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:CM14-07

 10Mビット/秒のLAN を使用し,1件のレコード長が1,000バイトの電文を10万件連続して伝送するとき,伝送時間は約何秒か。ここで,LANの伝送効率は30%とする。

ア 33     
イ 80      
ウ 240      
エ 267

Posted by g@kko at 2005/01/30 08:37 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月29日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム, 誤答管理 ]

示現塾 2005年01月29日(土) 本格版 265号 第1問

示現塾 2005年01月29日(土) 本格版 265号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:CM15-05

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-29-1.htm

 表に示す仕様の磁気ディスク装置において,500バイトのデータの読取りに要する平均時間は何ミリ秒か。

ア 12.15      
イ 16.05       
ウ 18.05      
エ 24.05 

Posted by g@kko at 2005/01/29 10:17 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月28日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年01月28日(金) 本格版 264号 第1問

示現塾 2005年01月28日(金) 本格版 264号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SD14-04

 CPU 処理とディスク入出力処理からなるトランザクション処理システムにおいて,次の条件で処理を行うとき,トランザクションを毎秒20件処理するために必要なディスク装置は最低何台か。

〔条件〕
(1)トランザクションは,CPU 処理と4回のディスク入出力処理を経て終了する。
(2)ディスク入出力処理時問は,1回の入出力当たり,平均40ミリ秒である。
(3)入出力のアクセスは,各ディスクに均等に分散される。
(4)ディスク入出力処理以外の処理時間は無視する。

ア 2       
イ 3       
ウ 4       
エ 5

Posted by g@kko at 2005/01/28 02:01 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月27日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年01月27日(木) 本格版 263号 第1問

春の情報処理技術者試験日まで、あと80日

示現塾 2005年01月27日(木) 本格版 263号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM13-34

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-27-1.htm

 図のようなネットワーク構成のシステムにおいて,同じ量のデータをホストとの間で送受信した場合のターンアラウンドタイムは,端末Aでは450ミリ秒,端末Bでは700ミリ秒であった。ホストでの処理時間は端末A,端末Bのどちらから利用しても同じとするとき,端末Bからホストヘの伝送時間は何ミリ秒か。ここで,ターンアラウンドタイムは,端末がデータを回線に送信し始めてから応答データを受信完了するまでの時間とし,伝送時間は回線速度にだけ関係するものとする。

ア 100      
イ 150       
ウ 200       
エ 250

Posted by g@kko at 2005/01/27 07:39 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月26日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム, 誤答管理 ]

示現塾 2005年01月26日(水) 本格版 262号 第1問

示現塾 2005年01月26日(水) 本格版 262号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SS15-04

 マルチプロセッサによる並列処理で得られる高速化率(単一プロセッサのときと比べた倍率)Eを,次の式によって評価する。r=0.9のアプリケーションの高速化率がr=0.3のものの3倍となるのは,プロセッサが何台の時か。
     1
E=━━━━━━━
   1-r+(r/n)
 
ここで,
n:プロセッサの台数(1≦n)
r:対象とする処理のうち,並列化が可能な部分の割合(0≦r≦1)
とし,並列化に伴うオーバヘッドは考慮しないものとする。
 
ア 3    
イ 4   
ウ 5    
エ 6

Posted by g@kko at 2005/01/26 07:33 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月25日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年01月25日(火) 本格版 261号 第1問

示現塾 2005年01月25日(火) 本格版 261号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SW15-35

 1 台の CPU の性能を 1 とするとき,その CPU を n 台用いたマルチプロセッサの性能 P が,
     n
P =──────
  1 +(n-1)a

で表されるとする。ここで,a はオーバヘッドを表す定数である。例えば,a=0.1,n=4 とすると,P ≒3 なので,4 台の CPU からなるマルチプロセッサの性能は約 3 になる。この式で表されるマルチプロセッサの性能には上限があり,n を幾ら大きくしてもある値以上には大きくならない。a=0.1 の場合,その値は幾らか。

ア 5      
イ 10      
ウ 15      
エ 20

Posted by g@kko at 2005/01/25 06:53 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月24日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム, 誤答管理 ]

示現塾 2005年01月24日(月) 本格版 260号 第1問

示現塾 2005年01月24日(月) 本格版 260号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:NW14-07

 コンピュータの性能を表す指標の一つである MIPS 値に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア CISC RISC では,両者の MIPS 値が同じであれば,実行するプログラムの処理能力は RISC の方が高い。

イ MIPS 値は加減乗除などの演算命令の速度を表すものであり,プロセッサ性能を評価する際には,これ以外にロードやストアなどのメモリアクセス命令も考慮する必要がある。

ウ アレイプロセッサやベクトルプロセッサなど,浮動小数点演算が強化されたプロセッサの MIPS 値は,単位時間当たりの浮動小数点命令の平均実行回数を表している。

エ プロセッサがもつ各命令の実行時間の加重平均から MIPS 値を求める場合,加重平均の重み付けとして用いられるものの一つに,コマーシャルミックスがある。

Posted by g@kko at 2005/01/24 07:41 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月23日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年01月23日(日) 本格版 259号 第1問

示現塾 2005年01月23日(日) 本格版 259号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM13-11

 システムの性能評価に関する指標のうち,主記憶の競合状態を最もよく表すものはどれか。

ア 実行待ち時間             
イ チャネル使用率
ウ トランザクション応答時間       
エ ページング発生頻度

Posted by g@kko at 2005/01/23 11:36 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月22日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年01月22日(土) 本格版 258号 第1問

示現塾 2005年01月22日(土) 本格版 258号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW13-38

 スループットに関する記述として,適切なものはどれか。


ア CPU の性能指標の一つであり,入出力操作の処理待ち時間は含まれない。

イ ジョブがシステムに投入されてからその結果が完全に得られるまでの経過時間のことであり,入出力の速度やオーバヘッド時間などに影響される。

ウ ジョブごとの処理時間のことであり,ジョブの実行の間に介入するオペレータの操作時間などに影響される。

エ 単位時間内のジョブ処理件数のことであり,スプーリングはスループットの向上に役立つ。

Posted by g@kko at 2005/01/22 08:48 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月21日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年01月21日(金) 本格版 257号 第1問

示現塾 2005年01月21日(金) 本格版 257号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM14-06

 コンピュータシステムの性能評価法の一つであるモニタリングに関する記述として,適切なものはどれか。


ア 各プログラムの実行状態や資源の利用状況を測定し,システムの構成や応答性能を改善するためのデータを得る。

イ システムの各構成要素に関するカタログ性能データを収集し,それらのデータからシステム全体の性能を算出する。

ウ 典型的なプログラムを実行し,入出力や制御プログラムを含めたシステムの総合的な処理性能を測定する。

エ 命令を分類し,それぞれの使用頻度を重みとした加重平均によって全命令の平均実行速度を求める。

Posted by g@kko at 2005/01/21 08:08 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17 ) 次へ