前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17 ) 次へ

2005年01月20日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年01月20日(木) 本格版 256号 第1問

示現塾 2005年01月20日(木) 本格版 256号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM14-05

 クライアントサーバシステムにおいて,各クライアントから直接データベースサーバヘ接続しなければならないアーキテクチャはどれか。

ア 2層
イ 2層と3層     
ウ 3層     
エ 4層

Posted by g@kko at 2005/01/20 07:19 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月19日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年01月19日(水) 本格版 255号 第1問

示現塾 2005年01月19日(水) 本格版 255号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM16-06

 3層アーキテクチャのクライアントサーバシステムで用いられるアプリケーションサーバの機能に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア 業務プロセスの変更に伴い,プレゼンテーション層の全クライアントに新アプリケーションを一括配布する。

イ データ層への接続やトランザクションの管理機能をもち,ファンクション層として業務処理の流れを制御する。

ウ ファンクション層で必要となるアプリケーションを,データ層のデータベースで管理する。

エ プレゼンテーション層のクライアントから要求されたアプリケーションを,要求の都度クライアントヘ供給する。

Posted by g@kko at 2005/01/19 07:25 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月18日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年01月18日(火) 本格版 254号 第1問

示現塾 2005年01月18日(火) 本格版 254号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW16-31

 3層クライアントサーバシステムを構成する各層を,クライアント側に近い順に並べたものはどれか。

ア ファンクション層,データベースアクセス層,プレゼンテーション層
イ ファンクション層,プレゼンテーション層,データベースアクセス層
ウ プレゼンテーション層,データベースアクセス層,ファンクション層
エ プレゼンテーション層,ファンクション層,データベースアクセス層

Posted by g@kko at 2005/01/18 07:27 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月17日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年01月17日(月) 本格版 253号 第1問

春の情報処理技術者試験日まで、あと90日

示現塾 2005年01月17日(月) 本格版 253号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SW15-31

 3 層クライアントサーバアーキテクチャを導入する場合,その効果が最も期待できるシステムはどれか。

ア アプリケーションのサービスやクラス数が少ないシステム
イ アプリケーションの修正や追加が頻繁なシステム
ウ すべてのアプリケーションが単一の言語で作成されているシステム
エ トランザクション数が比較的少ないシステム

Posted by g@kko at 2005/01/17 06:51 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月16日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年01月16日(日) 本格版 252号 第1問

示現塾 2005年01月16日(日) 本格版 252号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SS14-03

 3 層クライアントサーバシステムの説明のうち,適切なものはどれか。

ア システムを機能的に,Web サーバ,ファイアウォール,クライアントの 3階層に分けたシステムである。

イ システムを機能的に,アプリケーション,通信,データベースの 3 階層に分けたシステムである。

ウ システムを物理的に,メインフレーム,サーバ,クライアントの 3 階層に分けたシステムである。

エ システムを論理的に,プレゼンテーション,ファンクション,データベースの 3 階層に分けたシステムである。

Posted by g@kko at 2005/01/16 12:23 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月15日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年01月15日(土) 本格版 251号 第1問

示現塾 2005年01月15日(土) 本格版 251号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-31

 関係データベースを用いた 2 階層クライアントサーバシステムにおいて,ストアドプロシージャを使わないとき,SQL メッセージを送信するものはどれか。

ア アプリケーションサーバ          
イ クライアント
ウ クライアントとアプリケーションサーバ   
エ データベースサーバ

Posted by g@kko at 2005/01/15 07:40 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月14日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年01月14日(金) 本格版 250号 第1問

示現塾 2005年01月14日(金) 本格版 250号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SS13-02

 クライアントサーバシステムに関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア クライアントで業務処理の主な部分を実行する 3 層アーキテクチャに基づくものが一般的である。

イ ファイルサーバ,プリントサーバなどのようにサーバが専用化されている場合,比較的容易に,個々のサーバの性能を向上させることができる。

ウ 複数のサーバに機能を分散している場合,データやプログラムが 1 か所に集まる集中型のシステムよりも容易にセキュリティを高めることができる。

エ 複数のサーバに業務処理の各ステップを機能分散している場合,特定のサーバに負荷が集中してもシステム全体への影響は少ない。

Posted by g@kko at 2005/01/14 07:34 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月13日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年01月13日(木) 本格版 249号 第1問

示現塾 2005年01月13日(木) 本格版 249号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:NW15-04

 クライアントサーバ方式に関する記述として,最も適切なものはどれか。

ア パソコンとワークステーションをLANで接続したシステムの構成方式の総称であり,パソコンをクライアント,ワークステーションをサーバと呼ぶ。

イ プロセス間通信機能を利用し,一連の処理を,サービスを受けるプロセスと,そのサービスを提供するプロセスとに分離したものである。

ウ ホストコンピュータの一部の機能と処理対象のデータファイルを端末に分散することによって,負荷の分散を図ることを主目的としたものである。

エ ホストコンピュータの代わりに配した複数のワークステーションと端末を接続し,負荷の水平分散を図ることを主目的としたものである。

Posted by g@kko at 2005/01/13 08:50 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月12日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年01月12日(水) 本格版 248号 第1問

示現塾 2005年01月12日(水) 本格版 248号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:CM15-03

 RPCに関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア 遠隔地のコンピュータで実行しているプログラムの開始と終了を指示する技術

イ 遠隔地のコンピュータに存在するプログラムが提供する手続を,あたかも同一コンピュータにあるように利用できる技術

ウ 遠隔地のコンピュータに存在するプログラムのバージョンを,自コンピュータと同一に保つ技術

エ 遠隔地のコンピュータにプログラムを配信する技術

Posted by g@kko at 2005/01/12 07:59 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月11日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年01月11日(火) 本格版 247号 第1問

示現塾 2005年01月11日(火) 本格版 247号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW13-35

 分散システムの設計に関する記述として,適切なものはどれか。

ア 処理効率の向上は望めないので,運用性や信頼性の向上に重点をおく。

イ データの分散配置を検討する際は,データの更新処理の実行場所を特定し,マスタデータの配置を決定することから始める。

ウ 並列に処理を行うと問題が発生するような場合には,その処理プログラムはクライアント側に配置する。

エ ユーザの存在場所とデータの配置を決定すると,それに伴ってプロセスの配置が自動的に決まる。

Posted by g@kko at 2005/01/11 07:22 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17 ) 次へ