前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14 ) 次へ

2004年12月08日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, システムの開発と運用 ]

H13AM15: 示現塾 2004年12月08日(水) 本格版 213号 第3問

示現塾 2004年12月08日(水)本格版 213号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-1/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:DB13-15

 データ型に関する記述のうち,抽象データ型の記述として適切なものはどれか。


ア 同じ構造をもつデータを1列に並べたものとして定義し,可変長データとして扱うことができる。

イ データ型の定義の中にそのデータ型に関する操作を記述し,データへのアクセスはそこに記述された操作だけを用いて行う。

ウ 同一の型のデータを指定された個数だけ並べたものとして定義し,各データへのアクセスはインデックスを用いて行う。

エ 名前のついた変数の組で表され,構造をもった対象を扱うときに用いられる。

Posted by g@kko at 2004/12/08 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月07日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年12月07日(火) 本格版 212号 第3問

示現塾 2004年12月07日(火)本格版 212号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-41

 プログラム言語におけるデータ型に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 実数型は,有限長の 2 進数で表現され,数学での実数集合と一致する。
イ 整数型は,2 の補数表示を使用すると 8 ビットでは -128~127 が扱える。
ウ 文字型は,入出力装置で扱うための英文字の集合を定めたものである。
エ 論理型は,AND,OR,NOT の三つの値をもつ。

Posted by g@kko at 2004/12/07 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月06日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年12月06日(月) 本格版 211号 第3問

示現塾 2004年12月06日(月)本格版 211号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-2-2/技術レベル-I/出題頻度-高/出典:SS14-12

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-06-3.htm

 自社でアプリケーションソフトウェアを開発した。稼働後の修正保守,予防保守,適合保守を考慮に入れたソフトウェア保守費用の推移を表したグラフとして,適切なものはどれか。ここで,グラフの横軸は稼働開始から使用停止までの経過時間,縦軸は単位期間当たりの保守費用とする。

Posted by g@kko at 2004/12/06 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月05日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年12月05日(日) 本格版 210号 第3問

示現塾 2004年12月05日(日)本格版 210号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-2-1/技術レベル-I /出題頻度-低/出典:SS14-13

 Web サーバの日常管理として,そのログファイルを分析している。そこから分かるものはどれか。

ア アクセスされたページ
イ 閲覧者が利用しているコンピュータ機種名
ウ 閲覧者側のブラウザ表示速度
エ サーバ上の HTML ファイルと画像ファイルの数

Posted by g@kko at 2004/12/05 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月04日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年12月04日(土) 本格版 209号 第3問

示現塾 2004年12月04日(土)本格版 209号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-2-1/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SS15-13

 システム運用におけるデータの処理に関する記述のうち,最も適切なものはどれか。


ア エラーデータの修正は,データの発生元で行うものと,運用部門で行うものに分けて実施する。

イ 原始データの信ぴょう性のチェックや受渡しの管理は,システム運用部門の重要な業務である。

ウ データの発生元でエラーデータを修正すると時間がかかるので,できるだけ運用部門に任せる方がよい。

エ 入力データのエラー検出は,データを処理する段階で行うよりも,入力段階で行った方が検出及び修正の作業効率が良い。

Posted by g@kko at 2004/12/04 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月03日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年12月03日(金) 本格版 208号 第3問

示現塾 2004年12月03日(金)本格版 208号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-7/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SS14-10

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-03-3.htm

 図のアローダイアグラムの説明のうち,適切なものはどれか。

ア ②→④の仕事が 1 日早く終われば,全体の仕事も 1 日早く終わる。
イ ②→⑤の仕事が 1 日早く終われば,全体の仕事も 1 日早く終わる。
ウ ③→⑤の仕事が 1 日早く終われば,全体の仕事も 1 日早く終わる。
エ ⑥→⑧の仕事が 1 日早く終われば,全体の仕事も 1 日早く終わる。

Posted by g@kko at 2004/12/03 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月02日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年12月02日(木) 本格版 207号 第3問

示現塾 2004年12月02日(木)本格版 207号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-7/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SS15-11

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-02-3.htm

 アローダイアグラムで示す工程に基づいてシステム開発を進めたい。各作業をそれぞれ最も早く開始するとき,必要となる人数の推移を表す図はどれか。ここで,図中のそれぞれの作業に付けた数字は,作業に必要な日数と,1日当たりの必要人数を表す。

Posted by g@kko at 2004/12/02 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月01日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年12月01日(水) 本格版 206号 第4問

示現塾 2004年12月01日(水)本格版 206号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-74

 クライアントサーバシステムにおいて,クライアント側からストアドプロシージャを利用したときの利点に関する記述として,適切なものはどれか。

ア クライアントとサーバ間の通信量を削減できる。
イ クライアントとサーバ双方のメモリ使用量を削減できる。
ウ サーバのデータベースアクセス量を軽減できる。
エ 処理の分散化を図ることができる。

Posted by g@kko at 2004/12/01 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年12月01日(水) 本格版 206号 第3問

示現塾 2004年12月01日(水)本格版 206号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-7/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SS14-11

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-01-3.htm

 表は,ある人が 1 人でプログラム開発を開始するときに立てた計画表である。6 月 1 日に作業を開始し,6 月 16 日までは計画どおりに進んだ。6 月 17 日の終了時点でコンパイル作業の 50% を終了した。6 月 17 日の終了時点で,テスト完了までのすべての工程の何 % (小数点以下は四捨五入する)が終了したことになるか。ここで,開発は,土・日曜日を除く週 5 日間で行う。

Posted by g@kko at 2004/12/01 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月30日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月30日(火) 本格版 205号 第3問

示現塾 2004年11月30日(火) 本格版 205号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-7/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SW13-58

 システム開発においては,全体の期間を幾つかの開発工程に分割し,それぞれの始めと終わりを明確にすることが有効であり,その中である意思決定をする時点をマイルストーンという。マイルストーンとして,最も適切なものはどれか。

ア 基本設計書の草案の作成が終了する時点
イ モジュールのコーディングが 50% 終了する時点
ウ モジュールの仕様書が承認される時点
エ 要求項目のインタビューが終了する時点

Posted by g@kko at 2004/11/30 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月29日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月29日(月) 本格版 204号 第3問

示現塾 2004年11月29日(月) 本格版 204号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-7/技術レベル-I/出題頻度-低/出典:SS15-12

 プロジェクトの進捗管理技法のうち,作業達成度評価モデルの特徴はどれか。
 
ア 計画と実績を見やすく対比して,作業の開始・終了予定時点や現在の作業の状況を把握できる。
イ 作業の順序・相互関係が明確で,重要作業の把握が容易であり,プロジェクトの総所要日数が計算できる。
ウ 進捗管理上で重要作業が終了する時点や,意思決定を必要とする時点を明確に設定できる。
エ フェーズやタスクの作業項目の消化数によって,進捗を定量的に把握できる。

Posted by g@kko at 2004/11/29 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14 ) 次へ