前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14 ) 次へ

2004年11月17日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月17日(水) 本格版 192号 第3問

示現塾 2004年11月17日(水) 本格版 192号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-I/出題頻度-低/出典:CM15-20

 コードからデータの内容が連想できるものはどれか。

ア シーケンスコード        
イ デシマルコード
ウ ニモニックコード        
エ ブロックコード

Posted by g@kko at 2004/11/17 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月16日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月16日(火) 本格版 191号 第3問

示現塾 2004年11月16日(火) 本格版 191号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-I/出題頻度-低/出典:CM14-19

 連想コード(mnemonic code)に関する記述として,適切なものはどれか。

ア EBCDIC コード,ASCII コードなどが,その例である。
イ 課コードの上位のけたを部コードにするというように,コードの各けたに意味をもたせるものである。
ウ 仮想記憶方式のハードウェアで行うアドレス変換を高速化するために用いられる。
エ コード化の対象となるものの名称や略号をコードの一部に取り入れたものである。

Posted by g@kko at 2004/11/16 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月15日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月15日(月) 本格版 190号 第3問

示現塾 2004年11月15日(月) 本格版 190号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:CM15-27

 コードにチェックディジットを付加する目的はどれか。

ア コードの入力誤りや読取り誤りを検出する。
イ コードの入力時間を短縮する。
ウ 入力されたコードの重複を検出する。
エ 入力されたコードの文字種を検査する。

Posted by g@kko at 2004/11/15 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月14日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用, 誤答管理 ]

示現塾 2004年11月14日(日) 本格版 189号 第3問

示現塾 2004年11月14日(日) 本格版 189号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-I/出題頻度-低/出典:AU13-06

 モジュール強度は,機能的強度,情報的強度,連絡的強度,手順的強度,時間的強度,論理的強度,暗合的強度に分類される。モジュール強度に関するこのような概念を導入する目的はどれか。

ア 機能的強度をもつモジュールと情報的強度をもつモジュールだけで構成されるプログラムを,最も望ましいものとして普及させるため。

イ どのようなプログラムも,機能的強度をもつモジュールと情報的強度をもつモジュールだけで構成できることを証明するため。

ウ どのレベルまでモジュールを細分化したらよいかについて,設計の標準を提供するため。

エ モジュール強度の強弱を認識して,設計者がモジュールを作成したり利用したりできるようにするため。

Posted by g@kko at 2004/11/14 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月13日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月13日(土) 本格版 188号 第3問

示現塾 2004年11月13日(土) 本格版 188号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-I/出題頻度-低/出典:SW14-50

 モジュールの独立性を高めるには,モジュール結合度を弱くする必要がある。モジュール間の情報の受渡しに関する記述のうち,モジュール結合度が最も弱いものはどれか。

ア 共通域に定義したデータを,関係するモジュールが参照する。
イ 制御パラメタを引数として渡し,モジュールの実行順序を制御する。
ウ データ項目だけをモジュール間の引数として渡す。
エ 必要なデータだけを外部宣言して共有する。

Posted by g@kko at 2004/11/13 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月12日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月12日(金) 本格版 187号 第3問

示現塾 2004年11月12日(金) 本格版 187号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SW16-58

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-12-3.htm

 オブジェクト指向において,図のような階層のクラスを構成する場合,クラス間の関係の説明として,適切なものはどれか。

ア "バス","トラック"などのクラスが"自動車"のデータを引き継ぐことを,インスタンスという。
イ "バス","トラック"などのクラスの共通部分を抽出して,"自動車"のクラスとして定義することを,汎化という。
ウ "バス","トラック"などのクラスは,"自動車"のクラスに対して,スーパクラスという。
エ "バス","トラック"などのそれぞれのクラスの違いを"自動車"のクラスとして定義することを,特化という。

Posted by g@kko at 2004/11/12 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月11日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月11日(木) 本格版 186号 第3問

示現塾 2004年11月11日(木) 本格版 186号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SW15-48

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-11-3.htm

 汎化を表す図はどれか。

Posted by g@kko at 2004/11/11 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月10日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月10日(水) 本格版 185号 第4問

示現塾 2004年11月10日(水) 本格版 185号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SW13-73

 正規化の目的に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア 各種のデータモデルにおいて,データの重複を排除し,データベースのアクセス効率を高める。

イ 属性間の依存関係を関数従属性や多値従属性でとらえ,その従属関係を最小化することによって,物理的 I/O 回数を最小にする。

ウ 第 3 正規形まで正規化を行うことによって,だれが作業しても同じ関係表が得られ,データベース設計における属人性が排除できる。

エ データの重複を排除し,データベース操作に伴う重複更新や矛盾の発生を防ぐ。

Posted by g@kko at 2004/11/10 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月10日(水) 本格版 185号 第3問

示現塾 2004年11月10日(水) 本格版 185号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SS15-10

 オブジェクト指向における汎化の説明として,適切なものはどれか。
 
ア あるクラスを基に,これを幾つかの性質を付加することによって,新しいクラスを定義する。
イ 幾つかのクラスに共通する性質だけをもつクラスを定義する。
ウ オブジェクトのデータ構造から所有の関係を見つける。
エ 同一名称のメソッドをもつオブジェクトを抽象化してクラスを再定義する。

Posted by g@kko at 2004/11/10 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月09日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月09日(火) 本格版 184号 第3問

示現塾 2004年11月09日(火) 本格版 184号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:NW13-14

 オブジェクト指向の概念で,上位のクラスのデータやメソッドを下位のクラスで再利用できる性質を何というか。

ア インヘリタンス        
イ カプセル化
ウ 抽象化           
エ ポリモーフィズム

Posted by g@kko at 2004/11/09 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月08日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月08日(月) 本格版 183号 第3問

示現塾 2004年11月08日(月) 本格版 183号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-I/出題頻度-高/出典:CM13-19

 オブジェクト指向において,個々のオブジェクトはその役割を遂行するのに必要な属性とメソッドを内部にもっている。この属性とメソッドを一つにまとめた構造にする概念を何というか。

ア インスタンス   
イ カプセル化   
ウ クラス化   
エ メッセージ

Posted by g@kko at 2004/11/08 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14 ) 次へ