前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14 ) 次へ

2004年11月07日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月07日(日) 本格版 182号 第3問

示現塾 2004年11月07日(日) 本格版 182号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-I /出題頻度-中/出典:SW16-53

 ソフトウェアの要求定義や設計仕様として記述する可能性があるものを,次の三つに分類して考える。それぞれの分類をDFD に記述するかどうかについて,適切に示しているものはどれか。

〔分類〕
a ソフトウェアが正常に機能しているときの処理(正常処理)
b 例外処理や異常処理
c ある処理の後,どこの箇所へ飛び越すなどといった制御手順

   a       b        c
   -------- ----------- -----------
ア  記述する  記述しない  記述しない
イ  記述する  記述しない  記述する
ウ  記述する  記述する   記述しない
エ  記述する  記述する   記述する

Posted by g@kko at 2004/11/07 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月06日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月06日(土) 本格版 181号 第3問

示現塾 2004年11月06日(土) 本格版 181号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SW14-46

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-06-3.htm

 受注処理に関する図 1 の E-R 図に対応した図 2 の DFD を作成した。図 2のデータストア Z に相当するエンティティはどれか。ここで,E-R 図におけるエンティティ間の関係は,1 の方を 1,* 印の方を多とする。

ア 顧客マスタファイル     
イ 在庫ファイル
ウ 商品マスタファイル     
エ 注文明細ファイル

Posted by g@kko at 2004/11/06 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月05日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月05日(金) 本格版 180号 第3問

示現塾 2004年11月05日(金) 本格版 180号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SS14-08

 DFD の説明として,適切なものはどれか。

ア 業務などの処理手順を流れ図記号を用いて視覚的に表現したもの
イ システムの状態がどのように推移していくかを視覚的に表現したもの
ウ データの構造を,"実体"と"実体間の関連"という概念を用いて視覚的に表現したもの
エ 適用業務をデータの流れに注目して,視覚的に表現したもの

Posted by g@kko at 2004/11/05 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月04日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月04日(木) 本格版 179号 第3問

示現塾 2004年11月04日(木) 本格版 179号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-I/出題頻度-高/出典:SS15-09

 DFD で用いる記号の一つであるバブル(丸印)の意味はどれか。
 
ア データの吸収
イ データの源泉
ウ データの処理
エ データの蓄積

Posted by g@kko at 2004/11/04 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月03日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月03日(水) 本格版 178号 第3問

示現塾 2004年11月03日(水) 本格版 178号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SD13-15

 DFD で用いられる図形要素を列記したものはどれか。

ア 関連,実体,属性
イ 源泉と吸収,実体,データフロー
ウ 源泉と吸収,データストア,プロセス
エ 属性,データストア,データフロー

Posted by g@kko at 2004/11/03 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月02日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月02日(火) 本格版 177号 第3問

示現塾 2004年11月02日(火) 本格版 177号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-4/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:CM14-15

 RAD(Rapid Application Development)に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア エンドユーザは,開発の最初と最後のフェーズのワークショップに参加する。

イ 設計と製造を分けて,それぞれのスペシャリストによるチームで開発する。

ウ ライフサイクルには,計画フェーズ,開発フェーズ,テストフェーズの三つがある。

エ ライフサイクルの無制限な繰返しを防ぐため,タイムボックスと呼ばれる一定の開発期間を設定する。

Posted by g@kko at 2004/11/02 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月01日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月01日(月) 本格版 176号 第3問

示現塾 2004年11月01日(月) 本格版 176号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-3/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:CM13-14

 ソフトウェア開発組織で独自にプログラミング規約を定めることがある。それらの規約に対する違反を検出する機能をもつツールはどれか。

ア コードオーディタ
イ スナップショット
ウ トレーサ
エ リンカ

Posted by g@kko at 2004/11/01 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年10月31日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年10月31日(日) 本格版 175号 第3問

示現塾 2004年10月31日(日) 本格版 175号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-3/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:CM15-14

 システム開発において,システムを幾つかのサブシステムに分け,それぞれについて分析・設計・開発・テストを繰り返しながら徐々にシステムを作成した。開発の進め方として,最も適切なものはどれか。


ア 画面のプロトタイブを繰り返し作成し,利用者の要求を確認しながら開発を進めた。

イ この方法は,利用者からの要求を容易に取り込めるので,すべての要求を取り込んで開発した。

ウ 実務で使用しながら改良していくので,実稼働前のテストは簡単な動作確認だけを実施した。

エ データベースの更新方法や,画面レイアウトの仕様などを個々のサブシステムごとに設定した。

Posted by g@kko at 2004/10/31 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年10月30日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年10月30日(土) 本格版 174号 第3問

示現塾 2004年10月30日(土) 本格版 174号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-1/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SW16-42

 異なる命令形式をもつコンピュータで使用するための目的プログラムを生成する言語処理プログラムはどれか。

ア エミュレータ     
イ クロスコンパイラ
ウ ジェネレータ     
エ シミュレータ

Posted by g@kko at 2004/10/30 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年10月29日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年10月29日(金) 本格版 173号 第3問

示現塾 2004年10月29日(金) 本格版 173号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-1/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SW15-42

 SGML の説明として,適切なものはどれか。

ア 英文の文書の構造を表現するために用い,和文の場合には適さない。

イ 標準化の対象として印刷用制御コードが含まれている。これによってプリンタのハードウェアが標準化される。

ウ 文書を構造化して記述するための言語の一つであり,<title>のようなタグを付けて文書の構造を表現する。

エ 文字の大きさや段組みなどのレイアウトを標準化するための言語である。

Posted by g@kko at 2004/10/29 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14 ) 次へ