前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14 )

2004年10月28日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年10月28日(木) 本格版 172号 第3問

示現塾 2004年10月28日(木) 本格版 172号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-1/技術レベル-I/出題頻度-高/出典:SD15-11

 Java の特徴に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア Java アプレットは,ダウンロードしてきたサーバ以外のマシンとも通信できる。

イ Java コンパイラがソースコードをバイトコードに変換し,Java 仮想マシンがバイトコードを実行する。

ウ Java で開発したプログラムを異なるアーキテクチャのマシンで実行するため には,再コンパイルが必要である。

エ Java で開発したプログラムを実行するためには,ブラウザが必要である。

Posted by g@kko at 2004/10/28 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年10月27日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用, 誤答管理 ]

示現塾 2004年10月27日(水) 本格版 171号 第3問

示現塾 2004年10月27日(水) 本格版 171号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-1/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:CM14-13

 無条件分岐命令(goto文)をもたないプログラム言語を用いると,構造化プログラミングの推奨する"無条件分岐命令の使用をできるだけ避ける"ことを促進することができる。無条件分岐命令をもたないプログラム言語はどれか。

ア C++    
イ COBOL    
ウ Java    
エ Pascal

Posted by g@kko at 2004/10/27 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年10月26日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年10月26日(火) 本格版 170号 第3問

示現塾 2004年10月26日(火) 本格版 170号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-1/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:NW15-11

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-10-26-3.htm

 プログラムの構造に関する次の記述の下線部a~dに,誤りが一つある。誤りの箇所と正しい字句の適切な組合せはどれか。

Posted by g@kko at 2004/10/26 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年10月25日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年10月25日(月) 本格版 169号 第3問

示現塾 2004年10月25日(月) 本格版 169号

第3問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-1/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:CM14-11

 再入可能(リエントラント)プログラムに関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア 再入可能プログラムは,局所変数をタスク単位に格納しなければならない。

イ 再入可能プログラムは,逐次再使用可能プログラムから呼び出すことはできない。

ウ 実行途中で待ち状態が発生するプログラムは,再入可能ではない。

エ 逐次再使用可能なプログラムは,再入可能プログラムとして使用できる。

Posted by g@kko at 2004/10/25 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14 )