前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13 ) 次へ

2004年12月05日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月05日(日) 本格版 210号 第4問

示現塾 2004年12月05日(日)本格版 210号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM13-24

 データベースシステムの排他制御におけるロックの粒度に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 大量の更新を行う場合は,ロックの粒度は細かい方がよい。
イ ロックの粒度が細かい方が,CPUの負荷は小さい。
ウ ロックの粒度が細かい方が,デッドロックは多い。
エ ロックの粒度が細かい方が,ロック待ちは少ない。

Posted by g@kko at 2004/12/05 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月04日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月04日(土) 本格版 209号 第4問

示現塾 2004年12月04日(土)本格版 209号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW16-73

 トランザクションの同時実行制御に用いられるロックの動作に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 共有ロック中に発生した共有ロックの要求は認める。
イ 共有ロック中に発生した占有ロックの要求は認める。
ウ 占有ロック中に発生した共有ロックの要求は認める。
エ 占有ロック中に発生した占有ロックの要求は認める。

Posted by g@kko at 2004/12/04 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月03日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月03日(金) 本格版 208号 第4問

示現塾 2004年12月03日(金)本格版 208号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM13-21

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-03-4.htm

 次の図に示すトランザクションAとBが,共通の資源であるテーブルaとテーブルbを更新しようとしたときに,デッドロックが発生するのはどの時点か。ここで,図中の番号はその処理の実行順序を示す。テーブルのロックは個々のテーブルごとにそのテーブルの更新直前に行い,トランザクション終了時にアンロックを行うものとする。

ア ③      
イ ④      
ウ ⑤      
エ ⑥

Posted by g@kko at 2004/12/03 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月02日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月02日(木) 本格版 207号 第4問

示現塾 2004年12月02日(木)本格版 207号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SD14-10

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-02-4.htm

 あるデータベースシステムにおいて,プログラムは,データに対するアクセスモードとして,共用か排他を選ぶ。二つのプログラムが同一データヘのアクセス要求を行うとき,後続プログラムのアクセス要求に対する並行実行の可否の組合せのうち,適切なものはどれか。ここで,表中の○は二つのプログラムが並行して実行されることを表し,×は先行プログラムの実行終了まで後続プログラムが待たされることを表す。

Posted by g@kko at 2004/12/02 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月30日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, データベース技術 ]

H13AM41: 示現塾 2004年11月30日(火) 本格版 205号 第4問

示現塾 2004年11月30日(火) 本格版 205号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB13-41

 ストアドプロシージャに関する記述として,適切なものはどれか。

ア SQL 文の実行順序を制御する文を含めることはできない。
イ SQL 文をクライアントにダウンロードして実行する。
ウ 最適化された共通アクセス方法をアプリケーションに提供できる。
エ 複数のSQL文を含んでいてはならない。

Posted by g@kko at 2004/11/30 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月29日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月29日(月) 本格版 204号 第4問

示現塾 2004年11月29日(月) 本格版 204号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM14-40

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-29-4.htm

 Webページヘのアクセス件数を調べる目的でアクセスカウンタを作成した。図に示すとおり,2人の閲覧者が同時にアクセスしたところ,サーバ内の処理は①~④の順序で実行された。2人がアクセスする前のアクセスカウンタの値が100であったとすると,処理④が終了した時点のアクセスカウンタの値は幾つになるか。

ア 100      
イ 101      
ウ 102      
エ 104

Posted by g@kko at 2004/11/29 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月28日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM30: 示現塾 2004年11月28日(日) 本格版 203号 第4問

示現塾 2004年11月28日(日) 本格版 203号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB16-30

 SQLにおけるオブジェクトの処理権限に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 権限の種類はINSERT,DELETE,UPDATEの三つである。
イ 権限は実表だけに適用でき,ビューには適用できない。
ウ 権限を取り上げるにはREVOKE文を用いる。
エ 権限を付与するにはCOMMIT文を用いる。

Posted by g@kko at 2004/11/28 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月27日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月27日(土) 本格版 202号 第4問

示現塾 2004年11月27日(土) 本格版 202号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-71

 埋込み SQL において,問合せによって得られた導出表を 1 行ずつ親プログラムに引き渡す操作がある。この操作と関係の深い字句はどれか。

ア CURSOR
イ ORDER BY
ウ UNION
エ UNIQUE

Posted by g@kko at 2004/11/27 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月26日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM33: 示現塾 2004年11月26日(金) 本格版 201号 第4問

示現塾 2004年11月26日(金) 本格版 201号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-2/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:DB15-33

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-26-4.htm

 "注文"表と"商品"表の二つに対して,四つのビューを定義した。このうち更新可能なビューはどれか。

ア CREATE VIEW 顧客V (顧客番号,顧客名)
        AS SELECT DISTINCT 顧客番号,顧客名 FROM 注文

イ CREATE VIEW 商品V (商品番号,商品名)
        AS SELECT 商品番号,商品名 FROM 商品

ウ CREATE VIEW 注文V (注文番号,注文日,顧客番号,合計金額)
        AS SELECT 注文番号,注文日,顧客番号,SUM(金額) FROM 注文
              GROUP BY 注文番号,注文日,顧客番号

エ CREATE VIEW 注文明細V (注文番号,商品番号,数量,単価,金額)
        AS SELECT 注文番号,注文.商品番号,数量,単価,金額
              FROM 注文,商品 WHERE 注文.商品番号 = 商品.商品番号

Posted by g@kko at 2004/11/26 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月25日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM33: 示現塾 2004年11月25日(木) 本格版 200号 第4問

示現塾 2004年11月25日(木) 本格版 200号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-2/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:DB16-33

 更新可能なビューを作成するSQL文はどれか。ここで,SQL文中に現れる表はすべて更新可能とする。

ア CREATE VIEW 高額商品(商品番号, 商品名)
  AS SELECT 商品番号, 商品名 FROM 商品 WHERE 商品単価 > 1000

イ CREATE VIEW 商品受注(商品番号, 受注数量)
  AS SELECT 商品番号, SUM(受注数量) FROM 受注 GROUP BY 商品番号

ウ CREATE VIEW 受注一覧(受注番号, 商品名, 受注数量)
  AS SELECT 受注番号, 商品名, 受注数量 FROM 受注, 商品
  WHERE 受注.商品番号 = 商品.商品番号

エ CREATE VIEW 受注商品(商品番号)
  AS SELECT DISTINCT 商品番号 FROM 受注

Posted by g@kko at 2004/11/25 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13 ) 次へ