前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13 ) 次へ

2004年11月14日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月14日(日) 本格版 189号 第4問

示現塾 2004年11月14日(日) 本格版 189号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-70

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-14-4.htm

 "社員"表を四つの表に分割した。"キー以外の項目はキー項目だけに従属する"という条件を満たさない表はどれか。ここで,下線部は主キーを表す。

Posted by g@kko at 2004/11/14 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月13日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, データベース技術 ]

示現塾 2004年11月13日(土) 本格版 188号 第4問

示現塾 2004年11月13日(土) 本格版 188号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW13-72

 次の関係"注文"の属性に(1)~(7)の関数従属性があるとき,主キー属性の組として正しいものはどれか。ここで,(A,B)という記述は,A と B の属性の組を表す。また,A → C という記述は,C が A に関数従属していることを示す。

関係"注文"
 (注文番号,注文日,顧客番号,顧客名,商品番号,商品名,数量,金額)

関数従属性
 (1) 注文番号 → 注文日       (2) 注文番号 → 顧客番号
 (3) 注文番号 → 顧客名      (4) 顧客番号 → 顧客名
 (5) (注文番号,商品番号) → 数量 (6) (注文番号,商品番号) → 金額
 (7) 商品番号 → 商品名

ア (注文番号)
イ (注文番号,顧客番号)
ウ (注文番号,顧客番号,商品番号)
エ (注文番号,商品番号)

Posted by g@kko at 2004/11/13 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (1) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月12日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM23: 示現塾 2004年11月12日(金) 本格版 187号 第4問

示現塾 2004年11月12日(金) 本格版 187号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB16-23

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-12-4.htm

 第2正規形であるが第3正規形でない表はどれか。ここで,講義名に対して担当教員は一意に決まり,所属コードに対して勤務地は一意に決まるものとする。また,{ }は繰返し項目を表し,下線部のデータ項目は主キーを表す。

Posted by g@kko at 2004/11/12 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月11日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月11日(木) 本格版 186号 第4問

示現塾 2004年11月11日(木) 本格版 186号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SM14-36

 関係データベースにおいて,第1正規形,第2正規形,第3正規形と,正規化を進めることによって得られる効果はどれか。

ア データベースの参照性能をより向上させることができる。
イ データベースの冗長性と矛盾を避けることができる。
ウ データベースのセキュリティを高めることができる。
エ テーブルの数を減らすことができる。

Posted by g@kko at 2004/11/11 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月09日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月09日(火) 本格版 184号 第4問

示現塾 2004年11月09日(火) 本格版 184号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:SW13-70

 データモデルには階層モデル,ネットワークモデル及び関係モデルの三つがある。このうちの階層モデルに関する説明として,適切なものはどれか。

ア データが幾つかの 2 次元の表として表現される。
イ 一つのレコードに対して,複数の親レコードがあり得る。
ウ 網状の構造をもつ対象を表現するときには,冗長な表現となる。
エ レコード間の関連付けはあらかじめ設計する必要はなく,データ操作の中で動的に行うことができる。

Posted by g@kko at 2004/11/09 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月08日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月08日(月) 本格版 183号 第4問

示現塾 2004年11月08日(月) 本格版 183号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW13-71

 関係データベースのキーに関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア インデックスを付与した列又は列の組は,必ず候補キーである。
イ 候補キーとは,表の中の行を一意に識別する列又は列の組であり,一つの表に対して一つだけである。
ウ 候補キーには,必ずインデックスを付与しなければならない。
エ 主キーは,一つの表内に一つだけであり,一意性を保証するためにNULL 値は認められない。

Posted by g@kko at 2004/11/08 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月07日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月07日(日) 本格版 182号 第4問

示現塾 2004年11月07日(日) 本格版 182号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SM13-36

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-03-12-1.htm

 次の二つのエンティティ間には受講という多対多の関係が生じている。これを1対多,多対1の関係とするために追加すべきエンティティの属性として,適切なものはどれか。ここで,下線部は主キーを表す。

ア 学籍番号,科目番号       
イ 学籍番号,科目名
ウ 学籍番号,氏名,科目番号   
エ 氏名,科目名

Posted by g@kko at 2004/11/07 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月06日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, データベース技術 ]

H13AM33: 示現塾 2004年11月06日(土) 本格版 181号 第4問

示現塾 2004年11月06日(土) 本格版 181号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB13-33

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-06-4.htm

 E-R図の解釈として,正しいものはどれか。ここで,→は1対多のカーディナリティを表し,ロールを添えてある。ロールはその作用の方向に沿って左側に置かれる。また,[ ]の内容は,その対応づけの制約条件を表す。

ア 上位分類の種類は下位分類の種類より多い可能性がある。
イ 商品分類体系がネットワーク構造になることはない。
ウ 商品分類体系には上位分類と下位分類の2階層だけが存在する
エ 分類階層がループする可能性がある。

Posted by g@kko at 2004/11/06 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月05日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月05日(金) 本格版 180号 第4問

示現塾 2004年11月05日(金) 本格版 180号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW15-70

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-05-4.htm

 販売会社が,商品の注文を受ける場合のエンティティ(顧客,商品,注文,注文明細)間の関係をモデル図で表現したい。a~d に入れるべきエンティティの組合せとして,適切なものはどれか。ここで,顧客は繰り返し注文を行い,同時に複数の商品を注文するものとする。また,多重度を,その関連を表す線のターゲット側に書き,"*"は 0 以上を表す。 

Posted by g@kko at 2004/11/05 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月04日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月04日(木) 本格版 179号 第4問

示現塾 2004年11月04日(木) 本格版 179号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM14-38

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-04-4.htm

 次の表の関係を表すE-R図として,適切なものはどれか。ここで,表定義中の実線は主キーを,破線は外部キーを表す。E-R図の線上の記述はカーディナリティであり,*は多を表す。

Posted by g@kko at 2004/11/04 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13 ) 次へ