前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13 )

2004年11月03日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月03日(水) 本格版 178号 第4問

示現塾 2004年11月03日(水) 本格版 178号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW13-75

 関係データベースのアクセス効率に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア 最初に最適なアクセスパスを一つ用意しておけば,データ量が増加しても効率は低下しない。

イ すべての読取りアクセスは,必ずインデックスを使うアクセスパスにする方が効率が良い。

ウ データの更新頻度が高い列に対しては,インデックスを設けない方が効率が良い。

エ 同時に多くのトランザクションを処理するときも,排他制御機能を利用することによって,効率を低下させずに処理することができる。

Posted by g@kko at 2004/11/03 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月02日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術, 誤答管理 ]

示現塾 2004年11月02日(火) 本格版 177号 第4問

示現塾 2004年11月02日(火) 本格版 177号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-75

 DBMS における整合性制約の説明として,適切なものはどれか。


ア ある項目が変更されるときに許される値についての制約を,形式制約という。

イ ある項目のデータ型やけた数などについての制約を,属性制約という。

ウ 階層型データベースにおける親子関係の制約は,関係データベースの更新制約に相当する。

エ 更新時に,関連する表間で不整合を起こさせないための制約を,参照制約という。

Posted by g@kko at 2004/11/02 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (5) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月01日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月01日(月) 本格版 176号 第4問

示現塾 2004年11月01日(月) 本格版 176号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:CM13-15

 関係データベースのビューを使うことで得られる利点に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 集計関数の結果にも名称を付与することができ,この名称を使って効率良く結果の更新ができる。

イ ビューにCREATE RULE文を使ってアクセス権限を与えることによって,実表の特定の行や列に対してアクセス許可を与えることができる。

ウ 複数のSQL文やよく利用される計算式などを,親言語の機能を使用して一つのビューとしてまとめることによって,保守の負荷を軽減できる。

エ 複数のテーブルの結合,計算,特定の行や列の選定など,複雑な検索をビューに定義することによって,プログラミングの負荷を軽減できる。

Posted by g@kko at 2004/11/01 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年10月31日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年10月31日(日) 本格版 175号 第4問

示現塾 2004年10月31日(日) 本格版 175号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW15-72

 ビューに関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア ビューは,元の表から指定した列全体を抜き出して定義するものであり,指定条件を満足する行だけを抜き出して定義することはできない。

イ ビューでは,元の表の列名を異なる名称で定義することができる。

ウ 二つ以上の表の結合によって定義されたどんなビューに対しても,更新操作を行うことができる。

エ 元の表に新たな列を追加するときは,既存のビューにも影響がでるので,ビューを再定義する必要がある。

Posted by g@kko at 2004/10/31 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年10月30日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術, 誤答管理 ]

示現塾 2004年10月30日(土) 本格版 174号 第4問

示現塾 2004年10月30日(土) 本格版 174号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SM15-36

 ANSI/SPARCの3層スキーマ構造で,データ処理上必要な現実世界のデータ全体を定義し,特定のアプリケーションプログラムに依存しないデータ構造を定義するスキーマとして,適切なものはどれか。

ア 概念スキーマ        
イ 外部スキーマ
ウ サブスキーマ        
エ 内部スキーマ

Posted by g@kko at 2004/10/30 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年10月29日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, H13午前, データベース技術 ]

H13AM21: 示現塾 2004年10月29日(金) 本格版 173号 第4問

示現塾 2004年10月29日(金) 本格版 173号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:DB13-21

 ANSI/SPARC 3 層スキーマに関する記述として,適切でないものはどれか。


ア ANSI/SPARC 3 層スキーマの意義は,物理的データ独立性,論理的データ独立性を確保することがである。

イ 外部スキーマは,実世界の変化によっても応用プログラムができるだけ影響を受けないようにするための考え方である。

ウ 関係データベースのビューやネットワークデータベースのサブスキーマは,概念スキーマに相当する。

エ 内部スキーマは,直接編成ファイルや VSAM ファイルなどの物理ファイルを用いて,概念スキーマをコンピュータ上に実装するための記述である。

Posted by g@kko at 2004/10/29 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (1) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年10月28日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年10月28日(木) 本格版 172号 第4問

示現塾 2004年10月28日(木) 本格版 172号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SW15-69

 DBMSが,3 層スキーマアーキテクチャを採用する目的として,適切なものはどれか。

ア 関係演算によって元の表から新たな表を導出し,それが実在しているように見せる。

イ 対話的に使われる SQL 文を,アプリケーションプログラムからも使えるようにする。

ウ データの物理的な格納構造を変更しても,アプリケーションプログラムに影響が及ばないようにする。

エ プログラム言語を限定して,アプリケーションプログラムと DBMS を緊密に結合する。

Posted by g@kko at 2004/10/28 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年10月27日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM21: 示現塾 2004年10月27日(水) 本格版 171号 第4問

示現塾 2004年10月27日(水) 本格版 171号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:DB14-21

 関係モデルの用語のうち,ANSI/SPARC 3 層スキーマの外部スキーマに対応するものはどれか。

ア アトリビュート            
イ タプル
ウ テーブル               
エ ビュー

Posted by g@kko at 2004/10/27 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年10月26日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年10月26日(火) 本格版 170号 第4問

示現塾 2004年10月26日(火) 本格版 170号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SM13-37

 データベースを記録媒体にどのように格納するかを記述したものはどれか。

ア 概念スキーマ            
イ 外部スキーマ
ウ サブスキーマ            
エ 内部スキーマ

Posted by g@kko at 2004/10/26 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年10月25日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年10月25日(月) 本格版 169号 第4問

示現塾 2004年10月25日(月) 本格版 169号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW15-71

 データモデルに関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 概念モデルの図式的記法の一つに,E-R モデルがある。

イ 概念モデルの一つに,関係モデルがある。

ウ 概念モデルはデータ定義を,論理モデルはその操作をそれぞれ記述する。

エ 論理モデルが決まると,データベースの物理構造は,ただ一つに定まる。

Posted by g@kko at 2004/10/25 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13 )