前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13 ) 次へ

2005年02月03日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, H15午前, データベース技術 ]

H15AM31: 示現塾 2005年02月03日(木) 本格版 270号 第4問

示現塾 2005年02月03日(木) 本格版 270号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-2/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-31

次のSQL文は,COBOLプログラムでテーブルAのレコードを読み込むためにカーソルを宣言している。(      )に入れるべき語句として,正しいものはどれか。

(      )  
SELECT * FROM A
ORDER BY 1, 2
END-EXEC

ア EXEC SQL DECLARE C1 CURSOR FOR
イ EXEC SQL DECLARE CURSOR FOR C1
ウ EXEC SQL OPEN CURSOR C1 FOR
エ EXEC SQL OPEN CURSOR DECLARE C1 FOR

Posted by g@kko at 2005/02/03 07:30 | 個別記事表示 | コメントを見る (1) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月02日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM34: 示現塾 2005年02月02日(水) 本格版 269号 第4問

示現塾 2005年02月02日(水) 本格版 269号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-2/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB16-34

 埋込みSQLに関する記述として,適切なものはどれか。


ア INSERTを実行する前に,カーソルをOPENしておかなければならない。

イ PREPAREは与えられたSQL文を実行し,その結果を自分のプログラム中に記録する。

ウ SQLでは一度に0行以上の集合を扱うのに対し,親言語では通常一度に1行のレコードしか扱えないので,その間をカーソルによって橋渡しする。

エ データベースとアプリケーションプログラムが異なるコンピュータ上にあるときは,カーソルによる1行ごとの伝送が効率的である。

Posted by g@kko at 2005/02/02 07:34 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月01日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM45: 示現塾 2005年02月01日(火) 本格版 268号 第4問

示現塾 2005年02月01日(火) 本格版 268号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-21/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB16-45

 DBMSの表において,指定した列にNULL値の入力は許すが,既に入力されている値の入力は禁止するSQLの制約はどれか。

ア CHECK             
イ PRIMARY KEY
ウ REFERENCES          
エ UNIQUE

Posted by g@kko at 2005/02/01 07:26 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月31日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM43: 示現塾 2005年01月31日(月) 本格版 267号 第4問

示現塾 2005年01月31日(月) 本格版 267号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-2/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB16-43

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-31-4.htm

 関係データベースの“注文”表と“注文明細”表が,次のように定義されている。“注文”表の行を削除すると,対応する“注文明細”表の行が,自動的に削除されるようにしたい。この場合,SQL文に指定する語句として,適切なものはどれか。ここで,表定義中の実線の下線は主キーを,破線の下線は外部キーを表す。

ア CASCADE     
イ INTERSECT     
ウ RESTRICT     
エ SET NULL

Posted by g@kko at 2005/01/31 07:07 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月30日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM32: 示現塾 2005年01月30日(日) 本格版 266号 第4問

示現塾 2005年01月30日(日) 本格版 266号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-2/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB16-32

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-30-4.htm

 “商品”表と“売上明細”表に対して,次のSQL文を実行した結果の表として,正しいものはどれか。ここで,結果の表中の“-”は,値が空値(NULL)であることを示す。

SELECT X.商品番号,商品名,数量
    FROM 商品 X LEFT OUTER JOIN 売上明細 Y
         ON X.商品番号 = Y.商品番号

Posted by g@kko at 2005/01/30 08:41 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月29日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM30: 示現塾 2005年01月29日(土) 本格版 265号 第4問

示現塾 2005年01月29日(土) 本格版 265号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-2/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-30

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-29-4.htm

 複数の事業部,部,課及び係のような組織階層の概念データモデルを,第3正規形の表,

   組織(組織ID, 組織名, …)
として実装した。組織の親子関係を表示するSQL文として, □ の中に入れるべき条件はどれか。ここで,“組織”表記述中の下線部は,主キーを表し,追加の属性を想定する必要がある。概念モデル中の多重度の“*”は0以上を表し,記述のないところは1とする。関連線にはターゲット側にロールを書き添えた。{階層}は組織階層がループしたり,ネットワークになったりしないことを指示する制約記述である。

ア 組織1.親組織ID = 組織2.子組織ID
イ 組織1.親組織ID = 組織2.組織ID
ウ 組織1.組織ID = 組織2.親組織ID
エ 組織1.組織ID = 組織2.組織ID

Posted by g@kko at 2005/01/29 10:25 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月28日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM35: 示現塾 2005年01月28日(金) 本格版 264号 第4問

示現塾 2005年01月28日(金) 本格版 264号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-2/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-35

 SQLの構文として,正しいものはどれか。

ア SELECT 注文番号,AVG(数量)
   FROM 注文明細

イ SELECT 注文番号,AVG(数量)
   FROM 注文明細
   GROUP BY 注文番号

ウ SELECT 注文番号,AVG(SUM(数量))
   FROM 注文明細
   GROUP BY 注文明細

エ SELECT 注文番号
   FROM 注文明細
   WHERE SUM(数量) > 1000
   GROUP BY 注文番号

Posted by g@kko at 2005/01/28 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月27日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM31: 示現塾 2005年01月27日(木) 本格版 263号 第4問

春の情報処理技術者試験日まで、あと80日

示現塾 2005年01月27日(木) 本格版 263号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-2/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-31

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-27-4.htm

 “製品”表と“在庫”表に対して,次のSQL文を実行した場合,実行結果として得られる表の行数は幾つか。

SELECT 製品番号 FROM 製品
   WHERE NOT EXISTS( SELECT 製品番号 FROM 在庫
              WHERE 製品番号 = 製品.製品番号 AND 在庫数 > 30 )

ア 1         
イ 2         
ウ 3         
エ 4

Posted by g@kko at 2005/01/27 08:49 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月26日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM34: 示現塾 2005年01月26日(水) 本格版 262号 第4問

示現塾 2005年01月26日(水) 本格版 262号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-2/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-34

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-26-4.htm

 次のSQL文は,和,差,直積,射影,選択の関係演算のうち,どの関係演算の組合せで表現されるか。ここで,下線部は主キーを表す。

SELECT 納品.顧客番号, 顧客名 FROM 納品, 顧客
    WHERE 納品.顧客番号 = 顧客.顧客番号

ア 差,選択,射影          
イ 差,直積,選択
ウ 直積,選択,射影        
エ 和,直積,射影

Posted by g@kko at 2005/01/26 07:41 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月25日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, データベース技術 ]

H13AM26: 示現塾 2005年01月25日(火) 本格版 261号 第4問

示現塾 2005年01月25日(火) 本格版 261号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-低/出典:DB13-26

 関係データベースの設計でデータの正規化を行う場合,ボイス・コッド正規形がよく用いられるが,そこまで正規化を進めずに第3正規形にとどめることがある。
 その場合の理由として,正しいものはどれか。

ア アンサーセットを事前に絞り込むため
イ 検索処理を高速化するため
ウ データ整合性を保証するため
エ デッドロックを回避するため

Posted by g@kko at 2005/01/25 06:56 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13 ) 次へ