前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13 ) 次へ

2005年01月24日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術, 誤答管理 ]

H15AM24: 示現塾 2005年01月24日(月) 本格版 260号 第4問

示現塾 2005年01月24日(月) 本格版 260号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-低/出典:DB15-24改

X表をボイスコッド正規形に分解したものはどれか。ここで,x → y は y が x
に関数従属していることを表す。

 X             X表に存在する関数従属性
 (a, b, c, d, e)       ab → c
                ab → d
                ab → e
                c → d
                e → a

ア (b, c, e), (c, d), (e, a)
イ (a, b, c, d), (e, a)
ウ (a, b, c, e), (c, d)
エ (a, b, c, e), (c, d), (e, a)

Posted by g@kko at 2005/01/24 08:42 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月23日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, データベース技術 ]

H13AM34: 示現塾 2005年01月23日(日) 本格版 259号 第4問

示現塾 2005年01月23日(日) 本格版 259号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB13-34

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-23-4.htm

 化粧品の製造を行っているA社では,販売代理店を通じて商品販売を行っている。今後の販売戦略に活用するために,次の三つの表からなるデータベースの作成を計画している。これらのデータを用いるだけでは得ることのできない情報はどれか。

ア 商品の販売数量の日別変化            
イ 性別ごとの売れ筋商品
ウ 販売代理店での購入者数の日別差異      
エ 販売代理店での購入者の年齢分布

Posted by g@kko at 2005/01/23 12:07 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月22日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM27: 示現塾 2005年01月22日(土) 本格版 258号 第4問

示現塾 2005年01月22日(土) 本格版 258号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-27

 次の表はどこまで正規化されたものか。

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-22-4.htm

ア 第2正規形
イ 第3正規形
ウ 第4正規形
エ 非正規形

Posted by g@kko at 2005/01/22 08:55 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月21日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, H13午前, データベース技術 ]

H13AM29: 示現塾 2005年01月21日(金) 本格版 257号 第4問

示現塾 2005年01月21日(金) 本格版 257号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB13-29

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-21-4.htm

 次の表を,第3正規形まで正規化を行った場合,幾つの表に分割されるか。ここで,顧客の1回の注文に対して1枚の受注伝票が作られ,顧客は1回の注文で一つ以上の商品を注文できるものとする。

ア 2
イ 3
ウ 4
エ 5

Posted by g@kko at 2005/01/21 08:12 | 個別記事表示 | コメントを見る (1) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月20日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM24: 示現塾 2005年01月20日(木) 本格版 256号 第4問

示現塾 2005年01月20日(木) 本格版 256号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-24

 ある関係データベースモデルを作成するときに,関係の中に反復するデータの項目を取り除いた場合,少なくとも満たす正規化はどれか。

ア 第 1 正規形         
イ 第 2 正規形
ウ 第 3 正規形         
エ ボイス・コッド正規形

Posted by g@kko at 2005/01/20 07:31 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月19日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM26: 示現塾 2005年01月19日(水) 本格版 255号 第4問

示現塾 2005年01月19日(水) 本格版 255号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-26

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-19-4.htm

 第1,第2,第3正規形とそれらの特徴A,B,Cの組合せとして,適切なものはどれか。

A:すべての非キー属性が,主キーに対して完全従属である。
B:すべての非キー属性が,推移的に関数従属でない。
C:属性の値として,繰返しをもたない。

Posted by g@kko at 2005/01/19 07:30 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月18日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM22: 示現塾 2005年01月18日(火) 本格版 254号 第4問

示現塾 2005年01月18日(火) 本格版 254号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-22

 A,B,C,D,E は,ある関係 R の属性集合の部分集合であり,関数従属 A →BC,CD → E が成り立つ。これらの関数従属から導かれる関数従属はどれか。
 ここで,XY は X と Y の和集合を示す。

ア A → E     イ AD → E     ウ C → E     エ D → E

Posted by g@kko at 2005/01/18 07:33 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月17日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, H15午前, データベース技術 ]

H15AM25: 示現塾 2005年01月17日(月) 本格版 253号 第4問

示現塾 2005年01月17日(月) 本格版 253号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-25

 関数従属に関する記述のうち,適切なものはどれか。ここで,A, B, Cはある関係の属性の集合とする。

ア BがAに関数従属し,CがAに関数従属すれば,CはBに関数従属する。
イ BがAの部分集合であり,CがAに関数従属すれば,CはBに関数従属する。
ウ BがAの部分集合であれば,AはBに関数従属する。
エ BとCの和集合がAに関数従属すれば,BとCはそれぞれがAに関数従属する。

Posted by g@kko at 2005/01/17 07:14 | 個別記事表示 | コメントを見る (1) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月16日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM42: 示現塾 2005年01月16日(日) 本格版 252号 第4問

示現塾 2005年01月16日(日) 本格版 252号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-低/出典:DB16-42

 ハッシュインデックスの特徴に関する記述として,適切なものはどれか。

ア B木インデックスと比較して,不等号の条件検索が困難である。
イ B木インデックスと比較して,ワイルドカード式の検索が容易である。
ウ インデックスノードが木構造になっており,複数のノードを経由してレコードヘアクセスする。
エ レコードの追加や削除が多くなっても,インデックスの再構成の必要がない。

Posted by g@kko at 2005/01/16 12:36 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月15日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM43: 示現塾 2005年01月15日(土) 本格版 251号 第4問

示現塾 2005年01月15日(土) 本格版 251号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-低/出典:DB14-43

 関係データベースにおいて,タプル数 N の表二つに対する結合操作を入れ子ループ法によって実行する場合の計算量は幾らか。

ア 2 N      
イ log N      
ウ N^2      
エ N log N

注:N^2は、Nの2乗の意味である。

Posted by g@kko at 2005/01/15 07:50 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13 ) 次へ