前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13 ) 次へ

2004年12月15日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術, 誤答管理 ]

H16AM38: 示現塾 2004年12月15日(水) 本格版 220号 第4問

示現塾 2004年12月15日(水)本格版 220号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB16-38

 TPモニタの配下で動作するアプリケーションプログラムからデータベースをアクセスするときの説明として,適切なものはどれか。


ア SQLの検索結果が“対象データなし”であったときは,DBMSがロールバックをする。

イ TPモニタヘのコミットとロールバックの指示はアプリケーションプログラムが行い,DBMSへの指示はTPモニタが行う。

ウ アプリケーションプログラムは,TPモニタ配下のほかのアプリケーションプログラムのコミット,又はロールバックの発行を確認して,自分のトランザクションをコミットするかロールバックするか判断する。

エ トランザクションの開始をアプリケーションプログラム側から指示することができず,TPモニタが開始時点を決定する。

Posted by g@kko at 2004/12/15 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月14日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM39: 示現塾 2004年12月14日(火) 本格版 219号 第4問

示現塾 2004年12月14日(火)本格版 219号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB16-39

 トランザクションのACID特性のうち,原子性(atomicity)の記述として,適切なものはどれか。

ア データベースの内容が矛盾のない状態であること
イ トランザクションが正常終了すると,障害が発生しても更新結果はデータベースから消失しないこと
ウ トランザクションの処理がすべて実行されるか,全く実行されないかのいずれかで終了すること
エ 複数のトランザクションを同時に実行した場合と,順番に実行した場合の処理結果が一致すること

Posted by g@kko at 2004/12/14 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月13日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM40: 示現塾 2004年12月13日(月) 本格版 218号 第4問

示現塾 2004年12月13日(月)本格版 218号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB15-40

 トランザクションのACID特性の説明として,適切なものはどれか。


ア トランザクションでは,実行すべき処理がすべて行われるか,何も処理が行われないかという状態のほかに,処理の一部だけ行われるという状態も発生する。

イ トランザクションの実行完了後でも障害の発生によって実行結果が失われることがある。

ウ トランザクションの実行の結果が矛盾した状態になることはない。

エ トランザクションは相互に関連しており,同時に実行されるほかのトランザクションの影響を受ける。

Posted by g@kko at 2004/12/13 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月12日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM20: 示現塾 2004年12月12日(日) 本格版 217号 第4問

示現塾 2004年12月12日(日)本格版 217号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB16-20

 データベースのバックアップ処理には,フルバックアップ方式と差分バックアップ方式がある。差分バックアップ方式に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア 差分バックアップ方式での復旧は,フルバックアップで修復した後に,差分を加えて行う。

イ 差分バックアップ方式では,障害時の回復にも差分だけ処理すればよいので,フルバックアップ方式に比べて復旧時間が短い。

ウ 差分バックアップ方式は,フルバックアップ方式と交互に運用することはできない。

エ 差分バックアップ方式は,フルバックアップ方式に比べ,バックアップの処理時間が長い。

Posted by g@kko at 2004/12/12 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月11日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月11日(土) 本格版 216号 第4問

示現塾 2004年12月11日(土)本格版 216号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM13-22

 情報システムのバックアップを行う場合の留意点として,適切なものはどれか。


ア システム部門が,システム停止から復旧までの中断時間が及ぼす影響を検討し,回復すべき業務の優先順位を定める。

イ システムのバックアップを外部に委託するときには,データ内容の一致が確保できれば十分である。

ウ 重要なデータについては,バックアップの作成,変更前状態の世代保存などを必ず行う。

エ バックアップした媒体は,できるだけ分散保管を避けて集中的に保管する。

Posted by g@kko at 2004/12/11 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月10日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月10日(金) 本格版 215号 第4問

示現塾 2004年12月10日(金)本格版 215号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SD13-20

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-10-4.htm

 データベースの利用中にシステム障害が発生し,チェックポイント の状態まで復旧した。五つのトランザクション の中で,前進復帰(ロールフォワード)しなければならないものはどれか。ここで,チェックポイントでは,その時点で実行中のトランザクション情報やデータベースの更新履歴などのログ情報を書き出すとともに,データベースの書き出しを行うものとする。

ア TR1 と TR2
イ TR2 と TR3
ウ TR2 と TR4
エ TR3 と TR4

Posted by g@kko at 2004/12/10 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月09日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月09日(木) 本格版 214号 第4問

示現塾 2004年12月09日(木)本格版 214号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:NW14-10

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-09-4.htm

 DBMS を障害発生後に再立上げするとき,前進復帰(ロールフォワード)すべきトランザクションと後退復帰(ロールバック)すべきトランザクションの組合せとして,適切なものはどれか。ここで,トランザクションの処理内容は次のとおりとする。

Posted by g@kko at 2004/12/09 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月08日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月08日(水) 本格版 213号 第4問

示現塾 2004年12月08日(水)本格版 213号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-73

 トランザクション処理におけるソフトウェア障害に備えて,データベースの回復処理に必要な情報を確保する方法として,適切なものはどれか。

ア 更新前の内容を,チェックポイントを設けてジャーナルファイルに記録する。
イ 設定したチェックポイントで,更新後の内容を直接ダンプファイルに記録する。
ウ 設定したチェックポイントで,データベース全体のダンプファイルを取得する。
エ データベース更新時に,更新前の内容をジャーナルファイルに記録する。

Posted by g@kko at 2004/12/08 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月07日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月07日(火) 本格版 212号 第4問

示現塾 2004年12月07日(火)本格版 212号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SS13-12

 オンラインシステムのデータベース回復処理に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 業務処理上の誤りによってデータベースの誤更新が行われた場合,ジャーナルファイルの更新後情報を用いて最新の状態に回復する。

イ ディスクアクセス時に回復不能なエラーが発生した場合,最新のバックアップファイルとジャーナルファイルの更新前情報を用いて回復する。

ウ データベースの回復処理に備えて,定期的にバックアップファイルを作成するとともに,オンライン稼働中にはジャーナルファイルに更新前後の情報を記録する。

エ データベースの回復処理に備えて,入力されたトランザクション,更新前後のデータベースレコード及びその際の処理プログラムを含むジャーナルをとる。

Posted by g@kko at 2004/12/07 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月06日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM34: 示現塾 2004年12月06日(月) 本格版 211号 第4問

示現塾 2004年12月06日(月)本格版 211号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB14-34

 コンピュータシステムのデータ回復処理に関する記述のうち,正しいものはどれか。


ア 異なるトランザクション処理プログラムが,同一データベースを同時更新する
  ことによって生じる論理的な矛盾を防ぐために,データのブロッキングが必要となることがある。

イ データベースの物理的障害に対して,バックアップファイルをリストアした後,ログファイルの更新前情報を使用してデータの回復処理を行う。

ウ トランザクション処理プログラムがデータベースの更新中に異常終了した場合には,ログファイルの更新後情報を使用してデータの回復処理を行う。

エ トランザクション処理プログラムでデータベースの更新量が多い場合には,チェックポイントを設定してデータの回復に備えることがある。

Posted by g@kko at 2004/12/06 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13 ) 次へ