( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13 )

2005年03月05日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM41: 示現塾 2005年03月05日(土) 本格版 300号 第3問

示現塾 2005年03月05日(土) 本格版 300号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB16-41

 DBMSの記憶管理に関する記述のうち,最も適切なものはどれか。

ア 関係データベースの参照制約を実現する処理の高速化に連結リストを用いることが多い。

イ 関係データベースの一つの表は,ぺージと呼ばれるデータベースの格納単位に収まるよう管理される。

ウ クラスタリングとは,磁気ディスク装置へのアクセス効率向上を目的としたデータ格納手法である。

エ バッファ管理では,通常FIFO(First In First Out)と呼ばれる手法によって,主記憶上のデータ領域を管理する。

Posted by g@kko at 2005/03/05 08:45 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年03月04日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM22: 示現塾 2005年03月04日(金) 本格版 299号 第4問

示現塾 2005年03月04日(金) 本格版 299号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-22

 関係データベースとオブジェクト指向データベースを比較したとき,オブジェクト指向データベースの特徴として,適切なものはどれか。

ア 実世界の情報をモデル化したクラス階層を表現でき,このクラス階層を使うことによって,データと操作を分離して扱うことができる。

イ データと手続がカプセル化され一体として扱われるので,構造的に複雑で,動作を含む対象を扱うことができる。

ウ データの操作とリレーションが数学的に定義されているので,プログラム言語とデータ操作言語との独立性を保つことができる。

エ リレーションを論理的なデータ構造として定義しているので,非手続的な操作言語でデータ操作を行うことができる。

Posted by g@kko at 2005/03/04 07:57 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年03月03日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, データベース技術 ]

H13AM22: 示現塾 2005年03月03日(木) 本格版 298号 第4問

示現塾 2005年03月03日(木) 本格版 298号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-低/出典:DB13-22

 オブジェクト指向データベースにおけるオブジェクト識別子(OID)に関する記述として,適切なものはどれか。

ア オブジェクト識別子が異なれば,そのオブジェクトの属性値も異なる。
イ 関係データベースの候補キーに相当する。
ウ 個々のオブジェクトの型を直接認識できるようにユーザが設定する。
エ システムが扱う一種のアドレスであり,ユーザは直接扱わないのが普通である。

Posted by g@kko at 2005/03/03 07:33 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年03月02日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM39: 示現塾 2005年03月02日(水) 本格版 297号 第3問

示現塾 2005年03月02日(水) 本格版 297号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-39

 関係DBMS の A表を静的SQL によって読取り専用でアクセスしているプログラムBがある。プログラムBのDBMSに対するアクセスモジュールは,A表が作られた直後で,データが1件も存在しない時点で生成されたものである。その後,A表には100,000件を超えるデータが追加されている。プログラムBのレスポンスの悪化を改善するために,チューニングを実施することになった。この場合に実施すべき作業及び手順として,適切なものはどれか。ここで,A表には,主キーに昇順のクラスタインデックスが付与されており,表へのアクセスパスはアクセスモジュール生成時にDBMSが表の統計情報を基に決定するもの
とする。

(1) A表が存在する記憶域の再編成
(2) A表のクラスタインデックスの削除と再作成
(3) A表や記憶域に関するDBMSの統計情報の取得
(4) プログラムBのアクセスモジュールの再生成

ア (1) → (3) → (4)
イ (2) → (1) → (3)
ウ (2) → (3) → (4)
エ (3) → (4) → (2)

Posted by g@kko at 2005/03/02 12:46 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年03月01日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM41: 示現塾 2005年03月01日(火) 本格版 296号 第4問

示現塾 2005年03月01日(火) 本格版 296号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-41

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-03-01-4.htm

 関係データベースの表において,重複を許すある列カラム Z の値による検索効率を向上させるために適切なインデックスを付与する。ア~エ は,列Z のデータ値が等しい行の数を示したものである。ア~エ のうち,列Z にインデックスを付与することによって,1 行当たりの平均の検索効率が最も向上するものはどれか。

Posted by g@kko at 2005/03/01 07:34 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月28日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM44: 示現塾 2005年02月28日(月) 本格版 295号 第4問

示現塾 2005年02月28日(月) 本格版 295号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB16-44

 分散型データベースで結合演算を行うとき,通信負荷を最も小さくすることができる手法はどれか。ここで,データベースは異なるコンピュータ上に格納されて,かつ結合演算を行う表のレコード件数が,双方で大きく異ならないものとする。

ア 入れ子ループ法 
イ インデックスジョイン法
ウ セミジョイン法
エ マージジョイン法

Posted by g@kko at 2005/02/28 07:21 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月27日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, データベース技術 ]

H13AM40: 示現塾 2005年02月27日(日) 本格版 294号 第4問

示現塾 2005年02月27日(日) 本格版 294号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB13-40

 分散データベースにおける“分割に対する透過性”の説明として,適切なものはどれか。


ア データの格納サイトが変更されても,ユーザのアプリケーションや操作法に影響がないこと

イ 同一のデータが複数のサイトに格納されていても,ユーザはそれを意識せず利用ができること

ウ 一つの表が複数サイトに分割されて格納されていても,ユーザはそれを意識せず利用できること

エ ユーザがデータベースの位置を意識せず利用できること

Posted by g@kko at 2005/02/27 11:43 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月26日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM38: 示現塾 2005年02月26日(土) 本格版 293号 第4問

示現塾 2005年02月26日(土) 本格版 293号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-38

 分散データベースシステムの目標の一つである“移動に対する透過性”の説明として,適切なものはどれか。

ア 運用の都合や性能向上の目的で,表の格納サイトが変更されても,利用者にこの変更を意識させないで利用可能にする機能のことである。

イ データベースが通信網を介し物理的に分散配置されていても,利用者にこの分散状況を意識させないで利用可能にする機能のことである。

ウ 一つの表が複数のサイトに重複して格納されていても,利用者にこれを意識させないで利用可能にする機能のことである。

エ 一つの表が複数のサイトに分割して格納されていても,利用者にこれを意識させないで利用可能にする機能のことである。

Posted by g@kko at 2005/02/26 08:33 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月25日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, H15午前, データベース技術 ]

H15AM42: 示現塾 2005年02月25日(金) 本格版 292号 第4問

示現塾 2005年02月25日(金) 本格版 292号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-42

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-02-25-4.htm

 二つのトランザクション T1,T2 が,データ a,b を平行してアクセスする。T1,T2 の組合せのうち,直列可能性が保証できるものはどれか。ここで,トランザクションの各操作は次のとおりとする。

LOCK x :データx をロックする
READ x :データx を読み込む
STORE x :データx を書き出す
UNLOCK x:データx をアンロックする

Posted by g@kko at 2005/02/25 07:26 | 個別記事表示 | コメントを見る (1) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月24日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM41: 示現塾 2005年02月24日(木) 本格版 291号 第4問

示現塾 2005年02月24日(木) 本格版 291号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-低/出典:DB15-41

 隔離性水準のうち,トランザクション間の干渉の許容度が最も高いものはどれか。

ア 繰返し可能な読込み(repeatable read)
イ コミットされない読込み(read uncommitted)
ウ コミットされた読込み(read committed)
エ 直列化可能(serializable)

Posted by g@kko at 2005/02/24 07:37 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月23日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, データベース技術 ]

H13AM42: 示現塾 2005年02月23日(水) 本格版 290号 第4問

示現塾 2005年02月23日(水) 本格版 290号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB13-42

 オンライントランザクションの原子性(atomicity)の説明として,適切なものはどれか。


ア データの物理的格納場所やアプリケーションプログラムの存在場所を意識することなくトランザクション処理が行える。

イ トランザクションが完了したときの状態は、処理済みか未処理のどちらかしかない。

ウ トランザクション処理においてデータベースの一貫性が保てる。

エ 複数のトランザクションを同時処理した場合でも,個々のトランザクション処理の結果は正しい。

Posted by g@kko at 2005/02/23 07:28 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月22日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM38: 示現塾 2005年02月22日(火) 本格版 289号 第4問

示現塾 2005年02月22日(火) 本格版 289号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-38

 トランザクションの ACID 特性のうち,独立性(isolation)について述べたものはどれか。

ア すべての処理が実行されるか,まったく実行されないかのいずれかである。
イ 正常終了したとき,更新結果はデータベースから消失しない。
ウ 中間結果は,ほかのトランザクションの処理内容に何の影響も与えない。
エ データベースの整合性制約を保つ。

Posted by g@kko at 2005/02/22 08:49 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月21日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM35: 示現塾 2005年02月21日(月) 本格版 288号 第4問

示現塾 2005年02月21日(月) 本格版 288号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-35

 システム障害発生時には,データベースの整合性を保ち,かつ最新のデータベース状態に復旧する必要性がある。このために,DBMSがトランザクションのコミット処理完了とみなすタイミングとして,適切なものはどれか。

ア すべての更新データの実更新完了時点
イ チェックポイント処理完了時点
ウ ログバッファへの書込み完了時点
エ ログファイルへの書出し完了時点

Posted by g@kko at 2005/02/21 06:53 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月20日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, データベース技術 ]

H13AM38:示現塾 2005年02月20日(日) 本格版 287号 第4問

示現塾 2005年02月20日(日) 本格版 287号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB13-38

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-02-20-4.htm

 トランザクションの並行制御において,変更喪失(lost update)の問題,コミットされていない依存性(uncommitted dependency)の問題,不整合分析(inconsistent analysis)の問題が起こる可能性がある。これらの問題を解決する技術と,この技術を使うことによって新たに発生する問題の組合せはどれか。

Posted by g@kko at 2005/02/20 10:53 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月19日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM40: 示現塾 2005年02月19日(土) 本格版 286号 第4問

示現塾 2005年02月19日(土) 本格版 286号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-40

 二つのトランザクション T1 と T2 を並列に実行した結果が,T1 の完了後にT2を実行した結果,又は T2 の完了後に T1 を実行した結果と等しい場合,このトランザクションスケジュールの性質を何と呼ぶか。

ア 一貫性    
イ 原子性    
ウ 耐久性    
エ 直列可能性

Posted by g@kko at 2005/02/19 09:36 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月18日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM39: 示現塾 2005年02月18日(金) 本格版 285号 第4問

示現塾 2005年02月18日(金) 本格版 285号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-39

 トランザクション管理に関する記述として,正しいものはどれか。


ア 2相ロック方式は,分散型データベースのための制御方式であり,集中型のデータベースでは使用されない。

イ ダーティーリードを許すなど,トランザクション相互の干渉を多くするようにトランザクションの実行を制御すると,トランザクション処理のスループットは低くなる。

ウ 同時実行制御の目的は,データベースの一貫性を保ちながら複数のトランザクションを並行に処理し,単位時間当たりに実行されるトランザクション数を最大にすることである。

エ ロックの粒度とは,資源をロックする期間のことであり,ロックの粒度が細いほど,トランザクションの並行実行性は高くなる。

Posted by g@kko at 2005/02/18 12:58 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月17日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM36: 示現塾 2005年02月17日(木) 本格版 284号 第4問

示現塾 2005年02月17日(木) 本格版 284号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-高/出典:DB16-36

 更新前情報と更新後情報をログとして利用するDBMSにおいて,ログを先に書き出すWAL(Write Ahead Log)プロトコルに従うとして,処理(1)~(6)を正しい順番に並べたものはどれか。

 (1) begin transactionレコードの書出し
 (2) データベースの更新
 (3) ログに更新前レコードの書出し
 (4) ログに更新後レコードの書出し
 (5) commitレコードの書出し
 (6) end transactionレコードの書出し

ア (1) → (2) → (3) → (4) → (5) → (6) 
イ (1) → (3) → (2) → (4) → (6) → (5)
ウ (1) → (3) → (2) → (5) → (4) → (6)
エ (1) → (3) → (4) → (2) → (5) → (6)

Posted by g@kko at 2005/02/17 07:38 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月16日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, H14午前, データベース技術 ]

H14AM33: 示現塾 2005年02月16日(水) 本格版 283号 第4問

示現塾 2005年02月16日(水) 本格版 283号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-低/出典:DB14-33

 DBMS において,デッドロックを検出するために使われるデータ構造はどれか。

ア 資源割当て表
イ 時刻印順管理表
ウ トランザクションの優先順管理表
エ 待ちグラフ

Posted by g@kko at 2005/02/16 07:34 | 個別記事表示 | コメントを見る (4) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月15日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM35: 示現塾 2005年02月15日(火) 本格版 282号 第4問

示現塾 2005年02月15日(火) 本格版 282号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB16-35

 並行プロセス環境において,デッドロックが発生する原因とならないものはどれか。

ア 一度割り当てられた資源は,プロセスがその使用を終了するまで強制的には取り上げられない。
イ すべてのプロセスには,決められた順序に従って資源が割り当てられる。
ウ プロセスがほかのプロセスを待ち合うという関係が,環状になっている。
エ プロセスは,一つの資源を占有しながらほかの資源へ要求を出す。

Posted by g@kko at 2005/02/15 07:05 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月14日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM40: 示現塾 2005年02月14日(月) 本格版 281号 第4問

示現塾 2005年02月14日(月) 本格版 281号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB16-40

 分散データベースにおけるトランザクションの同時実行制御のうち,デッドロックが発生しない方式だけから成る組合せはどれか。

ア 時刻印方式,楽観的方式
イ 時刻印方式,楽観的方式,ロック方式
ウ 時刻印方式,ロック方式
エ 楽観的方式,ロック方式

Posted by g@kko at 2005/02/14 06:57 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月13日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM32:示現塾 2005年02月13日(日) 本格版 280号 第4問

示現塾 2005年02月13日(日) 本格版 280号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-32

2相ロックプロトコルを用いたトランザクションの同時実行制御に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア すべてのトランザクションが直列に制御され,デッドロックが発生することはない。
イ トランザクションのコミット順序は,実行時の時刻順となるように制御される。
ウ トランザクションは,自分が獲得したロックをすべて解除した後にだけ,コミット操作を実行できる。
エ トランザクションは,必要なロック獲得命令をすべて実行した後にだけ,ロック解除命令を実行できる。

Posted by g@kko at 2005/02/13 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月12日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM36: 示現塾 2005年02月12日(土) 本格版 279号 第4問

示現塾 2005年02月12日(土) 本格版 279号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-36

 トランザクションの同時実行制御である2相ロッキングプロトコルに関する記述として,適切なものはどれか。

ア 2相ロッキングプロトコルには,共有ロック,占有ロックの概念はない。
イ 異なるテーブルであれば,アンロックした後にロックを行ってもよい。
ウ デッドロックの発生を防ぐことはできない。
エ 読込みを行うトランザクションは,ロックする必要がない。

Posted by g@kko at 2005/02/12 10:21 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月11日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM37: 示現塾 2005年02月11日(金) 本格版 278号 第4問

示現塾 2005年02月11日(金) 本格版 278号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-低/出典:DB16-37

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-02-11-4.htm

 2相コミットプロトコルを使用した分散データベースにおいて,クライアント障害が発生した場合,各データベースサーバ(DBサーバ)はコミットすべきかアボートすべきか判断不能(ブロック状態)になることがある。DBサーバ1,2のどちらもブロック状態になる箇所はどこか。

Posted by g@kko at 2005/02/11 07:51 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月10日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM37: 示現塾 2005年02月10日(木) 本格版 277号 第4問

示現塾 2005年02月10日(木) 本格版 277号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-高/出典:DB14-37

 データベース更新における 2相コミットに関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア 2相コミットの目的は,トランザクションの処理途中のデータをほかのトランザクションから参照できなくすることである。

イ 2相コミットを行うためには,同時に更新しようとする分散データベースのすべてがコミット可能かどうかを判断するための機能が必要である。

ウ 2相コミットを採用している場合,ロールバックは発生しない。

エ 複数箇所に分散しているデータベースを 1トランザクションで更新する場合,2相コミットを使えば必ず複数データベース間の一貫性を確保できる。

Posted by g@kko at 2005/02/10 07:27 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月09日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, H14午前, データベース技術 ]

H14AM44: 示現塾 2005年02月09日(水) 本格版 276号 第4問

示現塾 2005年02月09日(水) 本格版 276号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-低/出典:DB14-44

 一つの表に大量のデータを格納するとき,並列処理のため異なったディスクにデータを分割格納することがある。この方式のうちキーレンジ分割方式に関する説明はどれか。


ア 主キーと外部キーの参照関係を保持し,関係従属性に従って異なった表に分割格納する。

イ データの発生した順に格納するディスクを変え,ディスクごとのデータ量が均等になるように分割格納する。

ウ 分割に使用するキーの値にハッシュ関数を適用し,その値に割り当てられたディスクに分割格納する。

エ 分割に使用するキーの値をあらかじめ決めておき,その値に割り当てられたディスクに分割格納する。

Posted by g@kko at 2005/02/09 07:31 | 個別記事表示 | コメントを見る (1) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月08日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM32: 示現塾 2005年02月08日(火) 本格版 275号 第4問

示現塾 2005年02月08日(火) 本格版 275号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-32

 関係データベースのトリガ(trigger)に関する記述として,適切なものはどれか。

ア 参照命令発行時に動作する。
イ データの変更操作時に動作する。
ウ ほかのトリガから起動されることはない。
エ ロールバック処理実行時に動作する。

Posted by g@kko at 2005/02/08 07:31 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月07日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM43: 示現塾 2005年02月07日(月) 本格版 274号 第4問

示現塾 2005年02月07日(月) 本格版 274号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-43

 ハッシュアクセス手法の説明として,適切なものはどれか。


ア データ項目の値が特定の値をもつか否かを,レコード番号に対応したレコードビット位置の ON/OFF で表現する。重複する値の多いデータの場合に効果がある。

イ レコード格納位置の計算にレコードの特定のデータ項目を引数とした関数を使用する。一意検索に優れているが,連続したデータの検索には向かない。

ウ レコードのデータ項目ごとに,データ項目の値とそのレコード格納位置を組にしたインデックスをもつ。データ項目のレコードを検索するのに向いている。

エ レコードの特定のデータ項目の値から,階層的なインデックスを格納するブロックを作る。この階層のリーフブロックにレコード格納位置が記憶される。大量のレコード件数に対してルートブロックからリーフブロックへの階層数が少なくて済む。

Posted by g@kko at 2005/02/07 06:51 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月06日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM27: 示現塾 2005年02月06日(日) 本格版 273号 第4問

示現塾 2005年02月06日(日) 本格版 273号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-2/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-27

 “商品”表へのアクセス権限のうち,行挿入権限とデータ更新権限だけを USER01と USER02 の利用者に与える SQL 文はどれか。

ア GRANT ALL PRIVILEGES ON 商品 TO USER01,USER02
イ GRANT INSERT,SELECT ON 商品 TO USER01,USER02
ウ GRANT UPDATE,INSERT ON 商品 TO USER01,USER02
エ REVOKE UPDATE,INSERT ON 商品 FROM USER01,USER02

Posted by g@kko at 2005/02/06 10:13 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月05日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, データベース技術 ]

H13AM45: 示現塾 2005年02月05日(土) 本格版 272号 第4問

示現塾 2005年02月05日(土) 本格版 272号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-2/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB13-45

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-02-05-4.htm

 SQLにおいて,A表の主キーがB表の外部キーとして定義されている場合,行を追加・削除する操作の制限について,正しく整理した図はどれか。図のなかで△印は操作が拒否される場合があることを表し,○印は制限なしに操作できることを表す。

Posted by g@kko at 2005/02/05 07:41 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月04日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM31: 示現塾 2005年02月04日(金) 本格版 271号 第4問

示現塾 2005年02月04日(金) 本格版 271号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-2/技術レベル-III/出題頻度-高/出典:DB16-31

 次のSQL文は,A表に対するカーソルBのデータ操作である。a に入れるべき適切な語句はどれか。

〔SQL文〕
   UPDATE A
     SET A2 = 1,A3 = 2
     WHERE(    a    )  

ここで,A表の構造は次のとおりであり,下線は主キーを表す。

〔A表の構造〕
   A ( A1, A2, A3 )
  
ア A1 = B 
イ A1 = B OF A
ウ A1 = CURRENT OF B
エ CURRENT OF B

Posted by g@kko at 2005/02/04 07:47 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月03日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, H15午前, データベース技術 ]

H15AM31: 示現塾 2005年02月03日(木) 本格版 270号 第4問

示現塾 2005年02月03日(木) 本格版 270号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-2/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-31

次のSQL文は,COBOLプログラムでテーブルAのレコードを読み込むためにカーソルを宣言している。(      )に入れるべき語句として,正しいものはどれか。

(      )  
SELECT * FROM A
ORDER BY 1, 2
END-EXEC

ア EXEC SQL DECLARE C1 CURSOR FOR
イ EXEC SQL DECLARE CURSOR FOR C1
ウ EXEC SQL OPEN CURSOR C1 FOR
エ EXEC SQL OPEN CURSOR DECLARE C1 FOR

Posted by g@kko at 2005/02/03 07:30 | 個別記事表示 | コメントを見る (1) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月02日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM34: 示現塾 2005年02月02日(水) 本格版 269号 第4問

示現塾 2005年02月02日(水) 本格版 269号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-2/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB16-34

 埋込みSQLに関する記述として,適切なものはどれか。


ア INSERTを実行する前に,カーソルをOPENしておかなければならない。

イ PREPAREは与えられたSQL文を実行し,その結果を自分のプログラム中に記録する。

ウ SQLでは一度に0行以上の集合を扱うのに対し,親言語では通常一度に1行のレコードしか扱えないので,その間をカーソルによって橋渡しする。

エ データベースとアプリケーションプログラムが異なるコンピュータ上にあるときは,カーソルによる1行ごとの伝送が効率的である。

Posted by g@kko at 2005/02/02 07:34 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年02月01日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM45: 示現塾 2005年02月01日(火) 本格版 268号 第4問

示現塾 2005年02月01日(火) 本格版 268号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-21/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB16-45

 DBMSの表において,指定した列にNULL値の入力は許すが,既に入力されている値の入力は禁止するSQLの制約はどれか。

ア CHECK             
イ PRIMARY KEY
ウ REFERENCES          
エ UNIQUE

Posted by g@kko at 2005/02/01 07:26 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月31日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM43: 示現塾 2005年01月31日(月) 本格版 267号 第4問

示現塾 2005年01月31日(月) 本格版 267号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-2/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB16-43

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-31-4.htm

 関係データベースの“注文”表と“注文明細”表が,次のように定義されている。“注文”表の行を削除すると,対応する“注文明細”表の行が,自動的に削除されるようにしたい。この場合,SQL文に指定する語句として,適切なものはどれか。ここで,表定義中の実線の下線は主キーを,破線の下線は外部キーを表す。

ア CASCADE     
イ INTERSECT     
ウ RESTRICT     
エ SET NULL

Posted by g@kko at 2005/01/31 07:07 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月30日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM32: 示現塾 2005年01月30日(日) 本格版 266号 第4問

示現塾 2005年01月30日(日) 本格版 266号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-2/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB16-32

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-30-4.htm

 “商品”表と“売上明細”表に対して,次のSQL文を実行した結果の表として,正しいものはどれか。ここで,結果の表中の“-”は,値が空値(NULL)であることを示す。

SELECT X.商品番号,商品名,数量
    FROM 商品 X LEFT OUTER JOIN 売上明細 Y
         ON X.商品番号 = Y.商品番号

Posted by g@kko at 2005/01/30 08:41 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月29日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM30: 示現塾 2005年01月29日(土) 本格版 265号 第4問

示現塾 2005年01月29日(土) 本格版 265号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-2/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-30

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-29-4.htm

 複数の事業部,部,課及び係のような組織階層の概念データモデルを,第3正規形の表,

   組織(組織ID, 組織名, …)
として実装した。組織の親子関係を表示するSQL文として, □ の中に入れるべき条件はどれか。ここで,“組織”表記述中の下線部は,主キーを表し,追加の属性を想定する必要がある。概念モデル中の多重度の“*”は0以上を表し,記述のないところは1とする。関連線にはターゲット側にロールを書き添えた。{階層}は組織階層がループしたり,ネットワークになったりしないことを指示する制約記述である。

ア 組織1.親組織ID = 組織2.子組織ID
イ 組織1.親組織ID = 組織2.組織ID
ウ 組織1.組織ID = 組織2.親組織ID
エ 組織1.組織ID = 組織2.組織ID

Posted by g@kko at 2005/01/29 10:25 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月28日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM35: 示現塾 2005年01月28日(金) 本格版 264号 第4問

示現塾 2005年01月28日(金) 本格版 264号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-2/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-35

 SQLの構文として,正しいものはどれか。

ア SELECT 注文番号,AVG(数量)
   FROM 注文明細

イ SELECT 注文番号,AVG(数量)
   FROM 注文明細
   GROUP BY 注文番号

ウ SELECT 注文番号,AVG(SUM(数量))
   FROM 注文明細
   GROUP BY 注文明細

エ SELECT 注文番号
   FROM 注文明細
   WHERE SUM(数量) > 1000
   GROUP BY 注文番号

Posted by g@kko at 2005/01/28 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月27日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM31: 示現塾 2005年01月27日(木) 本格版 263号 第4問

春の情報処理技術者試験日まで、あと80日

示現塾 2005年01月27日(木) 本格版 263号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-2/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-31

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-27-4.htm

 “製品”表と“在庫”表に対して,次のSQL文を実行した場合,実行結果として得られる表の行数は幾つか。

SELECT 製品番号 FROM 製品
   WHERE NOT EXISTS( SELECT 製品番号 FROM 在庫
              WHERE 製品番号 = 製品.製品番号 AND 在庫数 > 30 )

ア 1         
イ 2         
ウ 3         
エ 4

Posted by g@kko at 2005/01/27 08:49 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月26日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM34: 示現塾 2005年01月26日(水) 本格版 262号 第4問

示現塾 2005年01月26日(水) 本格版 262号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-2/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-34

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-26-4.htm

 次のSQL文は,和,差,直積,射影,選択の関係演算のうち,どの関係演算の組合せで表現されるか。ここで,下線部は主キーを表す。

SELECT 納品.顧客番号, 顧客名 FROM 納品, 顧客
    WHERE 納品.顧客番号 = 顧客.顧客番号

ア 差,選択,射影          
イ 差,直積,選択
ウ 直積,選択,射影        
エ 和,直積,射影

Posted by g@kko at 2005/01/26 07:41 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月25日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, データベース技術 ]

H13AM26: 示現塾 2005年01月25日(火) 本格版 261号 第4問

示現塾 2005年01月25日(火) 本格版 261号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-低/出典:DB13-26

 関係データベースの設計でデータの正規化を行う場合,ボイス・コッド正規形がよく用いられるが,そこまで正規化を進めずに第3正規形にとどめることがある。
 その場合の理由として,正しいものはどれか。

ア アンサーセットを事前に絞り込むため
イ 検索処理を高速化するため
ウ データ整合性を保証するため
エ デッドロックを回避するため

Posted by g@kko at 2005/01/25 06:56 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月24日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術, 誤答管理 ]

H15AM24: 示現塾 2005年01月24日(月) 本格版 260号 第4問

示現塾 2005年01月24日(月) 本格版 260号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-低/出典:DB15-24改

X表をボイスコッド正規形に分解したものはどれか。ここで,x → y は y が x
に関数従属していることを表す。

 X             X表に存在する関数従属性
 (a, b, c, d, e)       ab → c
                ab → d
                ab → e
                c → d
                e → a

ア (b, c, e), (c, d), (e, a)
イ (a, b, c, d), (e, a)
ウ (a, b, c, e), (c, d)
エ (a, b, c, e), (c, d), (e, a)

Posted by g@kko at 2005/01/24 08:42 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月23日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, データベース技術 ]

H13AM34: 示現塾 2005年01月23日(日) 本格版 259号 第4問

示現塾 2005年01月23日(日) 本格版 259号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB13-34

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-23-4.htm

 化粧品の製造を行っているA社では,販売代理店を通じて商品販売を行っている。今後の販売戦略に活用するために,次の三つの表からなるデータベースの作成を計画している。これらのデータを用いるだけでは得ることのできない情報はどれか。

ア 商品の販売数量の日別変化            
イ 性別ごとの売れ筋商品
ウ 販売代理店での購入者数の日別差異      
エ 販売代理店での購入者の年齢分布

Posted by g@kko at 2005/01/23 12:07 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月22日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM27: 示現塾 2005年01月22日(土) 本格版 258号 第4問

示現塾 2005年01月22日(土) 本格版 258号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-27

 次の表はどこまで正規化されたものか。

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-22-4.htm

ア 第2正規形
イ 第3正規形
ウ 第4正規形
エ 非正規形

Posted by g@kko at 2005/01/22 08:55 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月21日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, H13午前, データベース技術 ]

H13AM29: 示現塾 2005年01月21日(金) 本格版 257号 第4問

示現塾 2005年01月21日(金) 本格版 257号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB13-29

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-21-4.htm

 次の表を,第3正規形まで正規化を行った場合,幾つの表に分割されるか。ここで,顧客の1回の注文に対して1枚の受注伝票が作られ,顧客は1回の注文で一つ以上の商品を注文できるものとする。

ア 2
イ 3
ウ 4
エ 5

Posted by g@kko at 2005/01/21 08:12 | 個別記事表示 | コメントを見る (1) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月20日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM24: 示現塾 2005年01月20日(木) 本格版 256号 第4問

示現塾 2005年01月20日(木) 本格版 256号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-24

 ある関係データベースモデルを作成するときに,関係の中に反復するデータの項目を取り除いた場合,少なくとも満たす正規化はどれか。

ア 第 1 正規形         
イ 第 2 正規形
ウ 第 3 正規形         
エ ボイス・コッド正規形

Posted by g@kko at 2005/01/20 07:31 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月19日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM26: 示現塾 2005年01月19日(水) 本格版 255号 第4問

示現塾 2005年01月19日(水) 本格版 255号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-26

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-19-4.htm

 第1,第2,第3正規形とそれらの特徴A,B,Cの組合せとして,適切なものはどれか。

A:すべての非キー属性が,主キーに対して完全従属である。
B:すべての非キー属性が,推移的に関数従属でない。
C:属性の値として,繰返しをもたない。

Posted by g@kko at 2005/01/19 07:30 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月18日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM22: 示現塾 2005年01月18日(火) 本格版 254号 第4問

示現塾 2005年01月18日(火) 本格版 254号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-22

 A,B,C,D,E は,ある関係 R の属性集合の部分集合であり,関数従属 A →BC,CD → E が成り立つ。これらの関数従属から導かれる関数従属はどれか。
 ここで,XY は X と Y の和集合を示す。

ア A → E     イ AD → E     ウ C → E     エ D → E

Posted by g@kko at 2005/01/18 07:33 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月17日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, H15午前, データベース技術 ]

H15AM25: 示現塾 2005年01月17日(月) 本格版 253号 第4問

示現塾 2005年01月17日(月) 本格版 253号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-25

 関数従属に関する記述のうち,適切なものはどれか。ここで,A, B, Cはある関係の属性の集合とする。

ア BがAに関数従属し,CがAに関数従属すれば,CはBに関数従属する。
イ BがAの部分集合であり,CがAに関数従属すれば,CはBに関数従属する。
ウ BがAの部分集合であれば,AはBに関数従属する。
エ BとCの和集合がAに関数従属すれば,BとCはそれぞれがAに関数従属する。

Posted by g@kko at 2005/01/17 07:14 | 個別記事表示 | コメントを見る (1) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月16日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM42: 示現塾 2005年01月16日(日) 本格版 252号 第4問

示現塾 2005年01月16日(日) 本格版 252号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-低/出典:DB16-42

 ハッシュインデックスの特徴に関する記述として,適切なものはどれか。

ア B木インデックスと比較して,不等号の条件検索が困難である。
イ B木インデックスと比較して,ワイルドカード式の検索が容易である。
ウ インデックスノードが木構造になっており,複数のノードを経由してレコードヘアクセスする。
エ レコードの追加や削除が多くなっても,インデックスの再構成の必要がない。

Posted by g@kko at 2005/01/16 12:36 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月15日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM43: 示現塾 2005年01月15日(土) 本格版 251号 第4問

示現塾 2005年01月15日(土) 本格版 251号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-低/出典:DB14-43

 関係データベースにおいて,タプル数 N の表二つに対する結合操作を入れ子ループ法によって実行する場合の計算量は幾らか。

ア 2 N      
イ log N      
ウ N^2      
エ N log N

注:N^2は、Nの2乗の意味である。

Posted by g@kko at 2005/01/15 07:50 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月14日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM28: 示現塾 2005年01月14日(金) 本格版 250号 第4問

示現塾 2005年01月14日(金) 本格版 250号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-28

 属性がn個ある関係の異なる射影は幾つあるか。ここで,射影の個数は,元の関係と同じ結果となる射影,及び属性を全く含まない射影を含めるものとする。

ア 2n      
イ 2^n      
ウ log2n      
エ n

  注:2^nは、2のn乗の意味である。

Posted by g@kko at 2005/01/14 07:42 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月13日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, H13午前, データベース技術 ]

H13AM30: 示現塾 2005年01月13日(木) 本格版 249号 第4問

示現塾 2005年01月13日(木) 本格版 249号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB13-30

 関係データモデルにおいて属性A,Bを考える。属性A のドメイン(定義域)は m個の要素からなる集合であり,属性B のドメインは n個の要素からなる集合であるとする。このとき,関係RをR(A,B)とすると,Rには最大何個のタプルがあるか。

ア 2^m 2^n    
イ (m+n)^2    
ウ m+n    
エ m n

  注:2^mは、2のm乗の意味である。

Posted by g@kko at 2005/01/13 13:01 | 個別記事表示 | コメントを見る (1) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月12日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, データベース技術 ]

H13AM31: 示現塾 2005年01月12日(水) 本格版 248号 第4問

示現塾 2005年01月12日(水) 本格版 248号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-低/出典:DB13-31

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-12-4.htm

 “商品”表と“納品”表を商品番号で等結合した結果表はどれか。

Posted by g@kko at 2005/01/12 08:07 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月11日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM24: 示現塾 2005年01月11日(火) 本格版 247号 第4問

示現塾 2005年01月11日(火) 本格版 247号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-高/出典:DB16-24

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-11-4.htm

 次の関係R,S,T,Uにおいて,関係代数表現R×S÷T-Uの演算結果はどれか。ここで,×は直積,÷は商,-は差の演算を表す。

Posted by g@kko at 2005/01/11 07:29 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月10日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM25: 示現塾 2005年01月10日(月) 本格版 246号 第4問

示現塾 2005年01月10日(月) 本格版 246号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB16-25

 関係代数における直積集合に関する記述として,適切なものはどれか。

ア ある属性の値に条件を付加し,その条件を満たすタプルを取り出した集合である。

イ 関係の属性の部分集合の値を導出した集合である。

ウ 二つの関係から,あらかじめ指定されている二つの列の2項関係を満たすタプルの集合である。

エ 二つの関係から,任意のタプルを1個ずつ取り出し連結したタプルの集合である。

Posted by g@kko at 2005/01/10 10:05 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月09日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2005年01月09日(日) 本格版 245号 第4問

示現塾 2005年01月09日(日) 本格版 245号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:SS13-22

共通かぎ暗号方式では,暗号文を元の文字に戻すためのかぎが必要である。この
かぎとして 32ビットかぎを使用した場合,かぎの候補は何通りか。

ア 32^2    
イ 32!     
ウ 2^32    
エ 32_C_2

注:32^2は、32の2乗、32_C_2は、32個の中から2個を取り出した組合せの意

Posted by g@kko at 2005/01/09 10:53 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月08日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, データベース技術, 誤答管理 ]

H13AM23: 示現塾 2005年01月08日(土) 本格版 244号 第4問

示現塾 2005年01月08日(土) 本格版 244号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB13-23

 関係データベースにおける関係(リレーション)の定義として,適切なものはどれか。

ア 2次元のデータ構造のことである。
イ 組(タプル)を構成する属性の定義域の直積の部分集合である。
ウ 属性に対応する値の集合である。
エ 二つ以上の実体を相互に関連付けた実体である。

Posted by g@kko at 2005/01/08 16:29 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月07日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM23: 示現塾 2005年01月07日(金) 本格版 243号 第4問

示現塾 2005年01月07日(金) 本格版 243号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-低/出典:DB15-23

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-07-4.htm

 論理データモデルの特徴に関する次の記述中の( a )~( c )に入れるべき字句の適切な組合せはどれか。

 階層モデル及びネットワークモデルは,実体間の関係を親子関係の組合せで表現する。階層モデルでは,一つの子は( a )をもち,ネットワークモデルでは,一つの子は( b )をもつことができる。一方,関係モデルは,数学の集合概念に基礎をおき,一つの表の一つの行と,別の表の行との関連付けは( c )によって行う。

Posted by g@kko at 2005/01/07 08:40 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月06日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM26: 示現塾 2005年01月06日(木) 本格版 242号 第4問

示現塾 2005年01月06日(木) 本格版 242号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-26

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-06-4.htm

 受注システムにおいて,図のようなモデルから“顧客”表,“注文”表,“商品”表を作成した。これら表に関する記述として,適切なものはどれか。ここで 1   * は 1 対多のカーディナリティを表し,線上の名称はロール名である。また,表定義中の実線は主キーを,破線は外部キーを表す。

ア ある顧客は,自分が注文主でかつ届け先であることができる。
イ 顧客は,注文主顧客と届け先顧客のどちらか一方に分類される。
ウ 一つの注文に複数の商品があってもよい。
エ 一つの注文に複数の注文主と届け先があってもよい。

Posted by g@kko at 2005/01/06 08:43 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月05日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM22: 示現塾 2005年01月05日(水) 本格版 241号 第4問

示現塾 2005年01月05日(水) 本格版 241号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB16-22

 データベースの論理モデルに関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 階層モデルは,多対多のレコード関係を表現するのに適している。
イ 関係モデルでは,子レコードはただ一つの親レコードに属する。
ウ ネットワークモデルは,行と列からなる表で表現できる。
エ ボイスコッド正規形は,関係モデルで使用される。

Posted by g@kko at 2005/01/05 15:34 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月04日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, データベース技術, 誤答管理 ]

H13AM25: 示現塾 2005年01月04日(火) 本格版 240号 第4問

示現塾 2005年01月04日(火) 本格版 240号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-低/出典:DB13-25

 導出表に関する記述のとして,適切なものはどれか。

ア 算術演算によって得られた属性の組である。
イ 実表を冗長にして利用しやすくする。
ウ 導出表は名前をもたなければならない。
エ ビューは導出表の一つの形態である。

Posted by g@kko at 2005/01/04 08:46 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月03日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM28: 示現塾 2005年01月03日(月) 本格版 239号 第4問

示現塾 2005年01月03日(月) 本格版 239号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB16-28

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-03-4.htm

 概念レベルのデータモデル中のエンティティ“会計取引”に対する制約の意味について,適切な説明はどれか。ここで,モデルの表記にはUMLを用いる。

ア 会計取引に対応する仕訳記入の金額が今後も変化しないことを保証する。
イ 勘定間を移動する金額が,その会計取引において一致することを保証する。
ウ 勘定の残高が,その会計取引を記録するごとに計算されることを保証する。
エ 同一の勘定同士で会計取引が行われないことを保証する。

Posted by g@kko at 2005/01/03 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (4) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月02日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, データベース技術 ]

H13AM35: 示現塾 2005年01月02日(日) 本格版 238号 第4問

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB13-35

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-02-4.htm

 次の概念レベルのデータモデルを関係データベース上に実装することにし,実装レベルのデータモデルを作成した。正しい多重度が指定されているものはどれか。ただし,人は同じ会社に二度以上雇用されないものとする。
 ここで,長方形はエンティティを表し,その中にエンティティ名を付した。長方形の間の線は関連を表し,ロール名を付した。関連の─→は1対多のカーディナリティを表す。多重度の下限値及び上限値を指定する場合は,“下限..上限”の形式で表す。上限値の“n”は制限がないことを示す。

Posted by g@kko at 2005/01/02 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月01日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM29: 示現塾 2005年01月01日(土) 本格版 237号 第4問

示現塾 2005年01月01日(土) 本格版 237号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-29

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-01-4.htm

 業務ルールが次のように与えられている。これに基づきデータモデルを作成した。正しいデータモデルはどれか。ここで,1  *は1対多のカーディナリティを表す。

〔業務ルール〕
 この会社は語学教材を販売している。教材は教科書,辞書など多品種にわたる。営業員は複数の担当地域が定められており,担当地域の顧客から受注を得る。一つの地域を複数の営業員が担当する。

Posted by g@kko at 2005/01/01 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月31日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM45: 示現塾 2004年12月31日(金) 本格版 236号 第4問

示現塾 2004年12月31日(金) 本格版 236号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-低/出典:DB14-45

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-31-4.htm

 次の 2組のテーブルの主キーと外部キーについて,DBMSの参照制約の削除規則を定義する場合,正しい削除規則の組み合わせはどれか。ここで実線は主キーを破線は外部キーを表す。

Posted by g@kko at 2004/12/31 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月30日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM44: 示現塾 2004年12月30日(木) 本格版 235号 第4問

示現塾 2004年12月30日(木) 本格版 235号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-44

 DBMSの整合性制約のうち,データの追加,更新及び削除を行うとき,関連するデータ間で不一致が発生しないようにする制約はどれか。

ア 形式制約   
イ 更新制約   
ウ 参照制約   
エ 存在制約

Posted by g@kko at 2004/12/30 09:51 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月29日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術, 誤答管理 ]

H16AM27: 示現塾 2004年12月29日(水) 本格版 234号 第4問

示現塾 2004年12月29日(水) 本格版 234号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB16-27

 関係データベース上に実装するエンティティの主キーが複合キーであり,複合キーを構成している属性数が多すぎるので,少なくして扱いやすくしたい。この場合の対応として,適切なものはどれか。


ア 複合キーを構成している属性のうち,エンティティの性格を最もよく表している属性を主キーとし,残りの属性は非キー属性に替え,外部キーとして指定する。

イ 複合キーを構成している属性のうち,エンティティの性格を最もよく表している属性を主キーとし,残りの属性は非キー属性に替え,代替キーとして指定する。

ウ 複合キーを連番などの意味のない代用キーに置き替え,複合キーを構成している属性はすべて非キー属性に替え,外部キーとして指定する。

エ 複合キーを連番などの意味のない代用キーに置き替え,複合キーを構成している属性はすべて非キー属性に替え,代替キーとして指定する。

Posted by g@kko at 2004/12/29 13:10 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月28日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM23: 示現塾 2004年12月28日(火) 本格版 233号 第4問

示現塾 2004年12月28日(火) 本格版 233号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-23

 関係データベースの候補キーの説明として,適切なものはどれか。


ア 値を空値(ナル)にすることはできない列又は列の組

イ 検索の高速化のために,属性の値と対応するファイルの格納位置を記録した列又は列の組

ウ 異なる表の列の値として存在しなければならない列又は列の組

エ 表の行を唯一に識別できる列又は列の組

Posted by g@kko at 2004/12/28 07:19 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月27日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, データベース技術 ]

H13AM44: 示現塾 2004年12月27日(月) 本格版 232号 第4問

示現塾 2004年12月27日(月) 本格版 232号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB13-44

 関係データモデルにおいて,ある属性が取り得る値の範囲(例えば,日付の取り得る値は1~31)の制約を何と呼ぶか。

ア 外部キー制約         
イ キー制約
ウ 参照制約           
エ ドメイン制約

Posted by g@kko at 2004/12/27 07:00 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月26日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM21: 示現塾 2004年12月26日(日) 本格版 231号 第3問

示現塾 2004年12月26日(日) 本格版 231号

第3問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-21

 概念データモデルの説明として,最も適切なものはどれか。

ア 階層モデル,ネットワークモデル,関係モデルがある。
イ 業務プロセスを抽象化して表現したものである。
ウ 集中型DBMSを導入するか,分散型DBMSを導入するかによって内容が変わる。
エ 対象世界の情報要件を表現したものである。

Posted by g@kko at 2004/12/26 11:24 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月25日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月25日(土) 本格版 230号 第3問

示現塾 2004年12月25日(土) 本格版 230号

第3問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SD15-04

 関係データベースを利用しているシステムの性能を改善したい。問題点とその解決策に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア SQL 文を実行したところ,インデックスを利用できないアクセスパスによる全件検索が発生したので,データベースの再編成を行った。

イ アクセスの集中によって I/O 待ち時間が増加したので,データベースを複数のディスクに分割した。

ウ ある特定の行だけにアクセスが集中していることが分かったので,インデックスの再設定を行った。

エ 長期間の運用で,更新,追加によってオーバフロー領域に配置されるデータが多くなってきたので,インデックスを追加した。

Posted by g@kko at 2004/12/25 08:12 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月24日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月24日(金) 本格版 229号 第3問

示現塾 2004年12月24日(金) 本格版 229号

第3問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW15-74

 稼働開始時から現在まで,システム構成,データの到着頻度及びデータベースのレコード数が変わっていないにもかかわらず,関係データベースを使ったシステムの応答時間が非常に長くなってきた。応答時間の改善のために有効な対処はどれか。

ア データベース作成時のバックアップのリストアを行う。
イ データベースの再編成を行う。
ウ データベースのチェックポイント取得を行う。
エ データベースの物理バックアップを行う。

Posted by g@kko at 2004/12/24 12:50 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月23日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術, 誤答管理 ]

H16AM08: 示現塾 2004年12月23日(木) 本格版 228号 第3問

示現塾 2004年12月23日(木) 本格版 228号

第3問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB16-08

 分散処理システムを構築する際のネットワーク透過性に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア OSやアプリケーションの構成に影響を与えることなくシステムの規模を変更できることを,規模透過性という。
イ システムの信頼性や性能の向上のためにファイルの複製物をもつことを,性能透過性という。
ウ ネットワークに接続されている異なる種類の資源に対して,同一方法でアクセスできることを,並行透過性という。
エ ネットワークに接続されている資源に対して,その存在位置を意識することなくアクセスできることを,アクセス透過性という。

Posted by g@kko at 2004/12/23 11:15 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月22日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月22日(水) 本格版 227号 第3問

示現塾 2004年12月22日(水) 本格版 227号

第3問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM13-23

 元のデータベース(オリジナルDB)と同じ内容のデータベース(コピーDB)をあらかじめ用意しておき,オリジナルDBが更新されると,独立のプロセスが,指定された一定時間後にその内容をコピーDBに反映させる手法はどれか。

ア 2相コミットメント       
イ イメージコピー
ウ ミラーリング         
エ レプリケーション

Posted by g@kko at 2004/12/22 16:21 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月21日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月21日(火) 本格版 226号 第3問

示現塾 2004年12月21日(火) 本格版 226号

第3問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM16-40

 分散型DBMSにおいて,二つのデータベースサイトの表で結合を行う場合,どちらか一方の表をほかのデータベースサイトに送る必要がある。その際,表の結合に必要な属性だけを送り,結合に成功したものだけを元のデータベースサイトに転送して,最終的な結合を行う方式はどれか。

ア 入れ子ループ法         
イ セミジョイン法
ウ ハッシュセミジョイン法     
エ マージジョイン法

Posted by g@kko at 2004/12/21 08:48 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月20日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月20日(月) 本格版 225号 第3問

示現塾 2004年12月20日(月) 本格版 225号

第3問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM15-39

 分散データベースシステムのデータディクショナリ/ディレクトリの配置方式に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア 集中管理方式では,データディクショナリ/ディレクトリを保有するサイトに負荷が集中することはない。

イ 集中管理方式では,データディクショナリ/ディレクトリを保有するサイトの障害が,分散データベースの重大な障害になる。

ウ 分散管理方式で,各サイトにデータディクショナリ/ディレクトリを重複保有しない形態では,表の構造の変化が発生した場合,すべてのサイトで内容を変更する必要がある。

エ 分散管理方式で,各サイトにデータディクショナリ/ディレクトリを重複保有する形態では,問合せに対して,ほかのサイトの内容を調べることがある。

Posted by g@kko at 2004/12/20 07:00 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月19日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM37: 示現塾 2004年12月19日(日) 本格版 224号 第3問

示現塾 2004年12月19日(日) 本格版 224号

第3問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB15-37

http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-19-3.htm

 図は,分散システムにおける2相コミットメントプロトコルの正常処理の流れを表している。①~④の動作を説明する語句の組合せとして,最も適切なものはどれか。

Posted by g@kko at 2004/12/19 09:44 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月18日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, データベース技術 ]

H13AM06: 示現塾 2004年12月18日(土) 本格版 223号 第4問

示現塾 2004年12月18日(土) 本格版 223号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB13-06

 分散データベースシステムにおいて,複数のデータベースを更新する場合に用いられる2相コミットの処理手順として,適切なものはどれか。


ア 主サイト(要求元)が各データベースサイトにコミット準備要求を発行した場合,各データベースサイトは,準備ができていない場合だけ応答を返す。

イ 主サイト(要求元)は,各データベースサイトにコミットを発行し,コミットが失敗した場合には,再度コミットを発行する。

ウ 主サイト(要求元)は,各データベースサイトのロックに成功した後,コミットを発行し,各データベースサイトをアンロックする。

エ 主サイト(要求元)は,各データベースサイトをコミット又はロールバック可能な状態にした後,コミットを発行する。

Posted by g@kko at 2004/12/18 12:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月17日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月17日(金) 本格版 222号 第4問

示現塾 2004年12月17日(金) 本格版 222号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:NW13-05

 分散トランザクション処理で利用される 2 相コミットプロトコルでは,コミット処理を開始する指揮者(coordinator)と,指揮者からの指示を受信してから必要なアクションを開始する参加者(participant)がある。この 2 相コミットプロトコルに関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 参加者は,フェーズ 1 で指揮者にコミット OK の応答を返してしまえば,フェーズ 2 のコミット要求を受信していなくても,ローカルにコミット処理が進められる。

イ 指揮者に障害が発生するポイントによっては,その回復処理が終わらない限り,参加者全員がコミットもロールバックも行えない事態が起こる。

ウ 一つの分散トランザクションに複数の指揮者及び参加者が存在し得る。例えば,5 個のシステム(プログラム)が関与している場合,指揮者の数が 2,参加者の数が 3 となり得る。

エ フェーズ 1 で返答のない参加者が存在しても,指揮者は強制的にそのトランザクションをコミットすることができる。

Posted by g@kko at 2004/12/17 21:30 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月16日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H12午前, データベース技術 ]

H12AM61: 示現塾 2004年12月16日(木) 本格版 221号 第4問

示現塾 2004年12月16日(木)本格版 221号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB12-61

 分散データベースシステムにおいて,データベースが置かれているサイト名を表の命名規則に使った場合の特徴として,適切なものはどれか。

ア 各サイトにすべてのデータディクショナリ/ディレクトリが必要である。

イ 自サイトのデータディクショナリ/ディレクトリしかもたない場合に,他サイトの問合せが効率的になる。

ウ データディクショナリ/ディレクトリを一点集中管理する場合に効率的となる。

エ 表の移動,フラグメント及び重複が発生する頻度が高い場合に適している。

Posted by g@kko at 2004/12/16 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月15日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術, 誤答管理 ]

H16AM38: 示現塾 2004年12月15日(水) 本格版 220号 第4問

示現塾 2004年12月15日(水)本格版 220号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB16-38

 TPモニタの配下で動作するアプリケーションプログラムからデータベースをアクセスするときの説明として,適切なものはどれか。


ア SQLの検索結果が“対象データなし”であったときは,DBMSがロールバックをする。

イ TPモニタヘのコミットとロールバックの指示はアプリケーションプログラムが行い,DBMSへの指示はTPモニタが行う。

ウ アプリケーションプログラムは,TPモニタ配下のほかのアプリケーションプログラムのコミット,又はロールバックの発行を確認して,自分のトランザクションをコミットするかロールバックするか判断する。

エ トランザクションの開始をアプリケーションプログラム側から指示することができず,TPモニタが開始時点を決定する。

Posted by g@kko at 2004/12/15 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月14日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM39: 示現塾 2004年12月14日(火) 本格版 219号 第4問

示現塾 2004年12月14日(火)本格版 219号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB16-39

 トランザクションのACID特性のうち,原子性(atomicity)の記述として,適切なものはどれか。

ア データベースの内容が矛盾のない状態であること
イ トランザクションが正常終了すると,障害が発生しても更新結果はデータベースから消失しないこと
ウ トランザクションの処理がすべて実行されるか,全く実行されないかのいずれかで終了すること
エ 複数のトランザクションを同時に実行した場合と,順番に実行した場合の処理結果が一致すること

Posted by g@kko at 2004/12/14 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月13日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM40: 示現塾 2004年12月13日(月) 本格版 218号 第4問

示現塾 2004年12月13日(月)本格版 218号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB15-40

 トランザクションのACID特性の説明として,適切なものはどれか。


ア トランザクションでは,実行すべき処理がすべて行われるか,何も処理が行われないかという状態のほかに,処理の一部だけ行われるという状態も発生する。

イ トランザクションの実行完了後でも障害の発生によって実行結果が失われることがある。

ウ トランザクションの実行の結果が矛盾した状態になることはない。

エ トランザクションは相互に関連しており,同時に実行されるほかのトランザクションの影響を受ける。

Posted by g@kko at 2004/12/13 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月12日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM20: 示現塾 2004年12月12日(日) 本格版 217号 第4問

示現塾 2004年12月12日(日)本格版 217号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB16-20

 データベースのバックアップ処理には,フルバックアップ方式と差分バックアップ方式がある。差分バックアップ方式に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア 差分バックアップ方式での復旧は,フルバックアップで修復した後に,差分を加えて行う。

イ 差分バックアップ方式では,障害時の回復にも差分だけ処理すればよいので,フルバックアップ方式に比べて復旧時間が短い。

ウ 差分バックアップ方式は,フルバックアップ方式と交互に運用することはできない。

エ 差分バックアップ方式は,フルバックアップ方式に比べ,バックアップの処理時間が長い。

Posted by g@kko at 2004/12/12 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月11日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月11日(土) 本格版 216号 第4問

示現塾 2004年12月11日(土)本格版 216号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM13-22

 情報システムのバックアップを行う場合の留意点として,適切なものはどれか。


ア システム部門が,システム停止から復旧までの中断時間が及ぼす影響を検討し,回復すべき業務の優先順位を定める。

イ システムのバックアップを外部に委託するときには,データ内容の一致が確保できれば十分である。

ウ 重要なデータについては,バックアップの作成,変更前状態の世代保存などを必ず行う。

エ バックアップした媒体は,できるだけ分散保管を避けて集中的に保管する。

Posted by g@kko at 2004/12/11 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月10日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月10日(金) 本格版 215号 第4問

示現塾 2004年12月10日(金)本格版 215号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SD13-20

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-10-4.htm

 データベースの利用中にシステム障害が発生し,チェックポイント の状態まで復旧した。五つのトランザクション の中で,前進復帰(ロールフォワード)しなければならないものはどれか。ここで,チェックポイントでは,その時点で実行中のトランザクション情報やデータベースの更新履歴などのログ情報を書き出すとともに,データベースの書き出しを行うものとする。

ア TR1 と TR2
イ TR2 と TR3
ウ TR2 と TR4
エ TR3 と TR4

Posted by g@kko at 2004/12/10 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月09日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月09日(木) 本格版 214号 第4問

示現塾 2004年12月09日(木)本格版 214号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:NW14-10

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-09-4.htm

 DBMS を障害発生後に再立上げするとき,前進復帰(ロールフォワード)すべきトランザクションと後退復帰(ロールバック)すべきトランザクションの組合せとして,適切なものはどれか。ここで,トランザクションの処理内容は次のとおりとする。

Posted by g@kko at 2004/12/09 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月08日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月08日(水) 本格版 213号 第4問

示現塾 2004年12月08日(水)本格版 213号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-73

 トランザクション処理におけるソフトウェア障害に備えて,データベースの回復処理に必要な情報を確保する方法として,適切なものはどれか。

ア 更新前の内容を,チェックポイントを設けてジャーナルファイルに記録する。
イ 設定したチェックポイントで,更新後の内容を直接ダンプファイルに記録する。
ウ 設定したチェックポイントで,データベース全体のダンプファイルを取得する。
エ データベース更新時に,更新前の内容をジャーナルファイルに記録する。

Posted by g@kko at 2004/12/08 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月07日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月07日(火) 本格版 212号 第4問

示現塾 2004年12月07日(火)本格版 212号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SS13-12

 オンラインシステムのデータベース回復処理に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 業務処理上の誤りによってデータベースの誤更新が行われた場合,ジャーナルファイルの更新後情報を用いて最新の状態に回復する。

イ ディスクアクセス時に回復不能なエラーが発生した場合,最新のバックアップファイルとジャーナルファイルの更新前情報を用いて回復する。

ウ データベースの回復処理に備えて,定期的にバックアップファイルを作成するとともに,オンライン稼働中にはジャーナルファイルに更新前後の情報を記録する。

エ データベースの回復処理に備えて,入力されたトランザクション,更新前後のデータベースレコード及びその際の処理プログラムを含むジャーナルをとる。

Posted by g@kko at 2004/12/07 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月06日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM34: 示現塾 2004年12月06日(月) 本格版 211号 第4問

示現塾 2004年12月06日(月)本格版 211号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB14-34

 コンピュータシステムのデータ回復処理に関する記述のうち,正しいものはどれか。


ア 異なるトランザクション処理プログラムが,同一データベースを同時更新する
  ことによって生じる論理的な矛盾を防ぐために,データのブロッキングが必要となることがある。

イ データベースの物理的障害に対して,バックアップファイルをリストアした後,ログファイルの更新前情報を使用してデータの回復処理を行う。

ウ トランザクション処理プログラムがデータベースの更新中に異常終了した場合には,ログファイルの更新後情報を使用してデータの回復処理を行う。

エ トランザクション処理プログラムでデータベースの更新量が多い場合には,チェックポイントを設定してデータの回復に備えることがある。

Posted by g@kko at 2004/12/06 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月05日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月05日(日) 本格版 210号 第4問

示現塾 2004年12月05日(日)本格版 210号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM13-24

 データベースシステムの排他制御におけるロックの粒度に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 大量の更新を行う場合は,ロックの粒度は細かい方がよい。
イ ロックの粒度が細かい方が,CPUの負荷は小さい。
ウ ロックの粒度が細かい方が,デッドロックは多い。
エ ロックの粒度が細かい方が,ロック待ちは少ない。

Posted by g@kko at 2004/12/05 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月04日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月04日(土) 本格版 209号 第4問

示現塾 2004年12月04日(土)本格版 209号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW16-73

 トランザクションの同時実行制御に用いられるロックの動作に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 共有ロック中に発生した共有ロックの要求は認める。
イ 共有ロック中に発生した占有ロックの要求は認める。
ウ 占有ロック中に発生した共有ロックの要求は認める。
エ 占有ロック中に発生した占有ロックの要求は認める。

Posted by g@kko at 2004/12/04 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月03日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月03日(金) 本格版 208号 第4問

示現塾 2004年12月03日(金)本格版 208号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM13-21

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-03-4.htm

 次の図に示すトランザクションAとBが,共通の資源であるテーブルaとテーブルbを更新しようとしたときに,デッドロックが発生するのはどの時点か。ここで,図中の番号はその処理の実行順序を示す。テーブルのロックは個々のテーブルごとにそのテーブルの更新直前に行い,トランザクション終了時にアンロックを行うものとする。

ア ③      
イ ④      
ウ ⑤      
エ ⑥

Posted by g@kko at 2004/12/03 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月02日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年12月02日(木) 本格版 207号 第4問

示現塾 2004年12月02日(木)本格版 207号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SD14-10

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-12-02-4.htm

 あるデータベースシステムにおいて,プログラムは,データに対するアクセスモードとして,共用か排他を選ぶ。二つのプログラムが同一データヘのアクセス要求を行うとき,後続プログラムのアクセス要求に対する並行実行の可否の組合せのうち,適切なものはどれか。ここで,表中の○は二つのプログラムが並行して実行されることを表し,×は先行プログラムの実行終了まで後続プログラムが待たされることを表す。

Posted by g@kko at 2004/12/02 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月30日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, データベース技術 ]

H13AM41: 示現塾 2004年11月30日(火) 本格版 205号 第4問

示現塾 2004年11月30日(火) 本格版 205号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB13-41

 ストアドプロシージャに関する記述として,適切なものはどれか。

ア SQL 文の実行順序を制御する文を含めることはできない。
イ SQL 文をクライアントにダウンロードして実行する。
ウ 最適化された共通アクセス方法をアプリケーションに提供できる。
エ 複数のSQL文を含んでいてはならない。

Posted by g@kko at 2004/11/30 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月29日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月29日(月) 本格版 204号 第4問

示現塾 2004年11月29日(月) 本格版 204号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM14-40

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-29-4.htm

 Webページヘのアクセス件数を調べる目的でアクセスカウンタを作成した。図に示すとおり,2人の閲覧者が同時にアクセスしたところ,サーバ内の処理は①~④の順序で実行された。2人がアクセスする前のアクセスカウンタの値が100であったとすると,処理④が終了した時点のアクセスカウンタの値は幾つになるか。

ア 100      
イ 101      
ウ 102      
エ 104

Posted by g@kko at 2004/11/29 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月28日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM30: 示現塾 2004年11月28日(日) 本格版 203号 第4問

示現塾 2004年11月28日(日) 本格版 203号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB16-30

 SQLにおけるオブジェクトの処理権限に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 権限の種類はINSERT,DELETE,UPDATEの三つである。
イ 権限は実表だけに適用でき,ビューには適用できない。
ウ 権限を取り上げるにはREVOKE文を用いる。
エ 権限を付与するにはCOMMIT文を用いる。

Posted by g@kko at 2004/11/28 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月27日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月27日(土) 本格版 202号 第4問

示現塾 2004年11月27日(土) 本格版 202号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-71

 埋込み SQL において,問合せによって得られた導出表を 1 行ずつ親プログラムに引き渡す操作がある。この操作と関係の深い字句はどれか。

ア CURSOR
イ ORDER BY
ウ UNION
エ UNIQUE

Posted by g@kko at 2004/11/27 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月26日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM33: 示現塾 2004年11月26日(金) 本格版 201号 第4問

示現塾 2004年11月26日(金) 本格版 201号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-2/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:DB15-33

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-26-4.htm

 "注文"表と"商品"表の二つに対して,四つのビューを定義した。このうち更新可能なビューはどれか。

ア CREATE VIEW 顧客V (顧客番号,顧客名)
        AS SELECT DISTINCT 顧客番号,顧客名 FROM 注文

イ CREATE VIEW 商品V (商品番号,商品名)
        AS SELECT 商品番号,商品名 FROM 商品

ウ CREATE VIEW 注文V (注文番号,注文日,顧客番号,合計金額)
        AS SELECT 注文番号,注文日,顧客番号,SUM(金額) FROM 注文
              GROUP BY 注文番号,注文日,顧客番号

エ CREATE VIEW 注文明細V (注文番号,商品番号,数量,単価,金額)
        AS SELECT 注文番号,注文.商品番号,数量,単価,金額
              FROM 注文,商品 WHERE 注文.商品番号 = 商品.商品番号

Posted by g@kko at 2004/11/26 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月25日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM33: 示現塾 2004年11月25日(木) 本格版 200号 第4問

示現塾 2004年11月25日(木) 本格版 200号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-2/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:DB16-33

 更新可能なビューを作成するSQL文はどれか。ここで,SQL文中に現れる表はすべて更新可能とする。

ア CREATE VIEW 高額商品(商品番号, 商品名)
  AS SELECT 商品番号, 商品名 FROM 商品 WHERE 商品単価 > 1000

イ CREATE VIEW 商品受注(商品番号, 受注数量)
  AS SELECT 商品番号, SUM(受注数量) FROM 受注 GROUP BY 商品番号

ウ CREATE VIEW 受注一覧(受注番号, 商品名, 受注数量)
  AS SELECT 受注番号, 商品名, 受注数量 FROM 受注, 商品
  WHERE 受注.商品番号 = 商品.商品番号

エ CREATE VIEW 受注商品(商品番号)
  AS SELECT DISTINCT 商品番号 FROM 受注

Posted by g@kko at 2004/11/25 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月24日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月24日(水) 本格版 199号 第4問

示現塾 2004年11月24日(水) 本格版 199号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-2 技術レベル-II 出題頻度-中 出典:SW13-74

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-24-4.htm

 二つの表"商品","在庫"に対する次の SQL 文と,同じ結果が得られる SQL文はどれか。

SELECT 商品番号 FROM 商品
    WHERE 商品番号 NOT IN (SELECT 商品番号 FROM 在庫)


ア SELECT 商品番号 FROM 在庫
        WHERE EXISTS (SELECT 商品番号 FROM 商品)

イ SELECT 商品番号 FROM 在庫
        WHERE NOT EXISTS (SELECT 商品番号 FROM 商品)

ウ SELECT 商品番号 FROM 商品
        WHERE EXISTS (SELECT 商品番号 FROM 在庫
        WHERE 商品.商品番号 = 在庫.商品番号)

エ SELECT 商品番号 FROM 商品
        WHERE NOT EXISTS (SELECT 商品番号 FROM 在庫
        WHERE 商品.商品番号 = 在庫.商品番号)

Posted by g@kko at 2004/11/24 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月23日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月23日(火) 本格版 198号 第4問

示現塾 2004年11月23日(火) 本格版 198号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-72

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-23-4.htm

"業者"表,"仕入れ業者"表に対する次の SQL 文と同じ結果が得られる SQL文はどれか。ここで,業者と仕入れ業者の表構造は次のとおりである(下線部は主キーを表す)。

業者(業者番号,業者名)
仕入れ業者(商品番号業者番号

SELECT 業者名 FROM 業者,仕入れ業者
  WHERE 業者.業者番号 = 仕入れ業者.業者番号 AND 商品番号 = 100


ア SELECT 業者名 FROM 業者 WHERE NOT EXISTS
   (SELECT * FROM 仕入れ業者 WHERE 商品番号 = 100)

イ SELECT 業者名 FROM 業者 WHERE NOT EXISTS
   (SELECT 商品番号 FROM 仕入れ業者 WHERE 商品番号 = 100)

ウ SELECT 業者名 FROM 業者 WHERE 業者番号 IN
   (SELECT 業者番号 FROM 仕入れ業者 WHERE 商品番号 = 100)

エ SELECT 業者名 FROM 業者 WHERE 商品番号 IN
   (SELECT 商品番号 FROM 仕入れ業者 WHERE 商品番号 = 100)

Posted by g@kko at 2004/11/23 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月22日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月22日(月) 本格版 197号 第4問

示現塾 2004年11月22日(月) 本格版 197号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-2/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SW16-71

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-22-4.htm

 "社員"表に存在する同姓同名の氏名を検索するSQL文として,適切なものはどれか。

ア SELECT DISTINCT 氏名 FROM 社員 ORDER BY 氏名
イ SELECT 氏名, COUNT(*) FROM 社員 GROUP BY 氏名
ウ SELECT 氏名 FROM 社員 GROUP BY 氏名 HAVING COUNT(*) > 1
エ SELECT 氏名 FROM 社員 WHERE 氏名 = 氏名

Posted by g@kko at 2004/11/22 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月21日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月21日(日) 本格版 196号 第4問

示現塾 2004年11月21日(日) 本格版 196号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM14-37

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-21-4.htm

 "社員"表と"部門"表に対し,次の SQL 文を実行したときの結果はどれか。

SELECT COUNT(*) FROM 社員,部門
    WHERE 社員.所属 = 部門.部門名 AND 部門.フロア = 2

ア 1     
イ 2     
ウ 3     
エ 4

Posted by g@kko at 2004/11/21 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月20日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月20日(土) 本格版 195号 第4問

示現塾 2004年11月20日(土) 本格版 195号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-2 技術レベル-II 出題頻度-中 出典:SW15-73

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-20-4.htm

 次の SQL 文によって,"社員の居室"表及び"部屋の管理部門"表から新たに得られる表はどれか。

Posted by g@kko at 2004/11/20 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月19日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM28: 示現塾 2004年11月19日(金) 本格版 194号 第4問

示現塾 2004年11月19日(金) 本格版 194号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB14-28

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-19-4.htm

 次のSQL文の実行によって"会員"表から得られる表はどれか。

Posted by g@kko at 2004/11/19 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月18日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月18日(木) 本格版 193号 第4問

示現塾 2004年11月18日(木) 本格版 193号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SS13-08

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-18-4.htm

 "会員"表に対する SQL文によって得られる表はどれか。

Posted by g@kko at 2004/11/18 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月17日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月17日(水) 本格版 192号 第4問

示現塾 2004年11月17日(水) 本格版 192号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:SW16-69

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-17-4.htm

 図は,営業所別顧客別取引明細票の出力様式である。この帳票から得られる関係データベースの表のうちで第3正規形のものはどれか。ここで,取引番号は顧客ごとの連番とし,値引き額は商品別の値引き率に単価と数量を乗じて求めるものとする。

ア 顧客(顧客番号,顧客名,顧客業種コード,業種名)
イ 商品(商品コード,商品名,単価,値引き率)
ウ 取引(顧客番号,金額計,値引き額計,消費税,当日取引額)
エ 取引明細(取引番号,商品コード,数量,金額)

Posted by g@kko at 2004/11/17 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月16日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月16日(火) 本格版 191号 第4問

示現塾 2004年11月16日(火) 本格版 191号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SW16-70

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-16-4.htm


ア 図書タイトルエンティティと所蔵図書エンティティの間のカーディナリテイは逆である。
イ 図書タイトルエンティティと所蔵図書エンティティを分けるのは冗長である。
ウ 図書タイトルエンティティは,物理的な実体を伴わない抽象的なエンティティである。
エ 予約時に貸し出す所蔵図書が決定できるようになっている。

Posted by g@kko at 2004/11/16 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月15日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月15日(月) 本格版 190号 第4問

示現塾 2004年11月15日(月) 本格版 190号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM16-37

 データベースに格納するに当たり,帳票データを正規化する。正規化に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 異音同義語の統一など個々のデータ項目の整備は,正規化の後に行う。
イ 検索のキーとなっていないデータ項目を,正規化の過程でキーにすることはない。
ウ 帳票の出力順を規定するデータ項目は,正規化において必ずエンティティのキーとなる。
エ データ項目に繰返し部分がある場合,その部分の分離を行う。

Posted by g@kko at 2004/11/15 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月14日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月14日(日) 本格版 189号 第4問

示現塾 2004年11月14日(日) 本格版 189号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-70

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-14-4.htm

 "社員"表を四つの表に分割した。"キー以外の項目はキー項目だけに従属する"という条件を満たさない表はどれか。ここで,下線部は主キーを表す。

Posted by g@kko at 2004/11/14 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月13日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, データベース技術 ]

示現塾 2004年11月13日(土) 本格版 188号 第4問

示現塾 2004年11月13日(土) 本格版 188号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW13-72

 次の関係"注文"の属性に(1)~(7)の関数従属性があるとき,主キー属性の組として正しいものはどれか。ここで,(A,B)という記述は,A と B の属性の組を表す。また,A → C という記述は,C が A に関数従属していることを示す。

関係"注文"
 (注文番号,注文日,顧客番号,顧客名,商品番号,商品名,数量,金額)

関数従属性
 (1) 注文番号 → 注文日       (2) 注文番号 → 顧客番号
 (3) 注文番号 → 顧客名      (4) 顧客番号 → 顧客名
 (5) (注文番号,商品番号) → 数量 (6) (注文番号,商品番号) → 金額
 (7) 商品番号 → 商品名

ア (注文番号)
イ (注文番号,顧客番号)
ウ (注文番号,顧客番号,商品番号)
エ (注文番号,商品番号)

Posted by g@kko at 2004/11/13 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (1) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月12日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM23: 示現塾 2004年11月12日(金) 本格版 187号 第4問

示現塾 2004年11月12日(金) 本格版 187号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB16-23

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-12-4.htm

 第2正規形であるが第3正規形でない表はどれか。ここで,講義名に対して担当教員は一意に決まり,所属コードに対して勤務地は一意に決まるものとする。また,{ }は繰返し項目を表し,下線部のデータ項目は主キーを表す。

Posted by g@kko at 2004/11/12 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月11日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月11日(木) 本格版 186号 第4問

示現塾 2004年11月11日(木) 本格版 186号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SM14-36

 関係データベースにおいて,第1正規形,第2正規形,第3正規形と,正規化を進めることによって得られる効果はどれか。

ア データベースの参照性能をより向上させることができる。
イ データベースの冗長性と矛盾を避けることができる。
ウ データベースのセキュリティを高めることができる。
エ テーブルの数を減らすことができる。

Posted by g@kko at 2004/11/11 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月09日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月09日(火) 本格版 184号 第4問

示現塾 2004年11月09日(火) 本格版 184号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:SW13-70

 データモデルには階層モデル,ネットワークモデル及び関係モデルの三つがある。このうちの階層モデルに関する説明として,適切なものはどれか。

ア データが幾つかの 2 次元の表として表現される。
イ 一つのレコードに対して,複数の親レコードがあり得る。
ウ 網状の構造をもつ対象を表現するときには,冗長な表現となる。
エ レコード間の関連付けはあらかじめ設計する必要はなく,データ操作の中で動的に行うことができる。

Posted by g@kko at 2004/11/09 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月08日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月08日(月) 本格版 183号 第4問

示現塾 2004年11月08日(月) 本格版 183号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW13-71

 関係データベースのキーに関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア インデックスを付与した列又は列の組は,必ず候補キーである。
イ 候補キーとは,表の中の行を一意に識別する列又は列の組であり,一つの表に対して一つだけである。
ウ 候補キーには,必ずインデックスを付与しなければならない。
エ 主キーは,一つの表内に一つだけであり,一意性を保証するためにNULL 値は認められない。

Posted by g@kko at 2004/11/08 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月07日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月07日(日) 本格版 182号 第4問

示現塾 2004年11月07日(日) 本格版 182号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SM13-36

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-03-12-1.htm

 次の二つのエンティティ間には受講という多対多の関係が生じている。これを1対多,多対1の関係とするために追加すべきエンティティの属性として,適切なものはどれか。ここで,下線部は主キーを表す。

ア 学籍番号,科目番号       
イ 学籍番号,科目名
ウ 学籍番号,氏名,科目番号   
エ 氏名,科目名

Posted by g@kko at 2004/11/07 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月06日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13午前, データベース技術 ]

H13AM33: 示現塾 2004年11月06日(土) 本格版 181号 第4問

示現塾 2004年11月06日(土) 本格版 181号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB13-33

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-06-4.htm

 E-R図の解釈として,正しいものはどれか。ここで,→は1対多のカーディナリティを表し,ロールを添えてある。ロールはその作用の方向に沿って左側に置かれる。また,[ ]の内容は,その対応づけの制約条件を表す。

ア 上位分類の種類は下位分類の種類より多い可能性がある。
イ 商品分類体系がネットワーク構造になることはない。
ウ 商品分類体系には上位分類と下位分類の2階層だけが存在する
エ 分類階層がループする可能性がある。

Posted by g@kko at 2004/11/06 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月05日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月05日(金) 本格版 180号 第4問

示現塾 2004年11月05日(金) 本格版 180号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW15-70

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-05-4.htm

 販売会社が,商品の注文を受ける場合のエンティティ(顧客,商品,注文,注文明細)間の関係をモデル図で表現したい。a~d に入れるべきエンティティの組合せとして,適切なものはどれか。ここで,顧客は繰り返し注文を行い,同時に複数の商品を注文するものとする。また,多重度を,その関連を表す線のターゲット側に書き,"*"は 0 以上を表す。 

Posted by g@kko at 2004/11/05 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月04日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月04日(木) 本格版 179号 第4問

示現塾 2004年11月04日(木) 本格版 179号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM14-38

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2004-11-04-4.htm

 次の表の関係を表すE-R図として,適切なものはどれか。ここで,表定義中の実線は主キーを,破線は外部キーを表す。E-R図の線上の記述はカーディナリティであり,*は多を表す。

Posted by g@kko at 2004/11/04 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月03日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月03日(水) 本格版 178号 第4問

示現塾 2004年11月03日(水) 本格版 178号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW13-75

 関係データベースのアクセス効率に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア 最初に最適なアクセスパスを一つ用意しておけば,データ量が増加しても効率は低下しない。

イ すべての読取りアクセスは,必ずインデックスを使うアクセスパスにする方が効率が良い。

ウ データの更新頻度が高い列に対しては,インデックスを設けない方が効率が良い。

エ 同時に多くのトランザクションを処理するときも,排他制御機能を利用することによって,効率を低下させずに処理することができる。

Posted by g@kko at 2004/11/03 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月02日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術, 誤答管理 ]

示現塾 2004年11月02日(火) 本格版 177号 第4問

示現塾 2004年11月02日(火) 本格版 177号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-75

 DBMS における整合性制約の説明として,適切なものはどれか。


ア ある項目が変更されるときに許される値についての制約を,形式制約という。

イ ある項目のデータ型やけた数などについての制約を,属性制約という。

ウ 階層型データベースにおける親子関係の制約は,関係データベースの更新制約に相当する。

エ 更新時に,関連する表間で不整合を起こさせないための制約を,参照制約という。

Posted by g@kko at 2004/11/02 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (5) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年11月01日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年11月01日(月) 本格版 176号 第4問

示現塾 2004年11月01日(月) 本格版 176号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:CM13-15

 関係データベースのビューを使うことで得られる利点に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 集計関数の結果にも名称を付与することができ,この名称を使って効率良く結果の更新ができる。

イ ビューにCREATE RULE文を使ってアクセス権限を与えることによって,実表の特定の行や列に対してアクセス許可を与えることができる。

ウ 複数のSQL文やよく利用される計算式などを,親言語の機能を使用して一つのビューとしてまとめることによって,保守の負荷を軽減できる。

エ 複数のテーブルの結合,計算,特定の行や列の選定など,複雑な検索をビューに定義することによって,プログラミングの負荷を軽減できる。

Posted by g@kko at 2004/11/01 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年10月31日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年10月31日(日) 本格版 175号 第4問

示現塾 2004年10月31日(日) 本格版 175号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW15-72

 ビューに関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア ビューは,元の表から指定した列全体を抜き出して定義するものであり,指定条件を満足する行だけを抜き出して定義することはできない。

イ ビューでは,元の表の列名を異なる名称で定義することができる。

ウ 二つ以上の表の結合によって定義されたどんなビューに対しても,更新操作を行うことができる。

エ 元の表に新たな列を追加するときは,既存のビューにも影響がでるので,ビューを再定義する必要がある。

Posted by g@kko at 2004/10/31 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年10月30日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術, 誤答管理 ]

示現塾 2004年10月30日(土) 本格版 174号 第4問

示現塾 2004年10月30日(土) 本格版 174号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SM15-36

 ANSI/SPARCの3層スキーマ構造で,データ処理上必要な現実世界のデータ全体を定義し,特定のアプリケーションプログラムに依存しないデータ構造を定義するスキーマとして,適切なものはどれか。

ア 概念スキーマ        
イ 外部スキーマ
ウ サブスキーマ        
エ 内部スキーマ

Posted by g@kko at 2004/10/30 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年10月29日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, H13午前, データベース技術 ]

H13AM21: 示現塾 2004年10月29日(金) 本格版 173号 第4問

示現塾 2004年10月29日(金) 本格版 173号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:DB13-21

 ANSI/SPARC 3 層スキーマに関する記述として,適切でないものはどれか。


ア ANSI/SPARC 3 層スキーマの意義は,物理的データ独立性,論理的データ独立性を確保することがである。

イ 外部スキーマは,実世界の変化によっても応用プログラムができるだけ影響を受けないようにするための考え方である。

ウ 関係データベースのビューやネットワークデータベースのサブスキーマは,概念スキーマに相当する。

エ 内部スキーマは,直接編成ファイルや VSAM ファイルなどの物理ファイルを用いて,概念スキーマをコンピュータ上に実装するための記述である。

Posted by g@kko at 2004/10/29 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (1) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年10月28日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年10月28日(木) 本格版 172号 第4問

示現塾 2004年10月28日(木) 本格版 172号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SW15-69

 DBMSが,3 層スキーマアーキテクチャを採用する目的として,適切なものはどれか。

ア 関係演算によって元の表から新たな表を導出し,それが実在しているように見せる。

イ 対話的に使われる SQL 文を,アプリケーションプログラムからも使えるようにする。

ウ データの物理的な格納構造を変更しても,アプリケーションプログラムに影響が及ばないようにする。

エ プログラム言語を限定して,アプリケーションプログラムと DBMS を緊密に結合する。

Posted by g@kko at 2004/10/28 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年10月27日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM21: 示現塾 2004年10月27日(水) 本格版 171号 第4問

示現塾 2004年10月27日(水) 本格版 171号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:DB14-21

 関係モデルの用語のうち,ANSI/SPARC 3 層スキーマの外部スキーマに対応するものはどれか。

ア アトリビュート            
イ タプル
ウ テーブル               
エ ビュー

Posted by g@kko at 2004/10/27 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年10月26日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年10月26日(火) 本格版 170号 第4問

示現塾 2004年10月26日(火) 本格版 170号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SM13-37

 データベースを記録媒体にどのように格納するかを記述したものはどれか。

ア 概念スキーマ            
イ 外部スキーマ
ウ サブスキーマ            
エ 内部スキーマ

Posted by g@kko at 2004/10/26 02:03 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年10月25日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/データベース技術 ]

示現塾 2004年10月25日(月) 本格版 169号 第4問

示現塾 2004年10月25日(月) 本格版 169号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW15-71

 データモデルに関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 概念モデルの図式的記法の一つに,E-R モデルがある。

イ 概念モデルの一つに,関係モデルがある。

ウ 概念モデルはデータ定義を,論理モデルはその操作をそれぞれ記述する。

エ 論理モデルが決まると,データベースの物理構造は,ただ一つに定まる。

Posted by g@kko at 2004/10/25 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13 )