前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11 ) 次へ

2005年01月07日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2005年01月07日(金) 本格版 243号 第5問

示現塾 2005年01月07日(金) 本格版 243号

第5問 セキュリティと標準化(AU向け)
分野-6-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:SS14-21

 電子メールの暗号化において,共通かぎ暗号方式と比べた場合の公開かぎ暗号方式の特徴はどれか。

ア 暗号化かぎを秘密にしておく必要がなくなる。
イ 暗号化を高速に処理できる。
ウ かぎの長さが短く,能力の小さなコンピュータでも処理できる。
エ 復号かぎを秘密にしておく必要がなくなる。

Posted by g@kko at 2005/01/07 08:44 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月06日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2005年01月06日(木) 本格版 242号 第5問

示現塾 2005年01月06日(木) 本格版 242号

第5問 セキュリティと標準化(AU向け)
分野-6-1-1/技術レベル-III/出題頻度-高/出典:SS14-15

 メール内容の機密性を高めるために用いられる電子メールの伝送方式はどれか。

ア IMAP4    
イ POP3    
ウ SMTP    
エ S/MIME

Posted by g@kko at 2005/01/06 08:45 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月05日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2005年01月05日(水) 本格版 241号 第5問

示現塾 2005年01月05日(水) 本格版 241号

第5問 セキュリティと標準化(AU向け)
分野-6-1-1/技術レベル-III/出題頻度-高/出典:SS13-31

 電子メールを暗号化して送受信するために使用される技術はどれか。

ア BASE64     
イ GZIP     
ウ PNG     
エ S/MIME

Posted by g@kko at 2005/01/05 15:38 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月04日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2005年01月04日(火) 本格版 240号 第5問

示現塾 2005年01月04日(火) 本格版 240号

第5問 セキュリティと標準化(AU向け)
分野-6-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:SS15-28

 クロスサイトスクリプティングの手口はどれか。


ア Webアプリケーションに用意された入力フィールドに,入力データとして悪意のあるJavaScriptコードを埋め込む。

イ 大量のデータをWebアプリケーションに送ることによって,用意されたバッファ領域をあふれさせる。

ウ 入力フォームの隠しフィールドのデータを改ざんし,改ざんされたデータをWebアプリケーションに渡す。

エ パス名を推定することによって,本来は認証された後にしかアクセスできないページに直接ジャンプする。

Posted by g@kko at 2005/01/04 08:52 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月03日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2005年01月03日(月) 本格版 239号 第5問

示現塾 2005年01月03日(月) 本格版 239号

第5問 セキュリティと標準化(AU向け)
分野-6-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:SS14-06

 多数の電子メール利用者に対する広告や勧誘などの目的で,受信者の意向とは無関係に短時間のうちに大量に送られ,場合によってはメールサーバのダウンにもつながるものを何と呼ぶか。

ア スパムメール          
イ チェーンメール
ウ マクロウイルス         
エ マルチキャスト

Posted by g@kko at 2005/01/03 02:05 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月02日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2005年01月02日(日) 本格版 238号 第5問

示現塾 2005年01月02日(日) 本格版 238号

第5問 セキュリティと標準化(AU向け)
分野-6-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:SS14-26

 インテグリティを脅かすハッカーの攻撃に該当するものはどれか。

ア システム停止をねらう DoS(Denial of Service:サービス不能)攻撃
イ システム内に保管されているデータの不正取得
ウ 通信内容の盗聴
エ ホームページの改ざん

Posted by g@kko at 2005/01/02 02:05 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2005年01月01日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2005年01月01日(土) 本格版 237号 第5問

示現塾 2005年01月01日(土) 本格版 237号

第5問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-2-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM16-50

 UNIX を中心に普及している複数バイトからなるコードで,漢字も表現できるもの
はどれか。

ア ASCII     
イ EBCDIC     
ウ EUC     
エ Unicode

Posted by g@kko at 2005/01/01 02:05 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月31日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2004年12月31日(金) 本格版 236号 第5問

示現塾 2004年12月31日(金) 本格版 236号

第5問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-2-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW16-80

 UCS-2(Unicode)に関する記述として,適切なものはどれか。

ア 主にUNIXで使用するコード体系であり,英数字は1バイト,漢字は2バイトで表現する。

イ 現在,多くのパソコンで使用するコード体系であり,英数字は1バイト,漢字は2バイトで表現する。

ウ すべての文字を1バイトで表現するコード体系である。

エ すべての文字を2バイトで表現するコード体系であり,多くの国の文字体系に対応できる。

Posted by g@kko at 2004/12/31 02:05 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月30日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2004年12月30日(木) 本格版 235号 第5問

示現塾 2004年12月30日(木) 本格版 235号

第5問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-2-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-80

 Unicode の説明として,適切なものはどれか。

ア ANSI(米国標準規格協会)で定めた,7ビットの文字コード体系である。

イ JIS(日本エ業規格)で定めた文字コード体系であり,英数字とカタカナを扱う8ビットのコードと,全角文字を扱う16ビットのコードがある。

ウ 拡張 UNIX コードとも呼ばれ,全角文字と半角カタカナ文字を2バイト又は3バイトで表現する。

エ 多国籍文字を扱うために,日本語や中国語などの形の似た文字を同一コードに割り当てて2バイトの文字コードで表現する。

Posted by g@kko at 2004/12/30 09:53 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:

2004年12月29日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2004年12月29日(水) 本格版 234号 第5問

示現塾 2004年12月29日(水) 本格版 234号

第5問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-2-3/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:SD13-31

 従来の標準バーコードでは実現できなかった,小さなスペースに多くのデータを入れることを可能にしたコードはどれか。

ア 2 次元コード    
イ CODE128     
ウ ITF      
エ JAN

Posted by g@kko at 2004/12/29 13:13 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
前へ ( すべて |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11 ) 次へ