2004年12月27日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17受験記 ]

H14午前問題

会社の昼休みにH14春DB午前をやった。
約30分で50問。悩むヒマはない。

誤答は
問02 ディスクキャッシュ有無のアクセス時間比率
問15 演繹推論
問48 2000年改定のISO9000の要求事項

急いだわりに結構正解



問2 〔仕様1〕で示すディスク装置と,その装置につけることができる〔仕様2〕で示すディスクキャッシュがある。ディスクキャッシュを付けたときのアクセス時間と,付けないときのアクセス時間の比率に最も近いのはどれか。ここで,ディスクからのデータの転送はブロックを単位として行われる。

〔仕様1〕
 平均シーク時間 14 ミリ秒
 平均回転待ち時間 8.3 ミリ秒
 1 ブロックの容量 4k バイト
 ディスクからの転送速度 2k バイト/ミリ秒

〔仕様2〕
 キャッシュの検索時間 1 ミリ秒
 キャッシュのアクセス時間 200 ナノ秒/バイト
 キャッシュのヒット率 0.6

ア 1/4
イ 1/2
ウ 3/5
エ 2/3



問15 演繹推論の説明として,適切なものはどれか。

ア 与えられた事例から,一般的法則を導き出す推論方法である。
イ 与えられた事例の類似性によって,未知の事実を推定する推論方法である。
ウ 幾つかの前提や公理などと推論規則から結論を導き出す推論方法である。
エ 過去に経験した事例から類似の問題を探して適用し,結論を導き出す推論方法である。



問48 2000年度改定のISO9000シリーズに取り入れられた,品質改善と顧客サービスの向上に重点をおく要求事項はどれか。

ア 供給者と下請契約者の連鎖
イ 顧客満足度の測定及びモニタリング
ウ 品質保証モデルの規格
エ 文書化の徹底

Posted by g@kko at 2004/12/27 20:48 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント