2004年12月24日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H13 ]

H13午後I 問2

H13午後I 問2(ITEC 2005予想問題集 午後I 問3-3)

会員
|会員番号|会員氏名|フリガナ|郵便番号|会員住所|生年月日|電話番号|
 |引落口座|利用限度額|登録年|登録月|基本ポイント率|家族会員数|
 |家族氏名1|家族フリガナ1|続柄コード1|生年月日1|家族会員番号1|
 |家族氏名2|家族フリガナ2|続柄コード2|生年月日2|家族会員番号2|
 |家族氏名3|家族フリガナ3|続柄コード3|生年月日3|家族会員番号3|
 |家族氏名4|家族フリガナ4|続柄コード4|生年月日4|家族会員番号4|

問題点2:利用明細書作成時,会員ごとの利用明細の集計をSQL文だけで行うと,SQL文が複雑になる。

問題点3:会員の家族会員数に拡張性がない。

設問1(2)
 問題点2と3を解決するため,“会員”テーブルを複数テーブルに分割することにした。これらのテーブル構造を表記ルールに従って示せ。
 なお,外部キーが参照する先のテーブルの表記は不要である。


まっとうに考えれば,横持ちしている家族会員の項目を分割してなんだけど。

Posted by g@kko at 2004/12/24 19:34 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント