2005年01月06日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, データベース技術 ]

H14AM26: 示現塾 2005年01月06日(木) 本格版 242号 第4問

示現塾 2005年01月06日(木) 本格版 242号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB14-26

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-06-4.htm

 受注システムにおいて,図のようなモデルから“顧客”表,“注文”表,“商品”表を作成した。これら表に関する記述として,適切なものはどれか。ここで 1   * は 1 対多のカーディナリティを表し,線上の名称はロール名である。また,表定義中の実線は主キーを,破線は外部キーを表す。

ア ある顧客は,自分が注文主でかつ届け先であることができる。
イ 顧客は,注文主顧客と届け先顧客のどちらか一方に分類される。
ウ 一つの注文に複数の商品があってもよい。
エ 一つの注文に複数の注文主と届け先があってもよい。

Posted by g@kko at 2005/01/06 08:43 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント