2004年11月02日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2004年11月02日(火) 本格版 177号 第4問

示現塾 2004年11月02日(火) 本格版 177号

第5問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-1-1/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:SS13-27

 マクロウイルスに関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア 感染したプログラムを実行すると,マクロウイルスは主記憶にロードされ,その間に実行したほかのプログラムのプログラムファイルに感染する。

イ 感染したフロッピーディスクからシステムを起動するとマクロウイルスは主記憶にロードされ,ほかのフロッピーディスクのブートセクタに感染する。

ウ 感染した文書ファイルを開いた後に,別に開いたり新規作成したりした文書ファイルに感染する。

エ マクロがウイルスに感染しているかどうかが容易に判断できるので,文書ファイルを開く時点で感染を防止することができる。

Posted by g@kko at 2004/11/02 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント