2005年02月05日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2005年02月05日(土) 本格版 272号 第2問

示現塾 2005年02月05日(土) 本格版 272号

第2問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-7/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SD14-42

 ガントチャートを用いる効果として適切なものはどれか。


ア 作業別にタスク内容とその実施期間を棒状に図示したものであり,作業の予定や実績を示す場合に効果的である。

イ 散点グラフにプロットされた要素の,比較的短期間での座標上の移動変化を示す場合に効果的である。

ウ 複数の属性項目について,その値のバランスを評価する場合に効果的である。

エ 棒グラフと折れ線グラフを組み合わせて,管理上の優先度を明示する場合に効果的である。

Posted by g@kko at 2005/02/05 07:38 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント