2005年02月05日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2005年02月05日(土) 本格版 272号 第5問

示現塾 2005年02月05日(土) 本格版 272号

第5問 セキュリティと標準化(AU向け)
分野-6-2-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:SS14-33

 “ISO 9001:2000(JIS Q 9001:2000)品質マネジメントシステム-要求事項”に規定されている経営者の責任に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 経営者は,品質マネジメントシステムの構築及び実施,改善に対するコミットメントの証拠を示さなければならない。

イ 組織内の部門,階層ごとの品質目標は,経営者が設定しなければならない。

ウ 品質管理の責任は経営者にあるので,権限を委譲することなく,必要なプロセスの確立,実施及び維持を確実にしなければならない。

エ 不具合又は不満足な状況に陥った場合,それが是正されるまで,経営者は後工程への進行を止めなければならない。

Posted by g@kko at 2005/02/05 07:44 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント