2005年01月20日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H17午前, セキュリティと標準化 ]

示現塾 2005年01月20日(木) 本格版 256号 第5問

示現塾 2005年01月20日(木) 本格版 256号

第5問 セキュリティと標準化(AU向け)
分野-6-1-1/技術レベル-III/出題頻度-低/出典:SS15-36

SAML(Security Assertion Markup Language)の説明として,適切なものはどれか。


ア Webサービスに関する情報を広く公開し,それらが提供する機能等を検索可能にするための仕組みを定めたもの

イ 権限のないユーザの傍受,読取り,改ざんから電子メールを保護して送信するためのプロトコルを定めたもの

ウ ディジタル署名に使われるかぎ情報を効率よく管理するためのWebサービスプロトコルを定めたもの

エ 認証情報に加え,属性情報とアクセス制御情報を異なるドメインに伝達するためのWebサービスプロトコルを定めたもの

Posted by g@kko at 2005/01/20 07:35 | 個別記事表示 | コメントを見る (1) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント
2 :g@kko:05/04/25 00:28:30 [RES]

DB17-55 で出ました。

てっきり初見だと思っていたのに。。。

示現塾では「技術レベル-III」としていたみたいだけど,DB(技術レベル-II)で出ましたね。